名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

名古屋でファクタリングを利用|2社間で行われる取引の仕組み

公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/04/19

会社で資金を調達する手法として、2社間ファクタリングのサービスを利用する方法があります。

これは支払いを受ける予定の売掛債権を売却して現金化をするサービスで、取引先の会社や銀行などに知られないようにして資金調達ができるというメリットがあります。

 

2社間ファクタリングの仕組みとは?

2社間ファクタリングとは、クライアント企業と債権の買取サービスを実施する会社の2社だけで売買契約を結ぶサービスです。

一般的に債権の譲渡を行う場合には、期日に支払いをする予定の会社(債務者)に対して通知を行って債権譲渡の同意を得ておかなければなりません。債権譲渡の契約が成立した場合には、債務者は取引先ではなくて債権の譲渡先に対して売掛代金の支払いをします。

これに対して2社間ファクタリングの場合は、売掛代金を支払う相手先の企業への通知は一切不要であるという特徴があります。売掛債権の買取サービスを利用した後に、一時的に買取サービスを利用した会社の口座に代金が振り込まれることになります。

振り込まれたお金はクライアント企業が保有している訳ではないので、すみやかに買取業者に支払いをしなければなりません。売掛金を支払う取引先は当初の予定通りに支払期日までにクライアント企業の銀行口座に代金の振込を行うので、売掛金の売買契約が結ばれたことを通知する必要がありません。

債務先を介在させずにクライアント企業との間のみで売掛債権の買取契約を結ぶ場合には、クライアントは債権譲渡登記と呼ばれる手続きを行う必要があります。

 

債権譲渡登記の意味と手続きを行う理由とは

2社間で債権(支払予定の売掛債権)の売買契約を結ぶ場合には、買取サービスを実施するファクタリング会社とクライアントの間で「債権譲渡登記」と呼ばれる手続きを行う必要があります。「登記」とは法律に基づいて手続きを行うことで、第三者に対する権利を主張するための手続きのことを指します。

例えば不動産登記を行うことで、土地や建物が登記人の所有物であることが法的に認められます。ファクタリング会社が法務局に債権譲渡登記を行うことで、売掛債権の所有権が移ったことを法的に証明することができます。この手続きを行うことで、支払日にクライアントの口座に振り込まれた代金の所有者を明らかにします。

仮に第三者がクライアント企業の財産を差し押さえるような事態が発生したとしても、債権譲渡登記の手続きが行われた分については法的に差し押さえができません。売掛金の買取サービスを行う会社は、確実に支払いを受けることができる仕組みです。

債権譲渡登記の制度を活用することで、売掛債権の譲渡が行われた場合でも代金の支払いをする相手に対して通知をしたり振込先を変更してもらう必要がなくなり、2社間のみで契約が完結します。

 

審査はどのようにして行われるの?

一般的に銀行やノンバンクのローンを利用して資金調達を行う場合には、金融会社は貸し倒れを防ぐためにクライアント企業の信用・資産状況や債務残高などに基づいてローン審査を実施します。

これに対して売掛債権の買取サービスはクライアント企業の資産や信用状態ではなく、売掛金を支払う予定の取引先企業の信用や債務を履行する能力に基づいて審査が行われるという特徴があります。仮に債権の買取サービスを利用するクライアント企業が資金繰りに苦しむ零細企業であっても、売掛金を支払う取引先が十分な債務の支払い能力があれば、問題なく買取サービスを利用して資金調達をすることが可能です。

逆にクライアント企業の信用状態に問題がなくても、売掛債権先の会社の信用リスクが高いと判断されると代金の回収ができなくなるリスクが高いため、売掛債権の現金化を断られる可能性があります。 債権買取サービスは会社毎に審査の難易度に違いがあり、中にはほぼ無条件で買取に応じてもらえるケースもあります。信用リスクの評価方法については、基本的に3社間で契約を結ぶ場合と同じです。

 

売掛債権買取サービスの手数料とは

売掛債権買取サービスでは、支払われる代金から手数料が差し引かれた分が買い取り代金となります。一般的に2社間ファクタリングの場合は6~40%に設定されていて、クライアントが実際に受け取ることができる金額は売掛債権に対して60~94%ほどです。

買取率に大きな幅がある理由は、売掛金を支払う会社の信用状況に違いがあるからです。厳しく審査が行われる場合には売掛金がほぼ確実に支払われるので、90%以上の高い買取率で現金化が可能です。

逆に審査基準が緩くてほぼすべての会社の売掛債権の買取に応じてくもらえるようなファクタリング会社を利用する場合には、貸し倒れリスクが高いので40%前後の手数料がかかります。ちなみに40%の手数料が差し引かれる場合には、5社中2社の割合で売掛金の回収ができなくなることを想定していることになります。

売掛金の買取サービスを利用する場合には、債務者が中小零細企業よりも大企業公的機関の方が有利です。確実に代金を支払ってもらえる場合には、審査が厳しくて手数料の安いファクタリング会社を選んだ方がお得です。

 

2社間ファクタリングのメリットとデメリットとは

2社間ファクタリングの最大のメリットは、銀行や売掛金を支払う会社などに知られずに資金調達ができることです。ローンを利用したり債権譲渡を相手先の企業に通知するなどして自社の資金繰りが困難であることが知られてしまうと、融資を断られたり取引を中止される恐れがあります。自社の状態を他社に一切知られないようにして資金調達ができることは、非常に大きなメリットといえます。

逆にデメリットは、売掛金の支払い企業を含む3社間で債権譲渡の契約を結ぶ場合よりも手数料が割高になってしまうことです。3社間のほうが売掛債権の代金の貸し倒れリスクが低いので、手数料は1~5%程度で済みます。一時的にクライアント企業の口座に売掛金が振り込まれることは、売掛債権の譲渡を受けた会社にとっては代金の回収ができなくなるリスクが高まることを意味します。

例えばクライアント企業の経営者が口座に振り込まれた代金を他の支払いに使ってしまったり、口座に入金された代金が自動的に引き落とされてしまうなどのトラブルが発生するケースが存在します。クライアント企業の口座に振り込まれることで売掛債権の代金の回収が困難になるリスクがあることから、買取時の手数料が高くなってしまいます。

 

名古屋では売掛債権の買取サービスがおすすめ

名古屋には多くの大企業が拠点を置いていて、大企業と取引を行う中小零細企業もたくさんあります。名古屋市やその周辺には中小零細企業の経営者が資金を調達するためのファクタリング会社もたくさんあるので、銀行やノンバンクのローンを利用せずに売掛債権の買取サービスで短期的に必要な資金を調達することができます。

名古屋の企業や個人事業主の方で一時的に運転資金が必要になった場合には、金融機関や取引先の会社に一切知られずに売掛債権を買い取ってもらえる2社間取引がおすすめです。売掛債権の買取サービスを利用すれば、ローン審査に通過することが難しい個人事業主赤字企業でも短期間に資金を得ることができる場合があるからです。

売掛金の支払いをする会社が大企業や公的機関などのように支払い能力が高い場合であれば、金融会社を利用することができない個人事業主や零細企業でも少ない手数料で資金を調達することが可能です。

名古屋で売掛債権の現金化をしたい場合には、全国展開をしている大手のファクタリング会社を利用すると良いでしょう。即日の出張買取サービスを利用すれば、その日のうちに必要な資金の調達が可能です。

 

名古屋には、多くの中小零細会社や個人事業主の経営者がいます。金融機関のローン審査に通過することが難しい場合や即日で運転資金を必要な場合には、2社間ファクタリングがおすすめです。相手先の会社に一切知られずに売掛債権を即日で現金化して資金の調達ができるので、取引を断られる心配がないからです。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
株式会社JTCの画像
株式会社No.1の画像
記事一覧