名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

名古屋でのファクタリング!かかる手数料は?

事業資金の調達方法のひとつとして利用されるファクタリングですが、その手数料について皆さんはどの程度ご存知でしょうか。名古屋にも多くの業者があるため、初めて利用する場合はどの業者を選べばよいのか分かりにくいものです。

中には悪徳な業者もいるため、適切な相場を知っておくことは非常に重要なことです。

 

そもそもファクタリングとは?基本情報を再確認

ファクタリングとは、企業が保有している売掛金を買い取ってもらうことで資金調達する仕組みです。最大の特徴は、申し込みから資金化までのスピードです。名古屋には最短即日で現金化できる業者も多くあるため、急な資金調達が必要な際に有効な手段として利用できます。

またファクタリングが注目される要因には、契約前の審査に比較的通りやすいということも挙げられます。例えば銀行などの融資では厳しい審査基準を満たさなければならないため、特に中小企業にとってはハードルの高い資金調達方法と言えます。

しかしファクタリングは融資とは異なるため、仮に経営状況が悪く赤字状態でも利用できますし、煩雑な書類作成や保証人、担保なども必要ありません。さらに多くの業者では、償還請求権なし(ノンリコース)の取引が一般的であることもメリットとして挙げられます。

これは契約成立後に売掛先が倒産した場合でも、利用者は売掛金の支払い責任を負わなくて済むことを意味しています。 このように素早く簡単に資金調達できることから、名古屋でも多くの企業が利用している資金調達方法になっています。

 

2社間取引と3社間取引の相場はどれくらい?

ファクタリングの手数料と言っても、取引内容によって相場は大きく変わります。名古屋における2社間取引の相場は、業者によって幅があるため一概には言えませんが、売掛金の10~30%程度であることが多いです。

例えば、売掛金が100万円であった場合、10~30万円を支払うことで70~90万円を現金化できるイメージです。一方、ファクタリングの利用を売掛先に通知し、承諾を得なければならない3社間取引では、2社間よりも低額になります。

こちらも各業者で変わりますが、1~5%程度に設定されることが多いです。2社間取引が高額になる理由は、業者にとってリスクの高い取引であるためです。2社間では売掛金は一時的に利用者に支払われますが、このときに利用者が売掛金を業者へ入金せずに別の用途に使う可能性があります。

このような貸し倒れのリスクを抱えたものであるため、価格を高めに設定しなければならないのです。言い換えれば、業者にとって3社間は売掛金を回収できないリスクが低い安全なものであるため、価格を抑えることができると言えます。

 

債権譲渡登記とは?内訳についての解説

2社間取引と3社間取引の相場を確認しましたが、ここではその内訳について説明します。2社間取引の相場が高い理由が業者が負うリスクが高いためであることは前述しましたが、それ以外に債権譲渡登記が必要であることも要因です。

債権譲渡登記にかかる費用は、2社間取引における手数料の内訳で最も大きな割合を占めます。なぜ債権譲渡登記が必要なのかというと、業者は第三者に対して「これは自分が買い取った債権であるため権利は自分にある」ということを法的に示す必要があるためです。これにより、利用者が1つの売掛金で複数の業者とファクタリング契約する二重譲渡を防ぐことができます。

一方、3社間取引では売掛先に債権譲渡通知を行い、それに承諾してもらうことで契約されます。したがって債権譲渡登記は不要なため、登記費用はかかりません。登記費用以外には、印紙代、紹介料、業者の取り分などがあります。

登記費用と印紙代は固定費用であると考えなければならない部分で、売掛金の10~15%程度を占めます。そのため、全体で10~30%程度にしなければ、業者にとっては業務が成り立たないのです。また登記の抹消などが必要となれば、出張費などの経費がかかるためさらに高額になります。

 

同時に知っておきたい掛け目とは?

ファクタリングを利用する際は、掛け目についても理解しておく必要があります。一般的な掛け目とは銀行などが融資をする場合に、確実に資金回収できるよう、担保が本来持つ価値よりも低く評価する際に使用する比率のことを指します。

不動産を担保に融資を受ける場合を例に取ると、不動産の価値が1000万円であったとしても、1000万円全額ではなく掛け目を考慮した額しか融資を受けられません。掛け目が80%であれば、800万円が受けられる最大融資額となります。ファクタリングにおける掛け目は、一時仮押さえ金のように扱われ、一般的には70~100%が相場と言われています。

このように各業者によってばらつきがありますが、主に売掛先企業の信頼度によって変動します。業者は売掛先の経営状態などを審査し、売掛金がきちんと回収できる可能性が高いと判断すれば、掛け目は高くなります。

掛け目は手数料と混同して使われるケースがありますが、大きく違うのは掛け目によって差し引かれた金額は、売掛金入金後に返還されることです。業者によっては、掛け目を一律で100%としたり、掛け目自体導入せずにリスク管理している場合もあるため、確認が必要です。

 

取引内容や掛け目以外に変動させる要因は?

ここまで、取引内容(2社間、3社間)で相場が異なること、売掛先の信頼度によって掛け目が変動することを紹介しましたが、それ以外にも手数料が変動する要因があります。

まず挙げられるのが売掛金額で、高額での取引になるほど安くなる傾向にあります。これは登記費用や印紙代がある程度決まった額であることが理由です。売掛金が高額であれば、業者は価格を抑えたとしても人件費や利益を確保できるのです。

したがってファクタリングを利用する場合は、売掛金額が高いものを選ぶことで多くの資金調達が可能となります。また同じ業者でファクタリングを繰り返し利用することで価格を抑えることができます。特に2社間取引を初めて利用する場合、業者は利用者がきちんと売掛金を入金してくれるのかを判断できません。

そのため売掛金が回収できないリスクを考慮して高く設定せざるを得ませんが、何度も利用してくれる人には信頼が生まれるため、徐々に低額にすることができます。さらに取引できる金額も回数を重ねるごとに増えていくため、よりお得な取引が可能となります。

 

手数料の単純比較は危険?業者選びのポイント

様々な要因で手数料が変動することを説明してきましたが、実際に業者選びをする際はどのような点に注意すべきなのでしょうか。最も注意すべきポイントは、業者には登記費用などにかかる経費をすべて手数料に含めているものと、別途で請求するものがあるということです。

これは掛け目についても同様で、本来は掛け目で行うリスク管理を手数料のみで行っている業者もあります。したがって、これら単純比較することはできず、低価格という理由のみで業者選びをするのは非常に危険です。

思わぬ経費を請求されるといったことを防ぐためにも、登記費用などの諸経費の扱いや、掛け目を導入しているのかをしっかりと確認しなければいけません。特に急な資金調達が必要な場合は焦っていることが多いため、このような部分まで気が回らず見落としがちです。

そこで資金調達が必要となる前に、複数の業者を比較して、優良なものを数社ピックアップしておくことをおすすめします。これにより急に資金が必要となっても、見積もり依頼する業者が絞られるため、適切な価格での取引が可能となります。

 

いかがでしたでしょうか。ファクタリングにかかる手数料は、取引内容や売掛先の信頼度、売掛金額や利用回数などで変動します。

名古屋において適切な価格でファクタリング取引をするためには、内訳や変動要因を理解しておくことが重要です。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
記事一覧