名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

名古屋でもファクタリングをすればすぐに資金が調達できる!

公開日:2019/04/15  

資金がなくなってしまうと会社を運営できません。こういうときに利用できるのがファクタリングと呼ばれるサービスです。これは売掛金を売却して現金を手に入れることができます。

ここではファクタリングの詳細や、おすすめの会社などを紹介します。

 

ファクタリングを知れば資金繰りが良くなる

名古屋で資金調達をすぐにしたいときにはファクタリング会社が利用できます。これからファクタリングを利用するのなら、その前に内容をしっかり把握しておくことが大事です。

企業では商品を作り小売店などに販売をすると売掛金をもらいます。小売店などの小規模な会社はすぐに代金を支払う事ができないので、企業に売掛金を発行します。この売掛金は期日が書かれていて、期日になると現金化できる仕組みをしているのが特徴です。

ただ現金化できるのは2ヶ月後など結構時間がかかってしまいます。すぐに現金化をしたいときにはファクタリングが利用できるでしょう。これは売掛金を買い取ってくれるサービスで資金繰りが困難になった企業が利用可能です。

優れた名古屋にあるファクタリングサービスだと即日現金化してくれます。その際は手数料を差し引かれるのが特徴です。それでも多額の資金を短時間で調達できるメリットがあるので、使い勝手は優れています。

特に中小企業などのお金のやりくりが難しい企業にとってはかなり重宝するサービスです。うまく利用をすれば倒産のリスクを大きく下げる事ができます。

 

タイプが2つ用意されているので把握しよう

売掛債権を買い取ってくれる便利なファクタリング会社ですが、利用をするときにはタイプがあります。

例えば買取型のサービスは企業が売掛金を早期現金化したいときに利用できるのが特徴です。こちらは買取サービスに売却を行う、手数料を差し引かれる一般的なものといえます。銀行が行っている融資などと比べると担保なども必要なく安全に売掛金を売却できるのがメリットです。 基本的に売掛先の信用力が大きく関係します。そのため売掛金を売却する企業は、中小であっても審査に通過しやすいのが最大の強みです。

保証型のものは買取型とは内容が違っています。こちらは資金調達を目的としているものではなく、信用力に不安のある会社との取引時に使うのが特徴です。具体的に売掛債権の貸し倒れリスクを回避するときに使用します。 取引の会社が倒産してしまったら売掛金が回収できなくなるのがネックです。保証会社を利用すれば保証金を支払ってくれるので安心と言えます。

名古屋にあるファクタリング会社を利用して売掛金を現金化するのなら、買取型を利用するのが適切です。

 

買取手段は2つあるので理解しておこう

ファクタリング会社を使って売掛債権を現金化したいときには2つの買取タイプがあります。

1つは2社間取引と呼ばれるもので、手っ取り早く現金化したいときに利用できるのがメリットです。基本的に売掛先に通知などせず取引を行います。相手に売掛債権の売却を知られることがないのが強みで、取引関係に傷が入りません。 手数料は若干高くなりますが、スムーズに現金化をしたいなら最も適したサービスです。

もう1つは3社間取引と呼ばれるもので、こちらは多くのサービスで採用しています。売掛先と買取サービス、債権を売りたい会社で相談をして売掛債権売却するのが特徴です。3社合意の上で取引を行うため、資料作成や段取りなどの作業が必要といえます。これにより2社間と比べると現金化するまで多少時間がかかってしまうのがネックです。 ただし3社間は2社間に比べて手数料が安く設定されています。現金化で手元に残る金額もかなり多いので資金繰りに役立つでしょう。

急いで現金化をするなら2社間を、残るお金を考慮するのなら3社間がおすすめです。

 

支払い方法は2つのものがあるので理解しておくと便利

売掛金を現金化してもらえる便利な名古屋のファクタリング会社ですが、現金化するときの支払い方法は一括割引方式個別割引方式の2種類が選択可能です。

一括割引は支払い日になると一度に現金を支払ってくれる手段で、支払い側にはリスクが少ないといったメリットがあります。また手数料もかなり低く設定されているため、手元に残る金額も多いです。名古屋のサービスでも多くのところで採用されている手段と言えます。

個別割引方式は譲渡した売掛債権を分割して支払ってくれる手段です。サービスを利用した方は、その際支払い金額や支払期日を自由に設定できます。現金がほしいときに都度必要な分だけ現金化できるといったメリットを持ちます。手数料は一括支払いよりも高くなりますが、計画的に資金繰りを行える強みがある方式です。

どちらがよいのか、これは利用者の事業形態などで調整するのが良いです。一括割引方式がメジャーなので、一括では都合が悪いという人だけ分割を使うのがおすすめといえます。以上を理解して売掛金を現金化しましょう。

 

手数料はどれくらいかかるのか?

ファクタリングを利用するときに気になるには手数料です。これは業者の人件費などが含まれているのが特徴で、他にも登記費用や印紙代などもかかります。基本的に手数料は売掛金の買取金額売掛先の与信力などが大きく関係するのが特徴です。固定ではなく状況により変動するので覚えておきましょう。

また2社間や3社間によって大きく内容が変化します。2社間取引の割引率は10%から30%を採用しているサービスがほとんどです。3社間取引の場合は5%から10%とかなり低めの設定をしています。

なぜ2社間の相場が高いのかというと、こちらは売掛先に連絡を入れずに取引を行うのが特徴です。これにより売掛先が倒産してしまうと売掛債権の回収ができなくなってしまうからです。ファクタリング会社にもそれなりのリスクがあるため、やや高めの手数料を設定しているのが理由と言えるでしょう。ただし2社間でも利用者の取引実績が優秀なら、手数料を安くしてくれる場合もあります。

多くの要因が絡んで手数料は変化するので理解しておくとサービスを利用しやすいです。

 

名古屋で売掛債権を売るならここがおすすめ

名古屋には数多くのファクタリング会社がありますが、その中でもおすすめなのがメンターキャピタルです。

こちらは名古屋以外に全国対応をしてくれるサービスで、豊富な実績を持ちます。特に中小企業や個人事業酒の案件に強く、現金化もすばやく行ってくれるのがメリットです。他社で現金化を断られてしまった方も安心でメンターキャピタルなら柔軟に対応してくれます。

何日も待たなくて良いのが最大の強みで即日現金化できる額も多いです。50万円から最高5000万円の範囲内で現金化ができます。

実際にメンターキャピタルを利用した方の9割が満足している実績を持つので安心感も高いです。売掛債権を現金化するときに最もポピュラーな手段といえば2社間取引といえます。メンターキャピタルでは利用法人とメンターキャピタルのみの、2社間取引を採用しているのが特徴です。

会社の取引先との信用に傷が入ることなく売掛債権を現金化できます。セキュリティやプライバシー面も安全なので、安心して2社間取引を利用できるのがメリットです。さらに債権譲渡登記をすることなく売掛債権を買い取りしてもらえます。

 

ファクタリング会社は手軽に売掛債権を現金化できるのでかなり便利です。利用をするときには支払い方法や現金化の手段がいくつか用意されています。安心して名古屋で取引をしたいときには、メンターキャピタルを利用するのがおすすめです。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
株式会社JTCの画像
株式会社No.1の画像
記事一覧