名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

名古屋で資金調達|「ファクタリング」と「ローン」を比較

企業を経営する上で、急に資金が必要になる場合があります。そんなときにどのような資金調達をしていくのがいいと思われますか?

名古屋の資金調達にお悩みの方にとって、ファクタリングという方法があります。

即日現金化で担保がいらない方法であるファクタリングは、便利な制度なので利用することをおすすめします。

 

早めに資金が欲しいのですが両者に違いはありますか?

銀行に申し込む時間がないときや申し込んでいた融資を断られて資金繰りに困るときがあります。こんな時、担保なしで即日融資ができるのがファクタリングかローンになります。

ファクタリングは売掛金があることが必要になり、調達できるのは売掛金の支払いの範囲内です。売掛債権を買い取る形になるから、その範囲内での資金が得られることになります。

売掛金の回収に時間がかかる場合にも資金調達が遅くなることから利用したくなります。また、利用していることを銀行や売掛先に知られたくない場合には、ローンをとると信用情報機関に登録されることになりますから借り入れの事実がわかってしまいます。

ファクタリングは売掛債権の買い取りですから相手先や銀行に知られることはありません。したがって、負債ではありませんから売掛金は消滅して信用に関するリスクは生じません。短期間のつなぎ資金として利用することができます。 中小企業では、そもそも借り入れの担保で提供する土地や財産をもっていないことがほとんどです。

そこでこの2つを比較してみると、名古屋で資金調達を考えている方にはファクタリング会社をおすすめします。

 

資金調達にかかわる費用はどのように違うのですか?

ローンは融資ですから、分割して支払うことができます。ビジネスローンですと1千万円まで借りることは可能になります。返済回数も1年から10年まで幅広く設定できるのです。

ファクタリングの場合売掛金の範囲内になりますから金額は限定され、借り入れ期間は1年から10年位の期間での資金調達になります。

ローンは融資ですから、金利がかかり、金利は8%から18%と、銀行で資金調達するよりは高めになるのです。ファクタリングは、融資ではありませんから金利ではなく手数料を払うことになります。

買取りにあたって、売掛債権に対する信用調査が行われます。売掛先の信用度合いによって掛け目が変わってきて一般的に手数料は高めになります。

金利と手数料の違いはありますが、短期間の資金調達であれば、売掛金の範囲内ですが費用は少し高めになることはありますが、借入・負債にならないメリットは大きいです。

売掛金に関しては、即日現金化されることは財務面でも余裕をもって資金計画を立てることにつながります。名古屋で資金繰りにお悩みの方には一度ファクタリング会社を利用してみることをおすすめします。

 

資金化のスピードに違いがあるのですか?

ビジネスローンを利用する場合には審査があります。審査の対象になるのは借り入れを申し込む人です。信用調査の結果によっては借り入れができない場合もあります。

これに比較してファクタリングは、審査の対象が買取を実施する売掛先の会社で、調査の結果で掛け目は変動して、信用のある会社ほど有利な対応になります。決算が赤字・債務超過・個人事業主の方でも調達が可能というメリットがあります。

短期間で資金が必要な人にはファクタリングは、適した方策になるのです。緊急に資金が必要になった場合は、売掛金さえあれば現金化することができます。売掛金の範囲で早めに資金化したい人に向いています。

審査に時間がかかりそうな事業主の方や普段金融機関との取引があまりない方でも気軽に利用することができます。しかも現金化は速く対応することができるのです。現金を早く手に入れたくて、売掛金の信用リスクを負いたくない人に向いています。

審査がスピーディで借りられるかどうかイライラすることもありません。名古屋でどうしても早めに現金が必要な事業主の方におすすめできるのです。

 

担保や保証人などに違いはあるのですか?

ローンはあくまで融資で、担保を要する場合もありますし、第三者の保証人は必要ありませんが、代表者の保証を付けてくれと条件にされることはあります。ファクタリングは売掛金の買取りですから担保を要求することはありませんし、もちろん保証人を求められることもありません。

売掛先が倒産してもそのリスクを負う必要はありませんから、返済という考え方はないのです。融資は借入ですから負債になり、財務諸表にも記載することが必要になります。負債が多いと、銀行などの有利な金利での調達も難しくなってしまうのです。

調達できるのは少額になるかもしれませんが、多くの金額を借りるということは返済義務が生じるわけですから慎重に考えることです。金利が高くなると支払いに対する負担もかかってきます。ファクタリングは、財務上の負担が生じませんから健全な経営をするためにも利用することを経済産業省も中小企業の財務の健全化を図れることから推進しているのです。日本の商取引において売掛金が発生することを、現金化する手段として適していますし、保証人や担保は必要ありません。

 

ファクタリングを推進する理由とは

売掛債権を買い取って、その債権の回収を行う金融サービスです。中小企業にとって資金繰りは、営業や販売と同じように重要です。

短期間でも現金が回転できれば、その分の月々の余裕ができることになり、新たな資金を開発などもっと売り上げに結びつくことに利用することができます。

売掛金を手形で受け取る商慣習がわが国では当たり前になっています。手形は金融になり、銀行は早く資金化できるように割引をしますが、取引先で決済ができないとその返済義務は受け取り、割り引いた人に返済義務が移ります。したがって信用リスクはそのまま残るのです。

このようなリスクを売掛金を買い取ることで現金化が図れ、返済義務もなくなります。売掛金の金額が大きい場合は、3社間取引で売掛先も契約に入ることで大きな金額の現金化もできることになります。

売掛先に知られたくない場合は、2社間契約を用いれば相手先に知られずに現金化することができます。名古屋で財務を健全化したくて、しかも売掛先に知られたくない人にはおすすめできる制度になります。負担が軽減され、手続きも簡単です。

 

融資と違う売掛金現金化のメリットとは?

財務が大変になっている会社にとって、特に入金先からの資金が遅くなるとキャッシュフローのバランスが悪くなって経営が立ち行かなくなってしまうこともあります。短期間の借り入れで高い金利を払えばそのリスクを回避できますが、融資は負債ですから財務内容は悪くなります。

売掛金を買い取り、現金化を推進することでキャッシュフローが良くなり、現金を他の目的で利用できるメリットは大きいです。手数料が高い面はありますが、売掛金には回収不能というリスクがともなっています。そのリスクをなくす手段として利用することもできるのです。

中小企業にとって、余裕ある資金が使えるメリットは大きいのです。融資ではない方法で注目されているのにはそれなりの効果が期待できるからです。売掛金譲渡を禁ずる特約をなくすように経産省も呼び掛けています。中小企業を救う手段として普及することが望まれているのです。

名古屋周辺でファクタリングを利用したことのない企業や事業主の方は、売掛金が回収できるメリットを享受することをおすすめします。利用するメリットは確実にあなたの会社の体質を強くすることができます。

 

資金調達に悩んでいる中小企業にとって売掛金の問題は避けてはとおれない課題です。早めに現金化できて、しかも回収不能になるリスクを軽減できるメリットがファクタリングにはあります。  ローンを借りることは負債になりますから、財務内容が悪いと早期の借り入れが難しい場合があるのです。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
記事一覧