名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

名古屋での資金調達|ファクタリングで財産を圧縮可能!

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/06/12

ファクタリングを利用する場合、融資ではありませんから売掛債権を早期に現金化してキャッシュフローを改善することができます。

このシステムを利用して有利子負債を返済すると企業全体の財産を少なくできる手法となります。

ファクタリングと有利子負債の関係は?

早期資金調達する方法には、現在わが国では2つのやり方があります。償還請求権のある売掛担保融資と償還義務のない形で行う売掛売買契約の方法です。償還請求権のある方式では、売買した売掛金が回収困難になった場合、債権額を保証債務とする形となり金融会社ではこの方式をとります。

この形では財務上では保証を行うことで有利子負債と変わりはありませんし、多額な手数料を要求されることもあります。 ファクタリング会社では、ノンリコースの償還請求権のない方式をとっており、買取りした売掛債権が回収困難な状況でも利用者に保証債務を求めない形式です。

名古屋で売掛債権買取の実績が、豊富な「株式会社メンターキャピタル」はもちろんノンリコースで売掛債権を買取りますから、利用者にたとえ売掛金が回収困難になっても負担はかかりません。有利子負債としての売掛金ではなく、売買契約を締結した後は、現金として経理上処理できるのです。 ファクタリングでも売掛金の保証をするのであれば、早期資金化をはかるだけで実質は融資と変わりません。借入れや保証債務に切り替わらない売掛金売買を行うことの意義は大きいのです。

ファクタリングはどう効果を発揮するのか?

売掛金を売買するにあたって財産を圧縮できると言いますがどういうことでしょうか。指定の期日まで資金が入りませんから経理上負債で計上しなければなりません。ノンリコースでファクタリングを利用すれば、売掛金に対する売買契約が成立して現金を取得できます。しかも保証はしなくていいのでその時点でお客様に支払いをする義務がなくなります。

資金調達とリスクの低減が同時に行える効果が発生します。 売掛金をスピーディに現金化することで、キャッシュフローの大幅な改善に繋がることができます。売掛金をこのように継続的に現金化していければ、負債で売掛金を大幅に圧縮することが出来るのです。

このため、経理面での資金繰りが楽になるだけではなくて負債が少なくなる効果を発揮できます。具体的には、銀行などの融資を申し込む際に財務的に非常にうまくいっているとみなされることで、融資の枠を広げることにもつながる可能性があります。また、資金での現金が増えますから新たな仕入れをおこなったり開発資金として利用することもでき取引を拡大することもできます。

利用する際の注意点を理解しておくことが必要です

名古屋のファクタリングを幅広く行っている「株式会社メンターキャピタル」では、売掛金の売買契約でありしかもノンリコースで買取りを行っています。したがって、融資ではありませんから、決算など借入負債には計上されません

ファクタリングには良い面が多くありますが注意点もありますので利用する際には知っておく必要があります。売掛金売買と同時に手数料を引いた売掛金額が支払われることになります。この際の審査は、売掛先の信用を判定して掛け目によって違ってきます。通常1カ月から2か月先に支払われる予定の金額が即日手元に入ることになるのは、キャッシュフローを改善したいと願う中小企業にとってはとても助かります。後刻、売掛先からの資金が会社に戻る仕組みになっているのです。

ここで売掛先と取引上挟まずに実施したい場合は2者間において売掛金の売買契約を結ぶこともできます。通常の流れのまま利用する会社が売掛金を回収してその金額を会社に支払えばいいのです。 売掛金の同意のもとに利用する場合は、売掛金の振込先を指定して同意してもらうことが必要です。3者間で売掛金の売買契約を結ぶことになりますが、なかなか理解が得られないのが現実としてあります。

財務改善につながる売掛金活用を推進するために

利用する会社にとって非常に助かるシステムですが、売掛先の理解は得られないことが多いです。取引に関係のない企業が介在することを嫌って売掛金譲渡を禁止する契約を結ばせている企業が大半です。中小企業としては、早期の資金化が図れキャッシュフローを大幅に改善させる方法ですが取引先の理解を売るのはまだまだ時間がかることになります。

取引事例が多い名古屋で扱う「株式会社メンターキャピタル」では、売掛先にわからない2者間契約での取引が多く問題も発生していません。 中小企業庁などでは、売掛先にファクタリングを推進する活動を進めており譲渡禁止などの対応をとらないように協力を求めています。企業の財務改善につながり信用力を高めることが出来る制度として理解されることが大切です。現状における、資金繰りに困っているのではないかという考え方を改めてもらう必要があります。

制度として定着すれば、売掛金の発生は大幅に減らすことができます。ノンリコースのメリットを売掛金を買い取ってもらうことで実現できるのです。 審査面でも売掛先の財務内容となりますから、赤字決算の会社や新規開業で信用がまだない会社でも売掛金を活用できるのです。

ファクタリングにかかる費用と経理処理

企業会計の知識を有していれば、経理処理でもメリットがあることがわかります。費用でかかるものは、着手金・審査手数料・収入印紙代・債権譲渡登記費用・公正証書の作成費用などがあります。着手金をとらないことが多いですが、他の費用の相場は、0円から20万円と幅が広いです。見積もりを取る際に確認しておくことが大切です。

3者間取引では1%から5%の間で、2社間取引では6%から40%程度と考えられ大きな幅があります。これは、売掛先の信用や買取の金額、今まで利用した実績などを勘案して設定されています。経理の処理では、経費で計上できるので融資のように借入金で処理する必要はないのです。

売掛先の倒産のリスクを負うことがないというメリットは大きいです。経費としてすべて計上することが出来ますから、取引ごとの処理も可能になります。利用することによる負担も経費処理できるのです。 継続的に利用できれば、経費としての負担も軽減でき売掛金をスピーディに現金化できるため、何日も待つことなく最短即日で、50万円から5,000万円までの範囲で幅広く現金化することができます。

ファクタリングを利用するメリットとは

名古屋でファクタリングの実績があり、全国で広く手掛けている「株式会社メンターキャピタル」は非常に高い評価を受けています。なぜなら、システムを熟知していることが実績を生み出すからです。

ファクタリングは、どの会社に依頼してもいいものではありません。売掛金売買を業務としていても売掛金の保証債務を求めるのでは高い手数料を払う必要もない金融業者です。実績のある会社は、独自の審査システムを持っており素早い対応が可能です。素早い現金化ができしかもノンリコースで売掛金が早く現金化できるところにメリットがあるのです。審査に時間がかかっていたり、融資が簡単に受けられるようであれば売掛金を取引先を交える必要もないのです。

取引の多い会社であれば、売掛先に知られることもなく2社間での売買契約を結ぶこともできます。信頼がおけて取引の安全性を確保できることがファクタリングを利用するときは大切です。その点を充分考慮して会社選びから慎重に行うことが重要です。利用する会社と同時に大切な取引先である売掛金のある会社にも迷惑をかけないことが、システムを利用する上で考えられなければならないことになります。

名古屋でファクタリングを利用するなら株式会社メンターキャピタルをおすすめします。効率的な利用をすることによって財務内容を改善して、売掛金をもっているより現金が増えることで新たな取り組みができます。資金を効率よく動かすことが出来るのです。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
株式会社JTCの画像
株式会社No.1の画像
記事一覧