名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

ファクタリングはなぜ借入にならない?その仕組みとは?

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/11/01

資金調達に困ったときはローンを利用する選択が一般的ですが、借りられないときはどうすればいいのでしょうか。

ここでは金融機関から借りられない場合の切り札となるファクタリングの特徴、借入にならない理由、中小企業におすすめしたい理由、などについて説明しています。

ローンを利用できないときに役立つ資金調達方法

会社経営の大きな課題と言えばスムーズな資金調達であり、そのために銀行からの融資は欠かせません。銀行から借りられない場合は、金利は高くなりますがノンバンク系を利用する人が多いでしょう。

消費者金融や信販会社などのノンバンクからも借りられない場合は、金融機関からの信用力が低い状況にあります。どのようなローンにも言えますが、他社返済を延滞していたり、過去に債務整理をしたりしていると融資を受けることができません。

信用力に余力がある状態なら、税理士事務所に相談すれば融資を受ける対応策を教えてもらえる場合がありますが、個人信用情報に傷がついている状態にあるなら無理です。

そんなときに重宝する資金調達法がファクタリングであり、運営資金の確保や赤字経営からの脱却に役立ちます。その仕組みは取引先の売掛債権を売却し、価値に相応した金額を受け取るというものです。

売掛金を担保にして借りる場合は融資となりますが、売却する場合は融資には該当しないわけです。名古屋には最短即日で対応してくれる会社があり、緊急時の資金不足を解消する手段として重宝されています。

売掛金を売却して資金を得るので、信用情報機関の履歴は関係ありません。たとえローンの長期延滞をしている状況にあっても、問題なく資金調達が可能です。

もちろん売掛金をすぐに回収できる状況が好ましいですが、それができないときに重宝するわけです。名古屋では主に中小企業の資金繰り対策として活用されていますが、最近は個人事業主や債務返済に困っている個人を対象としたサービスが増えてきています。

売掛債権を売却するという性質から取引先にバレると思うかもしれませんが、二社間で協議する場合はその心配はありません。周囲に資金難の事実を知られてしまうと、今後の取引に悪影響を与えてしまう可能性があります。健全な取引を継続するためにも、できることなら取引先には知られたくないでしょう。

名古屋に本社がなくても、全国対応しているファクタリング会社なら出張買取に対応してくれる場合が多々あります。50万円程度の少額から数千万円の高額まで対応している会社もあります。ローンや税金の滞納をしていて融資を受けられない人でも、素早く資金調達できる可能性が高いです。

ローンではないので返済は不要

ファクタリングを利用したら返済しないといけないと考えている人が多いですが、そもそも借入にならないのでその心配はいりません。ローンの場合ですと種類を問わずに、審査のとき個人信用情報機関の履歴をチェックされます。

ここで過去の借入・返済状況に問題がないかチェックされ、問題なしと判断された場合のみ融資されるわけです。審査で嘘をついてもバレると言われる理由は、信用情報をチェックされるからです。過去に数ヵ月の返済延滞をしたり、債務整理をしたりした情報はすべて記載されています。

ファクタリングの場合は売掛債権を売却する方法、つまり住宅やクルマを売却して資金を得る方法と似ています。担保ローンの一種とされることもありますが、この場合は担保を用意して借入する融資です。

つまり融資とは根本的に仕組みが異なるため、借入金を返済する必要はありません。それゆえローンを利用できない人、または追加融資を受けられない人に適しているのです。ビジネスローンは事業資金に特化した融資ですが、際限なく借りられるわけではありません。

最終的に融資をするかどうかは金融機関が判断しており、無理だと判断すれば1円も借りられないわけです。審査に通過できない状態になったら、返済能力がないとみなされている証拠です。こうした状態で繰り返し審査を受けていると、さらにローンの利用ができなくなります。

信用情報には過去の利用状況だけでなく申し込み履歴も記載されるからです。何度ローンの申し込みをしても不可となる場合は、借入する発想を捨てることも大切です。名古屋でファクタリングを利用する場合、審査通過率の高い会社にこだわりましょう。

ローンには該当しませんが、一定の審査があることに違いはありません。着実に資金を調達するためには、審査通過率が高い会社に申し込みする必要があります。現在はサービスの多様化によって、全国どこからでも利用できる会社が増えてきました。

例えば名古屋にいながら東京に本社がある会社から資金調達を受けることができるわけです。資金の用途は多岐にわたっており、事業資金だけでなく借金や税金の支払い、赤字決済の解消など幅広く活用できます。

中小企業の資金調達法として最適な理由とは

大手企業は内部留保に余裕があり、潤沢な資金力を活かして金融機関からの信用を得ることができます。これに対して中小企業は資金力に余裕がなく、金融機関から融資を受けにくい現実があります。

ローンの金利は申込者の信用力と比例して決まる部分が大きく、信用力の低い会社や個人が借入するためには高金利ローンという選択肢が主流になるわけです。高金利になるほど利息は増えるのは当然で、それにより総支払額が増えるので返済期間が長くなるという悪循環に陥ります。

利息は日数で加算される仕組みですから、高金利ローンほど借入残高が減らないという状況になるわけです。つまり資金繰りに困っている会社は、さらにキャッシュフローが悪化して自転車操業になりやすくなります。

こうした悪循環を断ち切るためにファクタリングは最適で、売掛先からの入金前に現金化できるのがメリットです。借りるわけではないので負債にはならず、周囲への心証を悪化させにくいのも特徴です。審査で問われるのは売掛先の支払い能力ですから、申込者に支払い能力がなくても利用できるケースが多々あります。例えば他社借入が相当に多く、債務超過に陥っていても資金調達できる可能性が高いです。

二社間で協議するファクタリングの場合は当事者以外にバレてしまう心配はありません。

三社間の場合は売掛先も含めて協議するので現況を確実に知られることになります。

ただ三社間のほうが買取額が高く設定されているので、より多くの資金を調達できるのが強みです。プライバシー性と調達金額を考慮したうえで、二社間と三社間のサービスを使い分けてください。二社間のサービスでは売掛債権の集金代行業務委託契約を結ぶことになります。

それにより売掛金を前払いで受け取ることが可能になり、売掛先から売掛金の振込がされたら、そのお金をファクタリング会社に支払いするわけです。それゆえローンと混同する人が多いですが、お金を借りているわけではないのが特徴です。

わかりやすく言えばローンではなく、クレジットカードの仕組みと似ています。カード会社が消費者の代わりに代金支払いを代行し、消費者があとからカード会社に支払いするシステムです。

 

ファクタリングはローンとはまったく性質が異なり、そもそも借入には該当していません。それゆえ個人信用情報機関の履歴に問題があっても、資金調達できる可能性が高いのです。もちろん返済をする必要性はなく、あくまで売掛債権を売却して資金を得るという方法になります。

資金繰りに困っている中小企業に人気のサービスで、全国対応している会社なら名古屋の中小企業の売掛債権買取に対応してくれます。二社間のサービスを活用すれば売掛先に債権売却の事実が発覚する心配がなく、秘密裏で資金確保が可能です。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
株式会社JTCの画像
株式会社No.1の画像
記事一覧