名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

名古屋で売掛金回収に困ったときはファクタリングが便利

公開日:2019/04/12  

ビジネスをしていると売掛金での取引は少なからずありますが、先方の業績が芳しくない場合には支払期日までにきちんと支払いをしてくれないことがあります。そんな時に手早く回収できる手段としておすすめなのがファクタリングです。

同サービスのメリットなどを解説していきます。

 

そもそもファクタリングとは?仕組みを紹介

名古屋には様々な金融機関や資金調達方法がありますが、その中でも特に個人事業主や中小企業の契約者などが便利に活用しているのがファクタリングです。 これは売掛金を利用した資金調達方法であり、具体的には専門の業者と売掛金を譲渡する契約を結び、売掛金の金額から一定の手数料を差し引いた金額を業者から振り込んでもらう資金調達方法となります。

もしも売掛債権を先方がきちんと支払ってくれない場合、通常であれば自社で取り立てなどを行わなければならず、これは大きな手間となります。一方でファクタリングを利用すれば取り立てなどの必要はなく、契約手続きを済ませることで売掛債権を資金化できるので回収が困難な場合に非常に便利なサービスなのです。

名古屋には様々な専門業者がありますが、業者選びをする際には大手業者かどうかということや、実際にサービスを利用した人の口コミ評判、そして利用手数料がどの程度なのか等の情報を確認・比較することでより満足して利用できると考えられます。 優良業者はWEBで手数料などを明示しているので、そのような業者を選ぶと安心です。

 

ファクタリングと売掛債権担保融資の違いは?

売掛債権を利用した資金調達方法というと、銀行などの金融機関が取り扱っている売掛債権担保融資を思い浮かべる人も多いでしょうが、この融資サービスとはどのような違いがあるのでしょうか。

担保融資の場合、貸付サービスとなるため、後日借りたお金を返す必要があります。売掛金の額面をベースに金融機関からお金を借り、自社で回収を行った後で金融機関にお金を返す、という流れとなります。もしも債権が不良化した場合には自社が金融機関から借りたお金の補償義務を負うこととなるので、回収が困難なお金を担保とするのはハイリスクと考えられます。

一方でファクタリングの場合、債権を業者に譲渡する契約となります。業者からお金を借りる契約ではなく、売却する契約であるため、業者から調達した資金は後で返す必要がない点に大きな特徴があります。名古屋の悪徳業者の中には契約の書の内容が譲渡ではなく貸付となっていることがあるので、サービスを初めて利用する際には貸付の契約になっていないかどうか、契約書にサインをする前に確実に確認をしましょう。安易にサインをしないことをおすすめします。

 

ファクタリングなら不良債権化の補償義務がない

売掛債権担保融資とは違い、売掛債権を専門の業者に売買するため、ファクタリングには融資にはない数々のメリットがあります。最も大きなメリットとしてまず挙げられるのが、売掛債権が不良化した際のリスクヘッジができる点となります。

融資を利用して金融機関から借り入れを行った場合、もしも売掛債権が不良化した場合、自社が金融機関に対して補償しなければならないことは先程触れました。一方でファクタリングを利用した場合、たとえ資金調達後に売掛金が不良化してしまった場合でも業作に対して補償する必要がないのです。

なぜ補償義務がないのかといいますと、登記の内容が変わる点にあります。権利者の名義が自社から業者に移るため、法律的に完全に補償する義務がなくなるのです。

登記を変更するということで注意しなければならないのが個人事業主が利用しにくい点です。登記の変更手続きは原則法人しかできないため、個人事業主は利用できないという業者が非常に多いのです。しかし名古屋には個人事業主でも利用可能な業者も多いので、問い合わせをして確認することが大切です。

 

赤字経営をしていても税金を滞納していても利用できる

銀行などが取り扱っている売掛債権担保融資の場合、売掛金の振り出しをした企業の経営状況を確認されるのはもちろん、自社の経営状況やそれまでの金融機関との取引状況などもチェックされます。

そのため、自社の経営状況が悪化している場合や、バックボーンがない個人事業主の場合は融資を断られてしまう可能性が高いと考えられます。一時的に経営状況が悪化している場合、税金を滞納していることもありますし、黒字ではなく赤字経営となっていることもあるでしょう。銀行などの金融機関では税金の滞納や赤字経営などには敏感であるため、自社の経営状況がこのような場合には融資の審査通過は難しいと考えられます。

一方でファクタリングの場合、取引先の経営状況は細かくチェックされるものの、自社の経営状況に関してはさほど確認はされません。赤字経営をしていても、税金の滞納をしていても利用可能なのです。 実際に名古屋にある優良業者の多くが、税金の滞納や赤字経営でも利用可能な旨をWEBで明示しているので、そのような業者を選ぶことで安心・安全にサービス利用ができます。

 

キャッシュフローの改善にも効果的

ファクタリングを活用して売掛債権を資金化した場合、不良債権のリスクのある売掛債権を不良債権化のリスクがない現金に変えることができるため、キャッシュフローの改善にも高い効果を発揮します。銀行などの金融機関から融資を受ける場合、特に重要となるのが現在の経営状況や貸借対照表などの数字です。

たとえ黒字経営をしていたとしても手元にある現金が少額であり、資産と多くが在庫や売掛債権という場合には金融機関は健全な経営をしているとはみなしてくれません。その結果、融資の申込みをした場合でも断られてしまう可能性が高いと考えられます。

売掛債権をできるだけ減らし、手元にある現金を増やすことでキャッシュフローが改善し、銀行からの信用度もアップします。名古屋でファクタリング業者を利用して資金調達を行えば、売掛債権の回収が楽になるだけでなく、キャッシュフローの改善にも繋がり、銀行などの金融機関からの信用度も上げることができるのです。 急な資金需要に対応できるのはもちろん、新規に銀行などに融資の申込みをする際の審査通過率を上げるのにも役立ちます。

 

最短で即日審査にも対応しています

銀行に融資の申込みをして資金調達をする場合、審査には数日から数週間程度かかるのが一般的ですし、審査を無事に通過した後も諸手続きに時間を要するため、実際に資金が手元に届くまでには相当の時間がかかります。その一方でファクタリングを利用すれば、最短で即日審査が完了する業者も数多くあるので、急いで資金調達をしたい場合にも非常に便利です。

ファクタリングには大きく分けると自社と業者のみでやり取りを行う2社間取引、さらに売掛金を振り出した企業も加えた3社間取引があるのですが、スピードを重要視するのであれば2社間取引がおすすめです。

2社だけで契約をすることでよりスムーズに話を進めることができますし、先方に売掛金を売却する事実を伝える必要がなくなるので、その後契約を継続する場合でも関係が気まずくなるリスクがないのです。 加えて、よりスピーディに資金調達をしたい場合、業者選びをする段階で、土日祝日でも対応しているのかということや、営業時間は何時から何時までなのかということをチェック、比較しておくことをおすすめします。

 

ファクタリングを利用すれば回収が困難と見込まれる売掛金を手早くスムーズに回収できるため、いざという時に活用すると非常に便利です。またキャッシュフローの改善も期待できるので、効果的に活用することをおすすめします。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
株式会社JTCの画像
株式会社No.1の画像
記事一覧