名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

名古屋の起業で資金繰りに困ったときはファクタリングで解決

公開日:2019/04/12  

名古屋で起業したばかりの経営者の方の中には、計算外に出費がかさんでしまったことで将来的な資金繰りに不安を抱えている方も少なくないはずです。ですが、資金繰りに困ったときにはファクタリングを利用することで簡単に問題解決することができます。

今回はそんな名古屋で資金繰りに困った際に役立つファクタリングの仕組みや利用するメリット、注意点を紹介します。

 

売掛債権の売却によって素早い資金調達が可能

一般的に企業間の商取引というのはは、商品やサービスを売買する際に現金取引ではなく掛取引で行われます。 そのため、商品やサービスを売った側の企業は、支払期日が来て支払いが行われるまでは売掛金を現金化することができません。

ですが、実際に売上金を手にして資金活用するまでのタイムラグの間に、新たな事業に着手するための資金が急に必要になる場合もあるでしょうし、社員の給料の支払いが間に合わないなど資金繰りに行き詰ってしまう可能性もあります。

資金調達の方法としては銀行などから融資を受ける方法もありますが、この場合には厳密な審査が必要となるため融資を受けるまでには時間がかかってしまいます。 そのため、急を要する際の資金調達には不向きです。

その点、ファクタリングは銀行などからの融資と違って、急を要する際の資金調達に最適な手法となります。 ファクタリングを簡単に説明すると、保有している売掛債権を売却することで資金を調達する方法のことです。

そして、この方法を用いれば支払期日を待つことなく売掛金を素早く現金化することができるため、突発的な資金不足の際にはかなり効果的であり、素早く問題を解決することができます。ですから、名古屋で起業したばかりの経営者の方で将来的に急な資金調達が必要となった際には、利用を検討してみることをおすすめします。

 

借入には該当しないため信頼情報を気にする必要がない

銀行やノンバンクから受ける融資というのは借入に該当することになることから、信用情報機関に借入を行っている企業としての記録が残ってしまいます。 それらの記録は各金融機関で共有されるような情報であるため、融資を受けている金融機関の数や借入金の多さなどはもちろんのこと、返済の遅延状況などに関する情報も知られてしまうことになるのです。

そして、過剰債務を背負っている企業や返済の遅延を繰り返し行っている企業の場合には、次に銀行などの金融機関から融資を受けるために申請を行ったとしても審査で断られてしまう可能性が高いのです。

ですが、ファクタリングは売掛債権を売却することで資金を得る方法であるため、融資のように借入には該当しないので信用情報機関に悪い記録を残す心配がありません。そのため、将来的に銀行などの金融機関から融資を受ける際の審査でも不利益を被ることはないので、経営者の方も安心して利用することができると思います。

ですから、名古屋で起業したばかりの経営者の方は、ファクタリングは借入に該当しないため信用情報を気にする必要がないということをしっかりと頭に入れておくと、万が一のときに役立つはずです。

 

資金調達の際に連帯保証人や担保が必要ない

銀行やノンバンクからの融資やビジネスローンを利用する場合には、現状の経営状態はもちろんのことですが、過去に過剰債務や返済遅延があったかなどの情報などを基に厳密な審査が行われます。 また、そういった審査を受けるだけではなく、保証人や担保を用意しなければ融資を受けることはできません。

ですが、売掛債権を売却して資金を得ることになるファクタリングは融資ではないことから、融資の場合とは違って審査も緩いのです。そのため、売掛債権を売却する企業に多少の債務超過や税金の未払い、融資の返済が滞ったことがあった企業であっても、そのほとんどが問題なく利用可能です。

そして、融資のような借入ではありませんから、当然ながら連帯保証人や担保も必要ありません。ですから、名古屋で起業したばかりの経営者の方でも安心して利用することができるはずです。

 

売掛先に知られずに売掛債権を売却して資金化することが可能

ファクタリングには2種類の取引方法があり、自社が売掛債権を買取ってくれる企業と掛取引を行った企業と共に行う3社間のタイプの取引と、自社と売掛債権を買取ってくれる企業だけの2社間で行うタイプの取引があります。

3社間で行う際には掛取引を行った企業に売掛債権を売却することを伝えるだけではなく、そのことに対して了承を得ることが必要になります。 なぜなら、取引先の企業が自社が直接関わる債権を第三者に売却されることに不安を感じ、その手法を取ることに難色を示すことが十分に考えられるからです。

また、この場合には取引先の企業から経営状態が悪化している企業であると判断されてしまう危険性があります。 そのため、よほど信頼関係を築いた企業が相手でなければ、気軽に行うことはできないと思います。

しかし、2社間で行うタイプの取引ならば、売掛先の企業に知らせる必要も理解を得る必要もありません。そういったことから、取引先の企業に経営状態が悪くなっていることを知られることもないのです。

つまり、2社間で行うタイプの取引を行えば、今後も商取引を継続したい企業からの信頼を損ねることなく売掛債権を売却して確実に資金化することができるということになります。 ですから、名古屋で起業したばかりの経営者の方で、売掛先に知られることなく売掛債権を売却したいと考えている方には最適な方法となるはずです。

 

売掛金の未回収と売掛先の倒産による支払いリスクの回避が可能

以前に比べて近年では景気が良くなってきていると言われていますが、外資系企業が日本にも進出してくるなど国内市場における企業間の販売競争は激化しています。

そのため、どんな企業でも売上が落ちて資金繰りが悪化することも考えられますし、最悪の場合には倒産してしまうことも十分にあり得ます。 そういったことから、売掛先の企業の経営状況によって支払期日が来ても現金が振り込まれない場合があり、売掛債権があっても現金化できないこともあります。

また、売掛先の企業が倒産してしまった場合には、商品やサービスは渡しているのに売掛金を回収することができない危険性があるのです。 しかし、売掛債権を売却して資金を調達するファクタリングを利用すれば、売掛先の企業からの入金が遅れた場合や倒産してしまった場合でも、売掛金を回収できないというリスクを回避することができるのです。

ただ、売掛債権を売却した後で売掛先の企業が倒産してしまった場合に、支払い義務が生じるのではないかと不安に思う方も多いかもしれません。

しかし、償還請求権が設定されていないファクタリングならば支払い義務は発生しないので安心して利用することができると思います。 ですから、名古屋で起業したばかりの経営者の方で売掛債権を売却して資金化したいと思っている方は、償還請求権の有無に気をつけて取引することが必要です。

 

手数料や掛け目など契約時に注意することで利益の目減りを防げる

ファクタリングは売掛債権を支払期日前の段階で現金化して素早く資金調達ができるという大きなメリットのほかにも、信用情報に全く影響しないということや、借入に該当しないために審査が緩く連帯保証人や担保が必要ないことなど多くのメリットがある資金調達方法です。

ですが、利用するうえで注意が全く不要という訳ではありません。 ファクタリングを行う場合には売掛債権を売却することで現金化することになるのですが、この場合には必ず手数料を支払う必要があります。

3社間で行うタイプの取引であれば売掛債権の1~5%、2社間ならば売掛債権の10~30%あたりが必要になるのです。 また、当然のことですが売掛債権は満額で買取ってくれる訳ではなく、設定された掛け目によって買取可能な金額が決定されることになり、掛け目の相場は75~95%となっています。

例えば、100万円の売掛債権を売却する際に掛け目が80%に設定されていた場合には、80万円でしか買取ってもらうことができないということですし、その際に手数料が10%である場合には10万円を手数料として支払わなければなりません。

つまり、現金化できるのは70万円となり、従来の利益が目減りしてしまうというデメリットがあるということです。 ですから、取引時には手数料や掛け目に注意しなければ、大きく損をしてしまうことになるので注意が必要です。

 

ファクタリングは、経営者にとって多くのメリットがある資金調達方法です。 しかし、手数料や掛け目の設定、償還請求権の有無などに注意をせず契約してしまえば大きな損失を生み出してしまう可能性があります。

ですから、名古屋で起業したばかりの経営者の方でファクタリングの利用をお考えの方は、これらの点に注意して実際に行動に移すことをおすすめします。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
株式会社JTCの画像
株式会社No.1の画像
記事一覧