名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

名古屋で資金調達|ファクタリングと他の資金繰り手段との違い

企業が資金繰りを行う手段には、ファクタリング以外にも金融機関からの融資や手形割引など様々なものがあります。それぞれ特徴に違いがあるので、状況に応じて使い分けることが大切です。

1つの方法だけで資金繰りを行うのではなく、複数の方法を使い分けると効率的に経営を行うことができます。

 

ファクタリングによる資金繰りとは

名古屋には様々なファクタリング業者が活動しています。資金繰りの方法には融資と出資の他に売却があります、一般的に融資はデットファイナンス、出資はエクイティファイナンスと呼ばれます。それに対して売却はアセットファイナンスと呼ばれています。

ファクタリングは売掛債権の譲渡なのでアセットファイナンスに該当します。サービスを利用するのに手数料は発生しますが、貸付を受ける場合の金利と違い法的な制限がありません。

名古屋では様々な業者が存在しており、具体的な手数料やサービス内容には違いがあります。業者を選ぶ際には手数料とサービス内容の違いを比較検討することが大切です。

アセットファイナンスはデットファイナンスと異なり負債に計上されないという特徴があります。また貸付と比較して審査が緩やかなので、簡単に資金繰りを行うことができます。入金までの期間も融資よりも短いのが通常です。最短の場合には1日で入金してもらうことができます。遅くとも1週間ほどで資金調達が可能です。

名古屋では様々な業者が活動しています。手数料やサービス内容を検討して条件に合った業者を選ぶ必要があります。

 

素早い資金繰りができるファクタリング

売掛債権を譲渡すると素早く資金を調達することができます。実際に名古屋では多くの企業が売掛債権を利用して資金繰りを行っています。売掛債権を現金化する方法には様々な種類があります。

特に一般的なのが一括ファクタリングです。この方法には様々なメリットが存在します。例えば売掛先の与信が重視されるため、自社に対する審査は緩やかです。

また入金までの期間が短く、1日から1週間ほどで資金を調達できます。さらに負債に計上されないのでバランスシートの改善が可能です。償還請求権がない場合、売掛先が倒産しても返済義務は発生しません

銀行など金融機関から融資を受ける場合には、利息を加えて返済する必要があります。売掛債権の譲渡であれば、原則として取引後に返済義務が発生しないので気軽にサービスを利用できます。

審査において業者が重視するのは売掛先の経営状況です。確実に売掛金を支払ってもらえるかどうかが重要となります。そのため自社の経営状況が芳しくない場合でも、サービスを利用できます。

売掛債権を現金化した場合、融資のように負債に計上されません。バランスシートが改善されるので、銀行などから融資を受ける場合にも有利に手続きを行うことができます。

 

売掛債権を現金化する際の注意点とは

ファクタリングには業者と利用者の2社間で行う場合と、売掛先を含めた3社間で行う場合が存在します。

前者は売掛先に自社の経営状況を知られずに済むというメリットがありますが、手数料は高めに設定されています。後者は売掛先から承諾を得る必要がありますが手数料は比較的安いのが特徴です。

2社間で契約を行う場合の手数料は売掛債権額の6%から40%ほどとされています。一方で3社間契約の場合は1%から5%ほどが相場です。実際に必要となる手数料は業者によって異なります。名古屋には様々な業者が存在するので、比較検討して最適なものを選ぶことが大切です。

業者を比べる場合には手数料だけでなく、具体的なサービス内容や過去の実績なども重要となります。相場よりも極端に安い手数料を提示している業者には、何らかの問題がある可能性が存在します。手数料だけでなく総合的に業者の信頼性を判断しなければなりません。

3社間による取引を行う場合には、売掛先に知られることになります。2社間での取引ならば知られる心配はありませんが、手数料が高くなってしまいます。場合によっては銀行からの融資など、他の方法で資金調達することも考えられます。

 

融資によって資金を調達するには

多くの企業が資金を調達する方法として、金融機関からの借金を選んでいます。銀行や貸金業者、公的機関からの融資の他にも手形割引などの方法が存在します。

事業用の資金を調達する方法ではビジネスローンも多く利用されています。 銀行や公的機関からの借金は資金調達の方法の中でも最も一般的です。

金利が安いだけでなく、債権がなくても多額の借金をすることができます。審査を通過できる条件を満たしている場合には、銀行や公的機関から資金を調達するのがおすすめの方法です。

売掛債権の現金化と比較して時間や手間がかかりますが、少ないコストで多額の資金を調達できます。 ビジネスローンは主に中小企業が多く利用しています。担保や保証人がなくても借りることができ、実行までの時間も短いのが特徴です。一般的な金利は年6%から年18%とされています。

手形割引も多くの企業が利用している資金調達方法です。割引率が2%から5%ほどと低いという特徴があります。ただし手続きは多少煩雑で、融資に該当するので審査も厳しく行われます。その他にも売掛債権を担保に資金を借りる方法などがあります。

 

効率的に資金調達を行う方法とは

売掛金を利用した資金調達方法には、ファクタリングの他にも流動資産担保融資が存在します。前者は債権譲渡ですが、後者は債権を担保とした融資です。

2社間で取引を行う場合には、売掛先に知られる心配がありません。ただし手数料は高めに設定されているので、資金を調達するのにコストがかかります。3社間で取引を行う場合は手数料が比較的安く設定されていますが、売掛先の承諾が必要です。売掛先に知られることなく、資金を調達する方法として流動資産担保融資を利用することも考えられます。

この方法には手形割引の場合と同様に不渡りのリスクがあります。売掛先が倒産した場合には、債務者が自ら返済しなければなりません。そのため審査では債務者の信用が重視されます。

流動資産担保融資には売掛金の状況が良好な場合、債権の支払い金額よりも多額の資金を調達できるというメリットがあります。ファクタリングの場合は債権の支払い額より多額の資金を調達することはできません。

効率的に資金を調達するには、各サービスのメリットを比較検討して状況に応じて使い分けることが重要です。

 

出資を受けることも考えられます

企業による資金調達の方法には、アセットファイナンスやデットファイナンスの他にもエクイティファイナンスが存在します。迅速に出資を受ける方法にはベンチャーキャピタルや第三者割当増資などがあります。

その他にも株式公開や合併、買収などの方法も存在します。近年ではインターネットを利用して不特定多数の人々から出資を募るクラウドファンディングも盛んに行われています。 ごく短期間で資金を調達したい場合には出資よりも融資や売却を考えた方が効率的です。

売掛債権以外にも不良在庫などの売却によって資金調達を行うことが考えられます。不良在庫を減らせば管理コストも少なくなります。

営業権の売却なども短期的な資金調達方法として有効です。 短期的な資金調達に適した方法としてはファクタリングの他にもビジネスローンや不良在庫の売却などが考えられます。

特に即日で資金を調達したい場合は、ファクタリングやビジネスローンがおすすめです。ただしこれらの方法を利用すると手数料や利息が発生します。コストを抑えて資金を調達したい場合は銀行や公的機関からの融資の他に、手形割引や流動資産担保融資を利用すると良いでしょう。

 

企業が資金調達を行う方法は融資と出資、売却の3種類に大別することができます。売掛債権を譲渡して資金を得るファクタリングは売却に該当します。融資や出資、売却にはそれぞれメリットがあるので状況に応じて使い分けることが大切です。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
記事一覧