名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

名古屋の資金調達|ファクタリング契約時は「償還請求権」の有無を確認

借入に該当しないため信用情報も心配することなく、短期間で資金調達することができるファクタリングは、名古屋でも利用する企業が増えています。

ですが、利用の際に自社にかかるリスクを少しでも軽減するためにも、様々なことに注意して契約することが必要です。今回はその中でも特に償還請求権の有無を確認することが必要な理由を紹介したいと思います。

 

償還請求権の有無を確認する必要性

一般的に企業同士の商取引では掛が用いられることとなるため、商品やサービスの引渡しが行われても支払がすぐに行われることはありません。すると、商品やサービスを販売した企業は、実際に売上金を手に入れるまでに数日・数ヶ月のタイムラグが生まれてしまうことから、その間に資金不足に陥る可能性があります。

そして、そんな緊急時に最適な資金調達法として注目度が高まっているのがファクタリングなのです。この資金調達法は売掛債権を売却して素早く資金化することになるため、売掛先の企業からの支払は売掛債権の売却先の企業の財産となります。

そのため、基本的には売掛債権の譲渡が終了していることになりますから、仮に売掛先の企業が倒産して支払いが行われなかったとしても、ファクタリングを利用した企業が支払い義務を肩代わりする必要がありません。

ですが、こういった売掛先の企業が倒産して支払い不能な状況に陥ってしまった場合に、売掛債権を買取った企業側がファクタリングを利用した企業に対して、支払い義務を肩代わりすることを請求できる権利というものが存在するのです。

そして、それが償還請求権であり、契約上でこの有無が後に企業経営に大きな影響を及ぼす可能性が高いため、契約時にその有無を確認することがとても重要になります。

 

設定がされている場合のメリット・デメリット

近年、日本にも外資系企業が数多く参入してきており、企業間同士の販売競争が激しくなっています。また、少子高齢化が進む日本では今後も市場規模が縮小されていくことが予想されており、今後も倒産する企業が増える可能性も高いです。

そのため、ファクタリングを利用する企業から売掛債権を買取った企業は、倒産などによって支払いが遂行されなかった場合には大きな損害を出してしまうことになります。ですから、償還請求権を設定することで、万が一でも売掛先が倒産してしまった場合でも売掛債権を回収できないというリスクを軽減することができるのです。

そして、そういった設定がなされている契約をした場合には、手数料が安くなるというメリットが生じることとなります。しかし、この場合には売掛先の企業が倒産してしまったときには、支払いを肩代わりしなければならなくなりますし、この場合には実質的な譲渡担保融資となってしまうことから保証人や担保設定が必要となり、例え売掛先の企業に内緒で行いたい取引であったとしても知られてしまうというデメリットもあります。

 

設定がされていない場合のメリット・デメリット

ファクタリングは、売掛債権を売却することで素早く現金化を図ることができるうえに、借入に該当しないため信用情報についても心配する必要がないことから、名古屋の経営者の方の間でも注目を集めている資金調達法となっています。

ですが、この資金調達法を用いる場合には手数料や掛け目というものが存在するため、本来であれば支払われるはずだった売掛金の満額を現金化できません。そのため、ファクタリングを利用する企業は少しでも売上金を目減りさせないために、手数料が少なく掛け目の割合が高い企業と取引きしたいと考えるはずです。

しかし、売掛先が倒産した場合に支払いの肩代わりすることになったときの方が、確実に企業としてのダメージを受ける可能性は高いはずです。そして、そういった支払い義務を確実に回避するためには、償還請求権が設定されていない契約をしておくことが重要となります。これが設定されていなければ、仮に売掛先の企業が倒産して支払いが完全に行われなかったとしても肩代わりして支払いをする必要がないので安心です。

ただ、その分だけ手数料が高くなるというデメリットがあります。また、売掛先の企業の経営状況や信頼度によっても手数料が変化することがあるため、手数料が高額になり過ぎてしまうことがあるので注意が必要です。

 

2社間取引と3社間取引による違い

ファクタリングは、利用する企業と売掛債権を買取る企業との間だけで行われる2社間取引と、その2社に加えて売掛先の企業を交えて行う3社間取引が存在します。

2社間取引を行う場合には、売掛先の企業である取引先にその事実を知らせる必要がないため、信頼関係を損なうことなく今後も取引の継続が見込まれるという大きなメリットがあります。

そして、基本的には償還請求権が設定されていない契約となることから、万が一のときに支払い義務を肩代わりするリスクを背負う必要はありません。ですが、設定されている場合もありますし、自身で設定の有無を決定できる企業もあるので、名古屋で売掛債権を売却して素早く資金調達したい方は注意が必要です。

また、3社間取引を行っているのは銀行などの金融機関やノンバンクが主となっていることから、債権が回収できないというリスクを回避するために基本的に償還請求権が設定されています。そのため、実際には譲渡担保融資という形となってしまうことから、保証人や担保も必要となりますし、売掛先の企業にも知られてしまうことになるため信用を失う恐れがあるのです。

 

悪徳業者と取引しないために必要

ファクタリングという資金調達法は借入に該当しないため、融資のように信用情報を心配する必要がありません。そのため、信用情報を気にする名古屋の経営者の方たちにとって、かなり安心して利用できる資金調達法となっています。

ですが、貸金業に該当しないという点が、多くの悪徳業者を蔓延させている理由でもあります。なぜなら、貸金業とは違って登録や認可の必要もないうえに、手数料の規制がされていない業界だからです。

そういったことから、相場よりもはるかに高額な手数料を請求してくる業者も多いのです。また、悪徳業者は様々な手段を使ってお金を騙し取ろうとしてくるため、契約書の控えを渡さずにいつでも内容を書き換えることができるようにしていることも考えられます。

特に売掛先の企業が倒産してしまった場合に例え償還請求権が設定されていなかった場合でも、書き換えられてしまうことが十分に考えられます。ですから、名古屋でファクタリングを利用することを考えている経営者の方であれば、必ず書面にした契約内容を確認しておくことが必要になってくるのです。

 

リスクの少ない安全な方法でファクタリングを利用するために

売掛債権を売却することで簡単に資金化することができるファクタリングは、銀行からの融資とは違って借入には該当しないことから信用情報を傷つけることがありません。そのうえ、素早く資金を調達することができるという大きなメリットがあるため、名古屋の経営者の方たちも注目している資金調達法となっています。

しかし、ファクタリングを行っている企業を利用する場合には、手数料が必要となりますし掛け目も設定されていることから、支払い期日まで待てば手にすることができた売上金を目減りさせてしまうというデメリットもあります。そのため、できるだけ手数料を少なくしたいと考える経営者の方も多いと思います。

ただ、売掛先の企業が倒産してしまった場合に、支払い義務を肩代わりすることになった方が企業の経営には大きな損害を及ぼす可能性が高いのです。ですから、自社に降りかかるリスクを少しでも抑えながら、売掛債権を売却して短期間で素早く資金を調達したいのであれば、償還請求権が設定されていない2社間によるファクタリングを行うことをおすすめします。

 

ファクタリングは経営者の方にとって多くのメリットをもたらす資金調達法です。ですが、より有効活用するために手数料や掛け目の設定などはもちろん、契約時には償還請求権の有無など契約内容をしっかりと確認することが必要であり、取引における安全性を高めるためには重要なことになります。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
記事一覧