名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

大手のファクタリング会社の特徴とメリット

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/10/20


ファクタリングとは、売掛金を迅速に買い取ってくれる金融サービスであり、銀行融資とは違ったタイプのサービスです。審査もそれほど厳しいものではなく入金もスピーディに行ってくれますから、すぐにでも資金調達が必要な企業に注目されています。そのため業者も年々増えていてもちろん大手の業者もいくつか存在します。そこで大手のファクタリング会社についての特徴とメリットについてまとめてみました。

大手のファクタリングを利用するメリットとは?

ファクタリング会社は年々増え続けていますから、業者選びの時どこがいいのか迷ってしまう企業も少なくありません。業者によっては手数料などが変わってきますし、また悪徳業者も存在しますから、会社選びはあらかじめ入念に調べておく必要があります。そのため優良な業者を見つける事が大切になりますが、簡単に見つける方法としてまずは大手の業者を検討してみるのも1つの手です。

大手を選ぶメリットは安心して利用できる安心感と、また多くの実績があるため、会社自身の倒産の危険性についてあまり心配する必要がない点ではないでしょうか。たとえば名古屋市にもいくつかの業者が存在しますが、市内でも大手の業者が存在しています。

それらは全国展開している所が多く、東京に本社がある所が多くありますが、名古屋に支社がある、名古屋に本社を構えている大手業者も存在しますので、名古屋市で利用したい企業にとってはわざわざ遠い東京本社まで面会に行く事なく利用しやすいのがメリットです。まずはいくつかの業者に見積もりをお願いし、利用する企業に一番合った業者を選択する事が大切になります。

大手のファクタリング会社の主な特徴について

大手のサービス業者の特徴は、何といっても利用企業が安心して取引を依頼できる点にあります。数多くの実績もあるため、経験豊富であり、それぞれの企業に合ったプランで見積もりを提供してくれる、トラブルなどの対応も長年の経験によって柔軟に対応してくれるのが大きな特徴であるといえます。

またほとんどが全国対応可能であり、地方で利用したい企業も近場の支社(事務所)が見つかりやすく、わざわざ本店にある東京まで出向く必要がないのも特徴です。ファクタリング会社は東京に本社がある所が多くありますが、たとえば名古屋市の企業が利用したい場合、名古屋に支社があると高い交通費を出して時間をかける事なく面会して契約まで進めやすいのも強みです。

大手は実績がある分安心して利用しやすいですが、中規模の地域密着型のような業者ほどのスピーディさには欠ける点があります。銀行系の業者である場合、小規模の売掛債権では取り扱ってくれないケースもあり、少額でサービスを利用したい企業にとっては扱いにくいといえます。

ファクタリング会社選びを慎重にしなければいけない理由とは?

ファクタリング会社は現在たくさん存在しますので、業者選びも迷いがちです。また悪徳業者も紛れ込んでいるため、慎重に行わないといけません。業者によっては手数料の下限や上限が違ってきますし、業者が大規模か中小規模かどうかでもサービスの対応などが違ってきます。とにかく安心感を重視して契約を成立したい場合は大手の企業を選びましょう。

また何かあった時にすぐに対応してほしい場合や、小規模の売掛債権で契約を成立したい場合は地域密着型の業者を選ぶなど、利用したい企業が求めている事に対して一番マッチしている業者を慎重に選ぶ事が大切です。大手業者の本社は東京が多くありますが、大阪や名古屋などの大都市に支社がある業者が多くあります。

そのため名古屋市の企業はそこで見積もりを依頼しやすいです。また名古屋市内では名古屋を拠点とする小規模案件に特化している地域密着型の業者が存在します。小規模額での契約を成立したい中小企業や個人事業主にとっては最適なサービスであるといえます。会社選びの際、インターネットでそれぞれの業者の評判やサービス内容などを事前にしっかりと調べておけばサービスを利用したい企業の条件に合った業者を見つける事ができ、資金繰りを円滑にしやすくなります。

大手サービス会社の手数料について

中小規模・大規模の業者に限らず、手数料は各業者によって違ってきます。ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングと呼ばれる主に2つの方法があり、2社間では手数料が10%~30%と高額になりやすくなる一方で、3社間の場合は1%~5%と安くなっています。ファクタリングは売掛金を業者が買い取ってくれるサービスであり、売掛金から手数料を差し引かれた金額が利用する企業に入金されます。

2社間においては業者と利用企業のみで取引を行いるため、売掛先には秘密で利用できるメリットがあります。その際売掛先が倒産してしまった場合売掛金を回収できなくなるリスクがあるため、手数料が高く設定されています。

一方で3社間では業者と利用企業、売掛先の3社で取引を行いるため、当然売掛先にサービスの利用が知られてしまいますし、売掛先から利用する事に対しての了承を得る必要があります。また、債権譲渡登記を行い、売掛金も売掛先が直接業者に入金しますので、業者の貸し倒れリスクが少なくなります。3社間は手数料が安いですが企業と売掛先の関係性が悪化してしまう可能性があります。

銀行系の業者の場合、信頼度を重視しているため、3社間のみでしか利用する事ができません。売掛先との関係性を悪化させたくない場合は2社間、手数料を安くする事を重視する場合は3社間を選択するなど、慎重に検討する必要があります。

ファクタリング会社の種類について

ファクタリング会社は主に独立系・ノンバンク系・銀行系と、主に3つの系統に分類されています。独立系は消費者金融系やメガバンクなどの系列ではない完全独立している業者の事をいいます。ここでは2社間を得意としたり、2社間に特化している所が多く、審査の内容によっては手数料が銀行融資よりも高くなってしまう場合がありますが、小規模額に対応していたり、入金までがスピーディなのが特徴です。

ノンバンク系は預金業務を行っておらず、融資などのお金を貸す事に特化している業者であり、独立系の業者よりも手数料が安めに設定されています。しかし入金まで少々時間がかかる事があり、独立系のように即日入金は厳しいものとなっているため、資金調達に時間の余裕がない場合は独立系の業者を選んだ方がよいです。

銀行系はメガバンクや地方銀行・都市銀行が提供するサービスであり、手数料が相場で5%以下と安くなっているのが特徴です。ここでは3社間のみの取引となっていて、大口金額がメインとなっていますし、審査にも時間がかかりますので、緊急の資金調達を必要とする企業にとっては向いていないサービスです。

中小企業や個人事業主におすすめできる業者とは?

中小企業や個人事業主がサービスを利用する時、おすすめできるのが独立系の業者です。独立系の場合、入金までが非常に速い点と小規模額からの利用が可能なため、少額の資金調達を緊急に行いたい中小企業や個人事業主にとって条件がマッチしやすいタイプといえます。また売掛先に知られたくない中小企業や個人事業主が多く、独立系は秘密に取引できる2社間を得意としています。

2社間を利用すると売掛先に知られずにサービスを利用できるため、売掛先からの信頼度を失いたくない中小企業や個人事業主にとってはうってつけのサービスだといえます。

2社間のサービスを利用する際においては、売掛先の経営状態が安定しているかどうか、また万が一売掛先が売掛金を入金するまでに倒産してしまった場合を考慮して「償還請求権なし」の業者を選ぶなど、あらかじめ取引したい業者のサービス内容や評判をしっかりと調べてみる事が大切になります。いくつかの信頼できそうな業者を見つけて複数見積もりを依頼・面談する事によって、納得した契約を結ぶ事が重要です。

 

大手のファクタリング会社は多くの実績と安心感があり、信頼度を重視して利用したい場合は大手の業者を中心にいくつかの業者から見積もりを依頼すると条件に合う業者を見つけやすいです。また全国展開しているため、東京以外の企業も見積もりを依頼・面会をしやすい特徴があります。まずは1つの業者に絞らずにいくつかの業者をピックアップして手数料など条件に合う業者を選ぶ事が重要になります。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
株式会社JTCの画像
株式会社No.1の画像