名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

名古屋でファクタリングを利用|3社間で行われる取引の仕組み

公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/04/19

名古屋でファクタリングを利用するという場合、3社で行われるサービスが在ります。

そこで、3社でファクタリングサービスを行う場合にどのような仕組みとなっているのかという事についてご紹介してみたいと思います。

 

ファクタリングとはどんな方法?

ファクタリングは売掛債権の買い取りによる譲渡で、資金調達を図りたいと言う企業や個人などに注目されている方法です。このファクタリングは名古屋でもサービスを提供している会社によっては即日でその日のうちに振り込みなどが可能と言ったかなりスピーディな対応が可能と言われ、急いで資金調達を図りたいと言う人々から注目されています。

また、このサービスは融資とは異なった位置づけで行われているという仕組みを持っており、取引する場合にも融資のデメリットといわれる点とは異なった取引の形態になっているのです。

例えば、融資であればこの方法と比べると時間が掛かると言ったデメリットがあると言われ、すぐに資金調達をしたいと言う場合におすすめの方法とも言えないということなどが挙げられます。そして、融資であれば担保や連帯保証人が必要とされますが、このサービスであればそうしたことも必要とされないと言った違いなども在ります。

そのため、サービスにより手軽に申し込みやすいと言った利点などがあるのです。こうした点でファクタリングは融資にはない特徴を持っているサービスなのです。

 

ファクタリングには3社間と2社間がある

ファクタリングは他の資金調達方にはない特徴などを持っており、独特の仕組みによって取引が行われるようになっています。そこで、ファクタリングの仕組みについてご紹介してみたいと思います。このサービスにはファクタリングに参加する対象が3社なのか2社なのかといった点で違いがあります。

そして、迫のサービスの参加者が3社という場合に行われるのが3社間ファクタリングです。この方法は2社で行う場合と比較すると手数料が低くなると言ったメリットがあります。それに対して2社で行う場合には、3社と比べると売掛債権を発行する側に対して通知をしたり了承を取ったりする必要がないため短期間で実施できるという特徴があります。

3社でこのサービスを行うと言う場合は、2社よりも時間が掛かったり、手続きが多いと言った点があるのですが、手数料がとてもリーズナブルになると言ったメリットがあり、資金調達を図ると言う目的から考えると、3社間で行われる方が理想的といえます。

そのため、資金調達をこの方法で図りたいと言う場合には、まずは3社間から検討していくという事はおすすめです。

 

3社間ファクタリングのメリット

名古屋でファクタリングを利用する時も同様に、3社間と2社間で行われるサービスからよりメリットが多い方法で実施をし易い方法を選ぶという事になります。基本的に、3社間で行われる場合には、売掛債権を発行している側に通知して了承を得て行うという事になり、サービスを申込む側とこのサービスを提供する会社の2社で行います。

しかし、急いでいると言う場合は、相手にも手続きをしてもらうという手間や時間を考えると2社間の方がより手間や時間が掛かりにくいという事になりますので、実施数も多くなっているという事になります。

一方、3社間の場合には手数料が2社間に比べるとリーズナブルであるため、取引先の合意が得やすいと言う場合にはこの方法で行う方がサービスを利用して得られる金額も多くなり、よりお得に資金化を図ることができます。サービスを提供する側にとっても、2社間で行うよりも貸し倒れリスクが低いため、より新車に通過しやすいと言ったメリットがあります。

そのため、3社間は手数料で考えた時や実施のしやすさという点から見た時にはとても利便性が高い方法であるという事ができます。

 

3社間はどのような仕組みになっている?

3社で行うこのサービスは手数料や審査の通りやすさなどを考えると、よりメリットがある方法として注目されています。では具体的にはどのような仕組となっているのでしょうか?

そこで、3社間で行われるこのサービスの仕組みについてご紹介してみたいと思います。3社間ファクタリングでは取引先からの売掛債権が発生した後に、このサービスを提供する会社に3社間でこのサービスを利用したいという申し込みを行います。

3社間のサービスでは、審査前に相手企業の承諾を相手側に捺印してもらい、同意書という形での書類を提出するようになります。そのため、このサービスを提供する会社は申し込んできた人に同意書を渡します。

そして、この同意書を持って相手先に出向き、債権譲渡の旨を伝え、問題がなければ同意書へ署名と捺印してもらうように伝え、書類を用意してもらうという流れになります。

この時、サービスを申し込む会社によっては、名古屋でも一緒に同行して相手先に説明をしてもらえると言ったサービスなども提供されており、申し込みやすいように工夫している会社もあるのです。

 

3社間は相手先の同意も必要な取引

申し込んだ側が支払企業の同意書・承諾書を得ることができたら、このサービスを提供する会社は審査を行います。そして、問題なければ申し込みをした側とこのサービスを提供する会社が債権譲渡契約を結ぶのです。

契約を締結したら、手数料を除いた買取金額を申し込んだ側に支払いをするという仕組みになっています。その後、債権譲渡に同意している相手側が売掛債権の支払期日までに同意書に記載されているファクタリング会社の入金口座に売掛金の金額を入金するという流れになっています。

そうすることで、申し込む側はこのサービスを提供する会社から手数料を除いた資金を早期に調達することができ、取引の相手側も予定通りの金額の支払いを行うという形で物事がスムーズに運びます。

ただ、予定通りの金額を支払う先はサービスを申し込む側の口座ではなく、このサービスを提供した会社であるという違いだけということになり、この会社は手数料を得られるということになるのです。このような仕組みであれば、お互い納得の上でより良い方法が探せるという事にもなるのです。

 

3社が納得して行う仕組みになっている

3社間で取引をすることで、手数料が2社間で行われるよりも安いと言ったメリットがあります。そのため、資金調達を図りたいと言う場合にはメリットがあるサービスが3社間のサービスなのです。3社間で行うと言う場合には、売掛先の同意が必要となります。

その理由は同意書に基づいて支払日に直接このサービス会社に対して振込み等を行う必要があるからなのです。このような手続きを取ることで、このサービスを提供する側も貸倒れると言うリスクが2社間より低くなると言う事で手数料が安くなるのです。

したがって、このサービスの手数料相場では3社間は1%から5%くらいになっており、2社間の6%から40%と比較するととてもリーズナブルになっていると言えます。この手数料の安さが3社間で行われるこのサービスの最大のメリットと言えます。

また、このような貸し倒れリスクの低さはこのサービスの審査にも良い影響を与え、こうした審査にも通り易いと言ったメリットがあるのです。 このように、このサービスが3社間で行われる時には独特の仕組みで行われているのです。

 

ファクタリングサービスには3社で行う方法と2社で行う方法が在ります。3社で行う方法は売掛債権元に通知して同意を得て行われると言うシステムになっています。

そして、手数料も2社で行われる場合と比較するとリーズナブルというメリットがあります。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
株式会社JTCの画像
株式会社No.1の画像
記事一覧