名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

名古屋エリア密着型のファクタリング業者をチェック

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/04/22

名古屋エリアに密着したファクタリング業者を探している人は、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

ここでは安全にお得に事業資金を調達する方法について説明しています。迷ったときは各社を比較検討すれば失敗することはないでしょう。

 

地域密着の業者を活用するメリットとは?

名古屋で資金調達の都合ができたときは、名古屋エリア密着型のファクタリング業者を検討してみましょう。銀行融資やノンバンクのビジネスローンなどが利用できないときは、信用力が不足していると考えられます。

ローンは際限なく借入できるわけではなく、返済能力の範囲内でしか決行されません。すでに返済能力のギリギリまで借入している状況ですと、追加融資を受けるのは困難でしょう。そんなときはローン以外の資金調達法であるファクタリングが最適で、売掛金を譲渡することで資金を調達することが可能です。

名古屋エリアに密着した会社のメリットは、気軽に面談を受けられることにあります。基本的に資金調達を得るためには面談審査が必要となりますので、地元に業者がある状態がベストです。その場で契約書類を交わして、コピーをもらうことができます。

面談なしで利用できる会社もありますが、目の前で契約書類の確認をしたい人には面談審査を用意している会社をおすすめします。あとは実店舗を構えていることが重要ですから、実際に会社概要をチェックしておいてください。一部には怪しい業者も存在しますので、会社情報が不十分な業者は避けましょう。

 

資金調達まで何日かかるかチェックしておく

名古屋エリア密着のファクタリング業者を利用するときは、資金調達までの日数を確認しておきましょう。3日以内に調達できれば早い部類であり、最短だと即日振込に対応しているところもあります。

遅いと言われる業者であっても概ね5日以内には振り込んでくれることが多いので、ローンでは間に合わないという人にもおすすめです。もともと融資を受けることが困難な人、今すぐに資金調達をしたい人を対象にしたサービスですから、迅速対応をしてもらえるはずです。

今すぐに資金調達をしたい人は、最短即日に対応してくれる会社を選びましょう。ここで注意したいのは最短即日とは、あくまで最短の場合の時間であることです。書類関係に不備があると延びてしまう可能性が高いです。

また故意に虚偽の記載をすると、審査に通過できなくなるので注意してください。ファクタリングの審査は売掛先の信用力を元にして行われますが、申込者の信用力が問われないわけではありません。申込書類をしっかりと用意して、誠実に対応することがスピーディーに資金調達をするコツとなります。

 

手数料は何%か調べておくことが大事

名古屋でファクタリング業者を利用するときは、各社の手数料を調べておきましょう。手数料はローンの金利や利息に該当するもので、各社によって3~5倍は差があります。

ローン商品で3~5倍も金利に差が出ることは少ないですから、名古屋エリア密着型のファクタリング業者を選ぶときは、ローン以上に比較検討をしっかりと行う必要があるわけです。手数料を比較するときは、二社間と三社間のサービスでは利率が異なることを認識しておきましょう。

二社間のほうが手数料は高くなり、三社間と比較して3倍以上違ってくることが多いです。三社間のサービスは売掛先も含めて協議をしますので、より大きな信用力を担保にできるわけです。二社間のサービスだと売掛先を含めずに審査をしますので、信用力は低くなるのがデメリットとなります。手数料の目安は二社間で10~30%、三社間で1~5%くらいが目安となります。

売掛金の金額や申込者・売掛先の信用力などによって利率が変わると考えてください。売掛先に売掛金譲渡の事実を知られても問題ない人には三社間のサービスをおすすめします。

 

掛け目が設定される点も考慮しておく

事業資金に余力を持たせておくと、事業展開の幅を広げることができます。そのためには少しでも高額の資金調達が見込めるファクタリング会社を選ぶことが大切です。

売掛金を譲渡するときには掛け目が設定されることが多いので、ここはよくチェックしておきましょう。一般的な相場は80%と言われていますが、手数料の場合と同様に二社間と三社間のサービスでは利率に差が出てきます。

三社間のほうが掛け目は高く設定されることが多く、90%くらいになることが多いです。  最近では掛け目を100%に設定する会社も登場しており、売掛金に対して満額の評価をしてくれます。

掛け目が80%に設定されている場合、実際に振込される金額は売掛金よりも20%低くなってしまうわけです。お得に資金調達をするためにも、手数料と掛け目はよくチェックしておきましょう。実際のいくらの振込が期待できるのか、事前にシミュレーションをしておく必要があります。

少しでも調達額を増やすためには、誠実な態度で交渉することが重要です。審査に対面与信を導入している会社の場合ですと、人物像をよくチェックされます。

 

プライバシー保護に積極的な会社を

名古屋エリアでファクタリング会社の利用を考えている人は、売掛金を譲渡して資金調達をすることを周囲に知られたくないと考えています。もし知られてしまうと今後の取引に影響することもあると考えるため、内密に取引してくれることを望んでいるわけです。

そこで名古屋エリアで密着型のファクタリング会社を探すときは、プライバシー保護を徹底した会社を選びましょう。少しでも怪しいと感じた場合は、申込するのは避けたほうが得策です。

ただし三社間のサービスに関しては、手数料が低くなるメリットがある反面、売掛先に資金調達の事実を知られることになります。絶対に知られたくないという場合は、二社間のサービスを用意している会社を活用しましょう。

プライバシー保護を厳守していない会社だと、二社間のサービスを利用しているにもかかわらず売掛先に知られるケースがあります。こうしたリスクを回避するためにも、信頼性が高く利用者が多い会社を選ぶことがポイントになります。

買取実績が豊富にあること、資金調達の悩みに丁寧に対応してくれること、などもポイントにして会社選びをしてください。

 

個人情報に登録されていても資金調達が可能

ファクタリングを活用する最大のメリットは、個人情報に問題があっても申込できることでしょう。例えばすでに債務超過の状態にあって追加融資を受けることができない、3ヶ月以上の延滞をしており個人情報に傷がついている、などの状態でも大丈夫です。

ほかにも税金を滞納しているなど、ローンは利用できない状況においても資金調達ができるわけです。もちろん事業が赤字に傾いていても大丈夫ですから、銀行やノンバンクから融資を受けられなくなった人におすすめします。

ローンの場合ですと一般的に3ヶ月の延滞をすると、個人情報に登録されてしまいます。いわゆるブラックリストと呼ばれるもので、登録されると5年間は消えません。その期間中はすべてのローンを利用できませんので、事業資金の調達をするのは困難になります。

ローンが利用できず、運営が赤字に傾いているときこそファクタリングが最適です。最短即日で調達できるケースもあり、売掛先に内緒にできるメリットもあります。個人情報には一切影響しない資金調達法ですから、切り札として活用してください。

 

名古屋エリアでファクタリングサービスを利用するなら、密着タイプの会社をおすすめします。少しでも有利に資金調達をするためには、調達までの日数や手数料、掛け目などをよく比較する必要があります。

さらにプライバシーを厳守してくれる会社なら、売掛先に知られることなく資金調達が可能です。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
株式会社JTCの画像
株式会社No.1の画像
記事一覧