名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

名古屋で事業拡大をする時のファクタリング活用術

公開日:2019/04/15  

名古屋の会社が事業拡大を行う場合には現金の調達をどのようにするかによってその影響が大きく異なります。

その中でもファクタリングは返済の義務が発生しない非常に便利な方法となっており、最近では手数料も少なくなっているケースが多いため、名古屋の会社にとっては非常に良い面が多いサービスでもあります。

 

事業拡大を行うための資金の調達方法

名古屋で事業拡大を行うためには資金を調達することが必要です。これまで以上にお金の流れが大きくなるため、一時的にこれらの流れを生み出すための資金を必要とするのです。

企業が作業を行うためには様々な製品を製造するための材料を買いつけたり、サービスを提供するための人材を確保する必要があり、そのために多額の資金を必要とすることが多くなっています。これらを利益だけで生み出そうとすることが非常に難しく、また様々な支払いも発生することが多いため外部からその資金を調達することが重要となります。

調達方法には銀行などの金融機関からお金を借り入れる方法や、投資家などに資金を支援してもらうことが一般的ですが、これらの方法では最終的にその資金を返済するというリスクが生じるのです。拡大を行った場合には相応の利益を上げることが求められ、利益から資金の一部を返済し続ける必要があるというリスクを負うため、十分に計画を精査し確実な経営方針を立てることが重要となっています。

しかし、その借金が最終的に企業にとって大きな重荷となることもあるため資金調達の方法には十分に注意をしなければなりません。

 

キャッシュフローを改善させることが重要

事業拡大を行うためには現在の事業のキャッシュフローを十分に確認し、これを安定したものにすることが必要となります。一般的に多くの企業は商品やサービスを販売し代金を受け取ることでさまざまな経費の支払いを行い、残った金額が利益となるため、その利益を用いてキャッシュフローを改善することが多いのですが、効果的に経営を行う際にはその利益だけでは十分に活動範囲を広げるための資金に満たないことが少なくありません。

しかしキャッシュフローは一時な資金の金額ではなく、安定的に様々な支払いを行ってさらに企業が自由に使えるお金を残すことにつながるため、借金や投資などによる資金調達は決して現在のキャッシュフローを導くものでは無いのです。そのため、利益を高めるための活動を大きくすることができる資金の調達方法を考慮することが必要となり、安定的な運転資金を得ることができるようにすることが非常に重要です。

一時的にせよ返済する必要のない資金を手に入れキャッシュフローを改善し、安定的に利益を得ることができる可能性を高めることが事業拡大を考える上で非常に重要な要素となっているため、この点を意識して資金調達を行うことが重要となります。

 

売掛金を効率的に利用する

資金調達を安定的に改善させキャッシュフローを効果的にするためには、売掛金を効率的に利用することが必要です。一般的には商品やサービスを販売した際にその場で現金を手にすることができることが少なく、売掛金と言われる状態で支払期日まで進むことが多いのです。

すなわち売掛の状態である事は経理上は売り上げが成立し利益が出ている状態となることが多いのですが、実際にはその代金は現金として支払われていない状態となっているため、キャッシュフローとしては非常に危険な状態に陥ってしまうことも少なくありません。

そのため多くの企業では売掛をできるだけ短くし現金を早期に手に入れることが非常に重要となっています。この期間は取引先との売買契約の支払期日の設定によって大きく変わるものですが、大手の企業ほど長くなる傾向があり、その間現金を手にすることができないリスクを発生させてしまうことになります。

しかし売掛金は重要な運転資金となることも多いため、取引先との関係を維持しながら効果的に資金を調達するために非常に重要なものとなっている面もあり、その利用を効率的に行うことが重要です。

 

手形割引の問題点とファクタリングとの違い

売掛金を早期に現金に変える事はキャッシュフローの改善の上で非常に有効な手段となります。その方法の1つとして手形割引と言うものがあり、売掛債権を担保にすることで金融機関からお金を借り入れ資金に利用するという方法となっていますが、この方法の場合には売掛債権の支払期日に合わせて借り入れた資金を返済しなければならない状態となることから、様々なリスクを負ってしまうことが少なくありません。

特に取引先が支払い日に現金を支払わなかった場合には返済金は企業自身が用意しなければならないことになり、この場合にトラブルを生じてしまうことが多いのです。手形割引はこの点では一時的に資金を増やすことができますが、支払い期日までに返済をしなければ企業にとって大きな問題を抱えることになるためその管理を十分に行うことが必要となります。

ファクタリングのように売掛債権を買い取り資金の返済の義務がない方法とは異なるため、返済リスクを取った上で企業活動を行わなければいけない点が十分に注意が必要なポイントとなっているのです。ファクタリングの場合には債権を買い取ってもらうことから返済の義務が生じないため、現金を効果的に利用することができます。

 

運転資金を借り入れるとリスクが増大する

事業拡大のために運転資金を銀行やその他の金融機関から借り入れるというところも少なくありません。この方法は古くから一般的に行われていることではありますが、手形割引と同様返済のリスクを負うことになるため表面上はキャッシュフローが改善されてもそのリスクを踏まえて行動をしなければならないという問題があり、自由に事業拡大を行う事は非常に難しい現実があります。

事業が好調な場合には様々な金融機関は比較的高額の事業資金でも融資を行う場合が多いのですが、その場合に問題が生じると期日を待たずに返済をしなければならなくなったり、様々な資金調達が難しくなってしまうというリスクも持っているのです。

ファクタリングでは売掛債権を買い取る方式であるために返済の義務がなく、調達した資金を自由に利用することができるメリットがあります。加えて売掛債権の期日を意識せずに様々な投資を行うこともできるため、拡大をスピーディーに行うことができる点も他の方法にはないファクタリングならではのメリットと考えられるのです。

また返済しなければならないお金として扱われることもないため帳簿上は利益として取り扱うことができるのが特徴で、効果的な改善方法を導くことができる可能性も非常に高いものとなっています。

 

ファクタリングを利用することのメリットとデメリット

ファクタリングは売掛債権を金融業者に売却し早期に売掛金を手に入れることができる非常に便利な方法です。他の手形割引や融資の様に期日までに返済を行わなければいけない義務が生じることもなく、本来の意味での企業の利益として効果的に利用できるものとなっているのです。実際の債券を発行した商品やサービスの買い手に対する請求等は売掛債権を買い取った企業が行うため、安心して利用できる体になっているのもポイントです。

ただしファクタリングの場合には、現金を早期に入手できるため高額な手数料が発生する点がデメリットとなっており、期日まで待って売掛債権に相当する現金が支払われる場合に比べてその金額が少なくなってしまうということが一般的となっています。そのためファクタリングを利用した場合には返済の義務がなくなることにより、効率よくキャッシュフローを改善させることができるようになるのです。

様々な活動を行う上で返済の義務のない資金を所有している事は会社にとってプラスとなり、安定した経営を行うことができる要素となるのです。

 

現在では気軽に利用することができる売掛債権の有効方法としてファクタリングが広く用いられていますが、その公式には様々なものがあり、大きなリスクを伴うものも少なくありません。内容と自分の状況をよく理解して利用することが重要となっています。

その活用法はファクタリングのメリットを効果的に利用して行うことが必要で、様々な方法があるのです。売掛債権を売却できる唯一の方法として名古屋でも高い人気です。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
株式会社JTCの画像
株式会社No.1の画像
記事一覧