名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

名古屋で資金調達|「ファクタリング」と「手形割引」を比較

資金繰りが厳しい名古屋の中小企業にとって、大きな味方となるのがファクタリングという資金調達方法です。

一般的に知られている銀行からの融資だと担保となるものが必要になります。信用の問題から審査も厳しくなります。

ファクタリングを利用する事でそのような問題を解消してくれます。

 

現金化のスピードが早いファクタリングの仕組み等について

ファクタリング売掛債権譲渡という意味でもあります。売掛債権を持っている業者がファクタリング業者に買い取ってもらう事で資金を得る事ができます。

資金繰りが必要になった時に売掛先からの入金でなくて、ファクタリング業者に手数料を支払うだけですぐに現金化する事ができます。見積りにあたって売掛先の信用力なども考慮されます。

手数料をどれだけ取られるのかについては把握しておきましょう。利益が減ってしまう可能性があるからです。

ファクタリング業者は、資金繰りに困っている業者のニーズに応えて即日現金化します。手数料が利益となるのでビジネスとして有効に成り立ちます。

売掛先の企業は支払う金額も期日も変わる事がありません。違うところといったら入金先の口座が変わるくらいです。

ファクタリングには買取型だけでなくて保証型があります。保証型は、買取型と違い債権を譲渡する事なく保有したままの状態で保証が掛けられます。

貸し倒れしてしまった場合に売掛金を払ってもらう事ができます。保証型を利用している業者は手数料ではなくて保証料を払うという形になります。

 

ファクタリング以外の資金調達方法である手形割引について

手形は、現金の代わりにお金の支払いを約束する有価証券の事をいいます。手形割引を利用すると早く現金を手に入れる事ができます。

手形割引をしてくれるのは、手形割引の業者か銀行で行われます。同じサービスをしてくれるのですが対応が異なるのでそれぞれのポイントを抑えておきましょう。

銀行に依頼をすると資金の融資という形になるので審査が厳しくなり、現金化までの日数がかる場合があります。手形割引業者に依頼をすると即日対応です。

銀行だと保証人などが必要になりますが、手形割引業者に依頼をすると原則として担保は不要となります。

手形割引は電話やインターネットで申し込みをする事ができます。審査にかかる時間は約1時間程度となっている場合が多いようです。

審査が終わると、割引の可否や受取金額、割引率などの説明があります。審査結果に納得すると契約書の作成をして終了です。即日、1時間か2時間程度で現金化が可能となります。その他、事務手数料や収入印紙代や取立手数料がかかる場合があります。必要なコストは業者によって違いがあります。

 

ファクタリングと手形割引を比較

ファクタリングも手形割引も期日よりも前に、現金化する事ができるという点においては共通です。違いが全くないようですが、実際は手形を担保にしているという点が異なります。

担保にしているので、もし売掛先が倒産してしまえば担保したものを失います。売掛債権を譲渡するサービスを選択すると、このようなリスクはないです。

融資に似た性質がある手形を割引するサービスを利用すると返金義務が生じます。期日前に手数料を除いた現金を手にしたら、約束の期日には手形割引を依頼した業者に返金しなくてはいけません。

債権譲渡サービスを利用するとその必要はないです。あくまで融資ではないので利用している会社が損害を受ける事はありません。

2つのサービスを比較してみると似ている所もありますが、異なっている部分もあります。需要としては、日本国内でいうと手形取引は減少傾向です。売掛債権譲渡サービスは増加傾向にあります。経済産業省からも評価を得ているだけあり、これからさらに利用業者が増えていく事が予想されます。資金調達が必要な場合は是非一度検討してみてください。

 

ファクタリングによる悪徳業者の詐欺について

どのような業界にも悪徳な業者というのが存在します。消費者の心の隙をついて法外な手数料を搾取する企業が次々に現れています。売掛債権譲渡サービスを利用する場合も注意しなくてはいけません。

金融サービスの中でも、規制が少ないために悪徳業者が参入している確率が高くなるのも事実です。これらの業者は甘い言葉で誘惑をして信頼を得ようとします。審査の段階になって法外な手数料にしていくという手法です。高額手数料によって経営を圧迫して遅延金や分割など様々な料金を発生させて永遠に搾取していきます。

健全性や信頼性を確認するにはホームページや電話口の対応で注意深く探っていくという方法で判別する事ができます。会社情報の開示に後ろ向きであったり、面会を嫌うような所は優良でない会社である可能性は高いです。

悪徳業者の多くは闇金融から派生しています。闇金は金融免許を持たずに営業しているので金融業許可不要で参入できる売掛債権譲渡サービスは都合が良かったのです。手数料が高額なだけでは詐欺とまで言えないのが現状です。被害相談の窓口にどのような相談があったかを確認して、詐欺の境界線を見極められるようになりましょう。

 

ファクタリングの会計処理について

債権譲渡サービスを利用した際にどのように会計処理をすれば良いか迷っている方もいるのではないでしょうか。通常の会計処理とは異なりますので確認しておく必要があります。

通常の掛け取引の場合は借方科目が債権発生時には売掛金となります。入金があった際には、借方科目が普通預金に変わります。

債権譲渡サービスを利用すると最初の債権発生時は一緒の会計処理です。サービスを利用した際の借方科目が異なります。借方科目が普通預金ではなくて未収金です。未収金は、代金を受け取る権利である事に代わりがありません。違う所は通常の取引ではないという所です。

サービス利用会社から入金があれば、借方は普通預金で貸方は未収金と表記されます。この時、サービス利用金額が1000万円だった場合は貸方に1000万円と表記します。サービス利用時に損失もいくらか発生しますので、その場合は売上債権売却損とします。100万円だった場合、借方の普通預金が900万円で借方の売上債権売却損が100万円です。

売掛債権譲渡サービスを利用した際に税金が発生するのは納入して得た売上です。サービス利用時に発生する手数料に関しては非課税取引です。

 

名古屋のおすすめファクタリング会社

製造業などが盛んで、中小企業も多い名古屋で売掛債権譲渡サービスを利用におすすめの会社があります。東京新宿に本社がある株式会社メンタルキャピタルです。会社があるのは東京ですが出張買取なども行っていて、名古屋だけでなくて全国各地でサービスを提供しています。

評価のポイントとしては実績が豊富だという事です。業界でもナンバーワンと言えるくらいで非常に高い信頼性があります。株式会社メンタルキャピタルでは中小企業や個人事業主などが利用しているのが特徴的です。大企業に比べるとこのような企業の数が多いです。

中小企業や個人事業主の運営形態が自転車操業的な状態となっている場合が多いです。経営がひとたび困難になってしまえば黒字倒産をしてしまう可能性もあります。

株式会社メンターキャピタルは、そのような中小企業や個人事業主にとても心強い存在です。見込み利益をスムーズに現金化してくれるという所と柔軟性にも優れていて、他業者に断れてしまったという場合でも最適なプランが提案してくれて、50万~5000万円までの現金化に対応します。

 

ファクタリングがどのようなサービスか理解できましたか。似たようなサービスでありながら異なるのが、手形の割引サービスです。今後は名古屋などの三大都市圏だけでなく全国で需要が高まるでしょう。くれぐれも詐欺被害に遭わないように注意してください。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
記事一覧