名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

ファクタリングと電子手形の違い

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/10/20


いろいろな取引の形がある中今注目を集めている電子手形は、従来の書面でのやりとりよりも機動力があります。しかし、即日現金化できるファクタリングと何が違うのでしょうか。メリットやデメリットをしっかり理解すると、ご自身のビジネスにとってどちらが最適か見えてきます。そこで今回は、ファクタリングと電子手形の違いをご紹介します。

手形による取引はなぜ必要なのか

商売をしていると現金取引以外によく使われるのが、手形と呼ばれるものです。取引のたびに現金を支払っていると運転資金が足りなくなるなどのリスクが生じることがあるため、支払うことを先延ばしして少し猶予をもらうために使われるのが手形です。手形はそのままで現金のように他の取引に使うようなことはできません。

支払いを後回しにする覚書のようなもので、それ自体に金銭的な価値はありません。だから支払いが果たされないようなことがあれば、大変なことになってしまいます。あくまでも、信用あってこその取引の形です。手形には支払や約束、為替といった種類があります。

支払と約束は2者間での取引で、為替は3者間で扱うことになるので少し流れが違ってきます。支払いは記載された期日に当座から決済される仕組みとなっていて、約束は期日に支払うことのみを証したものです。為替は振出人と受取人の他に支払いを引き受けた第三者がいます。支払い期日には買掛金や売掛金を相殺することで取引を行います。このように支払いを少し先延ばしするシステムは古くから使われています。

新たな取引方法の電子手形とは?

手形は基本的に書面でやりとりされるものです。支払いを約束しているのはその書面だけにあるので、なくなったり、盗まれたりすると回収ができなくなるので大変なことになってしまいます。最近では電子手形という取引が行われるようになりました。ペーパレスの時代に合わせて始まったシステムで、これからの活用が期待されています。

電子取引が基本になりつつあり、ネット上でのセキュリティも向上してきました。電子的に証明できるようになって、電子手形も可能になった経緯があります。銀行の振り込みなどのネットで行える時代だからこそ、とくに違和感がありませんが、書面でやりとりしていた方々は実態のない取引に不安を感じることがあるようです。

このシステムは銀行などの金融機関も関与して運用されているので、民間サービスとは違ったセキュリティの基準をクリアしています。手続きの簡便さや紛失などのリスク回避から、これからはこの取引が主流になると考えられています。実際の取引はパソコンで行いますが、FAXでも行うことが可能です。

電子手形取引のメリットデメリット

電子手形の一番のメリットは、紛失や盗難の恐れがないということです。書面ではそのもの自体がなくなれば、その支払いを証明するものがなくなってしまいますが、電子上であれば、そのようなことがありません。また取引の速さもメリットの一つです。書面では振り出しから郵送、受け取りなどの手続きが必要になりますが、パソコンで行う作業では即時に手形が発行されます。

受け取ったかどうかなどのトラブルが発生しないことも、担当者の負担を減らすことが可能です。銀行に手形の取り立てをするために行く必要がありません。資金をすぐに使うことができるので時間の節約になります。割引や譲渡が簡単にできるのも電子手形のメリットです。

銀行に行って審査などを経なければいけなかった割引もパソコンでの操作で簡単に行えます。譲渡も書面の裏書きをする必要はなく、パソコン上での手続きで完了することが可能です。デメリットとしては、操作にパソコンが必要になることです。FXAで行うことも可能ですが、細かな操作をするときにはパソコンの方が便利です。

現金化したいときにはファクタリング

手形は支払いを先延ばしする取引ですが、そのために運転資金が足りなくなることもあります。振り出し側は現金がなくならないので問題はありませんが、受け取り側は現金がなくなってしまうので、苦しい思いをしなければなりません。仕入れや従業員の給料など現金で支払わなければならないことは避けられないので、手形だけではどうしようもできなくなることがあります。

そんなときに有効な手段がファクタリングです。手形から手数料を引いた分で即時に現金化できるので、支払いに間に合わせることができます。手形は振り出し側にとってはとても便利なシステムですが、受け取り側にとってはとても不利な取引です。どれだけの額の書面があっても、期日までは現金にならないので、支払いに使うこともできません。

それさえあれば問題なく支払うことができるのに、その時にはまったく意味がありません。そんな状況になったら検討すべきがファクタリングです。手数料が取られてしまうことを除けば、支払いを前倒しするだけなので、借金にならないメリットがあります。

ファクタリングと電子手形の違い

電子手形は書面と違って、簡単に譲渡ができるメリットがあります。小口に分けて譲渡することも可能なので、必要な分だけを資金化することも可能です。この点ではファクタリングと同じといえます。ただし両者は債権という面で違いがあります。電子手形は債権の電子化によってデータをやりとりする債権です。

対してファクタリングは手形のみを対象としているわけではなく、いろいろな種類の債権を扱うことができます。商売ではいろいろな形で債権が生まれています。家賃や診療報酬、売掛金など手形では取り扱えないようなものも存在しています。電子手形はファクタリングと比べて利用者の数も違ってきます。

運用までにいろいろなシステムの構築が必要なことからまだまだ利用している人は限定的です。つまり資金を調達するにしてもシステムを構築している相手としかやりとりできません。取引相手を選べるファクタリングの方が自由度は高いといえます。現金化を有効的に行えるという点では、ファクタリングの方が有利といえるでしょう。

名古屋で資金調達したいときには?

名古屋は日本でも大きな商業都市といえます。多くの業種が存在していて激しい競争が行われています。そんな中で事業を運営していくことはとても大変なことです。仕入れや給与支払いなどで現金が必要になったときに、電子手形とファクタリングのどちらを選ぶべきでしょうか。電子手形ならパソコン上でやりとりできるので、とくに地域を気にすることなくやりとりができます。

ただしあまり多くの業者が利用しているわけではないので、譲渡する相手が見つかる可能性は高いとはいえません。ファクタリングならば名古屋でも多くの業者がサービスを提供しています、限定された手形だけではないので、自分の持っている債権を短期間で現金化することが可能です。

電子手形を使うにはシステムを構築して、取引先にも同じような対応を求めなければいけません。まだまだそれほど普及率は高くないのが実際で、名古屋では、まだまだファクタリングの方が利用しやすいといえるでしょう。東京や大阪にも展開しているような業者もファクタリングのサービスを提供しているので、条件の合うところを見つけましょう。

 

時代の流れから多くのものが電子化されています。手形も同じように形を変えて利便性もアップしました。資金調達の機動力は上がりましたが、普及率や利便性、カバーしている債権の範囲などでまだまだファクタリングの方が有利といえます。自分の抱えている債権に合わせて便利な方を選べばよいといえますが、慌てて電子手形を構築する必要はなさそうです。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
株式会社JTCの画像
株式会社No.1の画像