名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

名古屋のおすすめファクタリング会社

資産調達の選択肢としてファクタリング業者がおすすめです!

会社を経営していると何かと資金が必要になることは多いのではないでしょうか。

事業を大きくしていきたい場合や赤字経営に苦しんでいる場合など、資金調達方法が問題になる場面は様々あると思います。

方法としては銀行からの融資や借入ローンが一般的ですがデメリットも多いです。

特に中小企業では、そもそも借入の担保とする土地や財産を持っていなかったりして審査が通らないことは多いですし、高額な金利や悪徳業者の勧誘など問題もあるでしょう。

そこで私はファクタリング業者を利用するという選択肢をおすすめします。

ファクタリングは借入ではないため信用情報に履歴が残る心配はないですし、現在取引先と売掛で契約をしている場合にはファクタリング業者に売掛債権を買い取ってもらうことで、支払期日を待つことなくすぐに現金化することが出来るのです。

私がこのサイトを作成しようと思ったきっかけは、知り合いの経営者が資金繰りに困っていた際にファクタリング業者を利用して会社を立て直したことでした。

私は同じように名古屋で資金にお困りの方に情報を発信していきたいと思っています。

債務超過している方や個人事業主、あるいはファクタリング業者の利用を隠したい方にも最適な業者を紹介していますので是非参考にしてくださいね。

名古屋のおすすめファクタリング会社

全国対応可能であり、豊富な実績と対応力を評価

さまざまなファクタリング業者の中から私がランキング1位に選んだのは、東京新宿に本社を持つ「株式会社Mentor Capital(メンターキャピタル)」です。

会社は東京ですが、出張買取を含めた全国対応のサービスを展開しており、もちろん名古屋でもファクタリングを利用することができます。

この会社に関して評価すべきポイントは、なんといっても実績の豊富さ。

そのファクタリング実績は業界ナンバーワンと言えるほどで、非常に高い信頼性がおけます。

また、何日も待つことなく最短即日50万~5000万の範囲で幅広く現金化可能という対応のよさ、スピーディさ、そして審査率の高さも好評のようで、リピート率が9割を超えているほど、過去利用法人からの評判もよいものとなっています。

・・・続きはこちら

第2位 株式会社JTC
全国対応という範囲の広さ、スピードが好評

2位にランクインしたのは、「株式会社JTC」です。

この会社の本社は愛知県名古屋市中区となっておりますが、他にも東京や大阪といった都市部に拠点を展開しています。

加えて、全国への出張対応も行っているようで、そうした対応力の広さは評価ポイントのひとつと言ってもよいでしょう。

「不可能なことなどひとつもない」といったモットーを掲げるこの会社は、今回リサーチを行ったファクタリング業者の中でも、高い部類に入る対応力を持っていました。

現金化の審査についてもスピーディに行ってくれ、利用者をイライラさせることなく回答を返してくれます。

また、窓口対応スタッフへの教育も行き届いており、問い合わせにちゃんと答えてくれる点も、些細なことかもしれませんが好印象です。

・・・続きはこちら

「育む」を社是とし、コンプライアンスに注力

3位にランクインしたのは、東京都新宿区にある「ピーエムジー株式会社」です。

先述した通り、東京新宿が本社所在地ではありますが、他に大阪市淀川区にも支社があるようです。

この会社が掲げているモットーは、「育む」ということ

優秀な社員を育て、ファクタリングをはじめとする優れたサービスを社外へ提供することによって、社会へ貢献していくことを社是としているようです。

コンプライアンスを遵守し、世間からの評価を得ようとするその取り組みも、そんなピーエムジー株式会社のモットーを表しているかもしれません。

こうした健全な方向性への取り組みは、こちらとしても評価したいポイントだと考えています。

・・・続きはこちら

ファクタリング業者の№1を目指す評価の高い会社

4位にランクインしたのは、「株式会社№1」という少々ユニークな社名の業者です。

本社は東京都豊島区となってはいますが、公式HPによれば名古屋市中村区に名古屋支社があるようで、よりローカルな対応ができるかもしれません。

この業者はファクタリング事業以外にも経営コンサルテイング等さまざまなサービスを展開しているようですが、平成28年創業という比較的若い会社であることを比べれば、なかなか努力家な企業だなと個人的には思えます。

東京、大阪とならぶ三大都市のひとつである名古屋で、これだけの存在感を示しているということは、それだけの企業としての実力があるということであり、なかなか侮れない業者ではないかと、個人的には考えています。

・・・続きはこちら

30秒での簡単査定で売掛金の状態を理解できる

ラストとなる5位に私が選んだのは、東京都千代田区に本社をかまえる「株式会社三共サービス」です。

この業者に関して私がもっともよいなと感じさせられたのは、公式HP上でオンライン査定を行うことができるという点です。

あくまでもオンラインでの査定なため、必ずしも正確というわけではありませんが、それでもスピーディに導き出せる参考情報として、なかなか役立ってくれるのではないかと思われます。

売掛金の内容にもよりますが、最短で30秒という速さで見積もりを出せるという点もまた魅力的で、一度は試してみたくなるのではないでしょうか。

・・・続きはこちら

株式会社 Mentor Capitalを1位としてご紹介した理由


どの業者も良い点が沢山あるため、ランキング形式でご紹介するにあたり順位をつけるのはとても悩みました。

この項目では、その中でも株式会社Mentor Capitalを1位にしたポイントをお話したいと思います。

■個人事業主に対応

まず一つ目は個人事業主や経営状況に問題がある方にも対応しているという点です。

個人事業主という立場は世間的に、まだまだ冷遇されている状況です。

銀行融資を受けにくいことはもちろんですが、ファクタリングにおいても信頼性が低いことや継続取引している売掛債権を持っていないという理由で断られてしまうことが多いでしょう。

しかしながら株式会社Mentor Capitalでは個人事業主や赤字経営の方、債務超過、税金滞納している方も受け入れてもらえるといいますから懐が広いですね!

当然審査はありますが、どんな方にも対応しているという他とは違う大きな利点です。

依頼する会社の事業内容よりも、売掛先の信頼性を審査しているそうですので気軽に相談してみては如何でしょうか?

■高審査通過率で即日現金化

2つ目は審査の通過率が高く50万円という少ない金額から、最短即日で現金化可能であるという点です。

全国出張買取サービスも行っているため名古屋まで来てもらえば、さらに手間や時間がかかりませんね。

またリピート率90%以上という実績からは利用の敷居が低く大変満足していることが伺えます。

そして売掛先にファクタリング業者を利用していることが分かってしまうと、自社の経営に問題があるのではと警戒される場合がありますが、債権譲渡登記なしで2社間取引できるため知られてしまうことはありません。

他の会社でも対応していることはありますが、ここまで明言していることはないでしょう。

ファクタリングの仕組みとは?


そもそもファクタリングとは何か意味をご説明すると、売掛先から支払いがされる前に売掛債権をファクタリング業者に買い取ってもらい資金を得ることを言います。

売掛債権とは「掛け」での取引において代金を請求する権利です。

ですからファクタリングは売掛先からの入金が遅れ、自社の資金繰りが苦しくなった場合でも、すぐに資金を得ることができるため利用されることがあるのです。

さて、ファクタリングの種類には「2社間ファクタリング取引」と「3社間ファクタリング取引」がありますが、流れが分かりやすい「3社間」の方から具体的に説明していきたいと思います。

■3社間ファクタリング

まず自社のサービス提供が売掛先に対して行われると売掛債権が生まれます。

次にその権利を自社からファクタリング会社に売却し、手数料を引いた売掛債権の金額が支払われます。

この時点で資金を得ることが出来るわけですね。

その後、売掛先からファクタリング会社に代金が支払われるという流れになります。

手数料が引かれることにはなりますが、通常1、2ヶ月先に支払われる予定の金額が即日手元に得ることができるというのはキャッシュフローを整えたい中小企業や個人事業主にとっては大変助かる仕組みなのです。

■2社間ファクタリング

基本的には3社間の場合と同じですが、売掛先を挟まずに取引を行うということが大きな違いです。

そのため売掛先から直接ファクタリング会社に入金してもらうのではなく、通常の流れのまま自社に入金してもらい、その金額をファクタリング業者に支払うという仕組みになっています。

ファクタリングのメリット・デメリット


ファクタリングは良い面が沢山あって、やってみようと思われる方もいらっしゃると思いますが、メリット・デメリット両方を知ってから業者を選ぶようにしていきましょう。

3社間と2社間ではそれぞれ注意点が違いますので比較していきます。

■3社間ファクタリング

デメリットとしては、3社間で取引を行うには、売掛先に振込み先をファクタリング会社にするよう依頼しなければならないということが挙げられます。

前述した通り、売掛債権譲渡への理解は残念ながらあまり進んでいない状況です。

ファクタリング会社を利用することで経営状況が悪化していると勘違いされ兼ねません。

今まで築き上げてきた信用を失ってしまうのは痛いですよね。

しかしながら、売掛先の了承が得られた場合には支払いをしてもらえないというリスクは低くなるでしょう。

そのため、ファクタリング手数料が安く設定されるというメリットがあります。

そして請求に関する事務作業を業者に全て任せることが出来るため、業務の負担が軽減するのは嬉しいですね。

特に個人事業主や零細企業では細々とした作業は委託して、仕事内容に力を入れていきたいものです。

ですから、取引先と確実な信頼関係がある場合には3社間を選択した方がトータルで得になるでしょう。

■2社間ファクタリング

2社間取引の場合では、手数料が高く設定されているというデメリットがあります。

それはファクタリングを依頼した会社が売掛先から受け取ったお金を他の支払いに使用してしまう、またはファクタリング会社に支払う前に倒産してしまうなどのリスクを抑えるという目的があります。

もっと悪い例では、何社ものファクタリング会社に売掛債権売却を重複して依頼するという詐欺も過去にあり、このような背景から手数料を高く設定せざるを得なくなっているのです。

メリットとしては2社間の場合、債権譲渡登記なしで対応してもらえる業者もあるということが挙げられます。

もちろん、基本的には売掛先に連絡することはありませんし、記録として残ることもありませんから信頼関係を崩してしまう心配をする必要はないでしょう。

承諾を得る手間がないため、売掛債権の買取スピードも即日~翌日と、とても早い会社が多いことにも注目しておきたいです。

急に資金が必要になった方や誰にも自社の資産状況を知られたくないという方には2社間ファクタリングが選ばれているようですね。

ファクタリングの手数料の相場はどれくらい?


どの程度お金がかかるのか?ということは初めに知っておくべきことの1つですよね。

そしてファクタリングには手数料以外にもかかる費用があるため、合わせて確認していきましょう。

■ファクタリングにかかる費用の種類は?

ファクタリングにかかる費用としては、着手金、審査手数料、収入印紙代、債権譲渡登記費用、公正証書の作成費用、ファクタリング手数料などが考えられます。

着手金は0円であることがほとんどですが、他の費用の相場は0円~20万円程と、かなり差があるようです。

見積もりをしてもらう段階でしっかりと、まず会社に確認しましょう。

■ファクタリングの手数料

前の項目でも少々触れましたが、3社間ファクタリングと2社間ファクタリングでは手数料の割合が一般的に違っています。

目安になりますが、3社間の場合で「1%~5%」2社間で「6%~40%」程度であることが多いようです。

しかしながら2社間は幅が広く、驚きですよね。

その理由は売掛先の信頼性や買取金額、ファクタリングの利用回数に左右されるからのようです。

やはり売掛先が倒産する恐れがあったり、支払いをしない可能性があるとファクタリング会社としても高リスクなので、安い手数料で行うわけにはいかないです。

つまり手数料を出来る限り下げてもらうためには、買取金額とファクタリング回数が多く、安定した売掛先と取引していることが重要になってきそうですね。

手形割引とファクタリングの違いとは?


■違い、その1

中小企業などの資産調達として「手形割引」が検討されることがあると思いますが、どのような違いがあるのでしょうか。

そもそも「手形割引」とは、受け取った「手形」を期日よりも前に現金化することを言います。

非常にファクタリングに似ていますが、「手形」を担保にしているという点が違っています。

担保にしているということは、仮に売掛先が倒産すれば、債権を持っている自分に被害が及んでしまいますが、「ファクタリング」の場合には債権を譲渡していますから自分に責任が残ることはありません

売掛先に対するリスクはファクタリング会社が代わりに持ってくれるため、利用者にとっては良い点と言えるでしょう。

■違い、その2

次に、手数料の面においても違いが見えます。

ファクタリング会社は前述した通り、3社間の場合で「1%~5%」2社間で「6%~40%」程度ですが、手形割引は銀行で「1.5~5.0%」手形割引業者で「3.0%~15.0%」と手形割引の方が安めに設定されているのが分かります。

他にも融資であるのか、売買であるのかの違いもありますね。

融資である「手形割引」の方が審査が厳しいため、赤字など条件があまり良くない人にとっては少しハードルが高いでしょう。

それに対してファクタリングは自身の信用性よりも売掛先の条件さえきちんとしていれば審査に通りやすいですから、普段から取引先の選び方には気をつけておきたいですね。

しかしながら、これはどちらが得というよりも、シチュエーションによって適している方を選んで利用するべきです。

金額や・キャッシュフローを優先するのであれば「手形割引」で、貸し倒れのリスク回避優先なら「ファクタリング」で現金化することが望ましいでしょう。

ファクタリングの仕訳方法は?


ファクタリングをすることが決まったとしても、帳簿に記載する際にはどのように会計処理すれば良いのか疑問に思っている方は多いと思います。

ファクタリングの方法、会社の状況、担当する税理士さんによって帳簿のつけ方の指導は違うことがありますので、はっきりとこうすれば良いということは言えないのですが、1つの例として参考にしてみてください。

まず売掛債権譲渡時に勘定科目は「未収金」として記録をしましょう。

未収金とは「売掛金」と同じで代金を支払われる権利を指しますが、これは通常営業時の取引以外で発生した債権であるという点が違います。

またファクタリング会社から入金があった際には「売上債権売却損」として手数料分の金額を記載することを忘れないようにしましょう。

ではこのような仕訳方法になるのは何故なのでしょうか?

簡単に説明すると通常、資産を譲渡する際には時価で計上しなければいけないところ、時価が計算できない場合には時価は0として考えて良いことになっているからです。

つまりファクタリングでお金を得ることが出来たが、結果的には損失が出ているので、手数料分の費用が発生したという風に仕訳すれば良いということになるのです。

まとめ


おすすめのファクタリング業者を紹介してきましたが、如何でしょうか。

最後に要点を簡単にまとめたいと思います。

ファクタリング会社のおすすめ第1位は株式会社 Mentor Capitalです。

個人事業主に対応していることや高審査通過率で即日現金化してくれるのが嬉しいですね。

ファクタリングの仕組みは売掛先から支払いがされる前に売掛債権をファクタリング業者に買い取ってもらい資金を得ることです。

ファクタリングのメリット・デメリットは3社間と2社間では違いがありますので、状況によって選びましょう。

ファクタリングの手数料の相場は3社間の場合で「1%~5%」2社間で「6%~40%」程度です。

手形割引とファクタリングの違いはリスクを誰が持つのかということや手数料などになります。

■最後に

自転車操業になってしまっている会社は特に売掛先からの入金が遅れるとキャッシュフローのバランスが崩れ、経営が立ち行かなくなってしまうことがあります。

そのような会社にも、流れを正常化する効果があるため「ファクタリング」はおすすめです。

また新しく事業を立ち上げたいが資金が足りないという方の資産調達方法の選択肢にもなり得えます。

様々な経営者に自身を持ってオススメできる業者を集めましたので、このサイトを参考にして良いビジネスパートナーを選んでくださいね。

自社のキャッシュフローを整えて健全な経営を目指していきましょう。

 

 

記事一覧

名古屋の中小企業が素早く資金調達をするためには、どのような方法があるのでしょうか。 ここでは今話題のファクタリ ・・・[続きを読む]
企業を経営する上で、急に資金が必要になる場合があります。そんなときにどのような資金調達をしていくのがいいと思わ ・・・[続きを読む]
ファクタリングは名古屋の金融機関からの融資を受けることができなかったとしても、売掛金さえあればそれを基にして資 ・・・[続きを読む]
名古屋で会社を経営するときはキャッシュフローが大切になります。 会社が動かせる金額のことで、それが多ければ銀行 ・・・[続きを読む]
金融機関への支払いができない状況になったら、具体的に何をすればよいのでしょうか。 ここでは名古屋のファクタリン ・・・[続きを読む]
名古屋で会社を始めるときやビジネスを開始するときは、ファクタリングで資金を得るのが良い方法です。 創業当初は利 ・・・[続きを読む]
名古屋エリアに密着したファクタリング業者を探している人は、どのような点に注意すればよいのでしょうか。 ここでは ・・・[続きを読む]
ファクタリングはいろいろなメリットがあり、例えば即日現金化できるのでスピーディに資金調達することができたり、融 ・・・[続きを読む]
資金調達の切り札と言われるファクタリングは、どのような商品なのでしょうか。 ここでは銀行からお金を借りられずに ・・・[続きを読む]
名古屋でファクタリングを利用している中小企業は沢山あります。しかし、ファクタリングを利用するための業者や会社は ・・・[続きを読む]
借入に該当しないため信用情報も心配することなく、短期間で資金調達することができるファクタリングは、名古屋でも利 ・・・[続きを読む]
名古屋で資金繰りが悪化してローンからの借入が難しい場合の対策には、どのような方法があるのでしょうか。ここでは借 ・・・[続きを読む]
名古屋にある企業がファクタリングを利用するメリットには様々ありますが、そのひとつに資金のオフバランス化ができる ・・・[続きを読む]
黒字企業であっても、資金調達に失敗すると倒産をするリスクがあります。急な支払いで資金が必要になった場合には、売 ・・・[続きを読む]
「ファクタリング」は保有している売掛債権をファクタリング会社が買い取るシステムのことです。依頼するには自社の業 ・・・[続きを読む]
急に現金調達をする必要が生じたと言う場合、どのようにファクタリングを利用したらいいのでしょうか?そこで、名古屋 ・・・[続きを読む]
名古屋でファクタリングを利用するという場合、3社で行われるサービスが在ります。 そこで、3社でファクタリングサ ・・・[続きを読む]
事業資金の調達方法のひとつとして利用されるファクタリングですが、その手数料について皆さんはどの程度ご存知でしょ ・・・[続きを読む]
資金がなくなってしまうと会社を運営できません。こういうときに利用できるのがファクタリングと呼ばれるサービスです ・・・[続きを読む]
名古屋の会社が事業拡大を行う場合には現金の調達をどのようにするかによってその影響が大きく異なります。 その中で ・・・[続きを読む]
日本の企業間取引きでは、商品を売却した後お金が振り込まれるまで時間がかかることがあります。これを資金ギャップと ・・・[続きを読む]
資金繰りが厳しい名古屋の中小企業にとって、大きな味方となるのがファクタリングという資金調達方法です。 一般的に ・・・[続きを読む]
企業が資金繰りを行う手段には、ファクタリング以外にも金融機関からの融資や手形割引など様々なものがあります。それ ・・・[続きを読む]
ファクタリングを行えば、売掛債権を売却することで支払期日前の売上金を素早く現金化できる上に、借入に該当しない資 ・・・[続きを読む]
ビジネスをしていると売掛金での取引は少なからずありますが、先方の業績が芳しくない場合には支払期日までにきちんと ・・・[続きを読む]
名古屋には様々なファクタリング会社が存在します。ファクタリングを行えば売掛債権を利用して早期に資金調達すること ・・・[続きを読む]
名古屋で起業したばかりの経営者の方の中には、計算外に出費がかさんでしまったことで将来的な資金繰りに不安を抱えて ・・・[続きを読む]
会社で資金を調達する手法として、2社間ファクタリングのサービスを利用する方法があります。 これは支払いを受ける ・・・[続きを読む]