名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

名古屋での資金調達でファクタリング業者利用時の注意点は?

ファクタリングを行えば、売掛債権を売却することで支払期日前の売上金を素早く現金化できる上に、借入に該当しない資金調達方法であることから、近年では名古屋でも利用する企業が増えています。

ですが、多くのメリットがある反面で、利用時にいくつか注意点があるのです。今回はその注意点を6つほど紹介していきます。

 

悪徳業者かどうかを見極めることが必要

銀行やノンバンクなどから融資を受ける場合と違って、ファクタリングは借入に該当しません。 そのため、信用情報に全く影響がないというのが大きなメリットとなっています。

しかし、そういったメリットがあるが故に、ファクタリングというのは貸金業にはならないのです。 そのため、貸金業の場合と違って登録や認可の必要がなく、手数料を規制するような法律もないことから悪徳業者が参入しやすい業界となっています。

もちろん、名古屋でもそういった業者が数多く存在することが考えられますから、名古屋で将来的にファクタリングを行うことがある場合には、利用する業者が悪徳業者かどうかをしっかりと見極めることが必要になってきます。

手数料の相場は高くとも20%と言われているにも関わらず、それ以上の手数料を要求するような所は怪しいと考えた方が良いと思います。 また、契約書を交付しないような業者や高金利の融資を持ちかけてくるような所は悪徳業者だと考えて間違いありません。

それから、基本的に悪徳業者というのは対応や説明が雑という特徴があります。 ですから、取引に関する交渉の段階から対応するスタッフの動向をチェックしながら、契約内容でおかしな点がないかを確認することが必要になります。

 

売掛先の信用度が低ければ審査に落ちる

銀行やノンバンクなどから融資を受ける際には、厳しい審査に通る必要があり、現在の経営状態や過去の債務状況などに問題があると判断された場合には、融資を受けることができません。

しかし、売掛債権を売却することで資金を調達するファクタリングの場合には、自社の経営状態や債務状況などは一切関係ないため審査も通りやすく、例え銀行などからの融資が断られている状況でも気軽に活用できるというメリットがあるのです。 このように経営状態が悪い企業でも気軽に活用できる資金調達方法ではありますが、売掛先の信用度によっては審査に通らない場合もあるので注意が必要になります。

なぜなら、差し押さえを受けていたり事業譲渡の可能性があるなど経営状態が悪く不安定な業者が売掛先だった場合には、確実に売掛金の支払いが行われる可能性が低くなるからです。 そのため、取引先の信用度が低い企業であった場合には、この手法では短期間に資金を調達することができないことが考えられます。 ですから、名古屋でファクタリングを行う際には、取引先の信用度についての注意も必要です。

 

業者ごとに設定が違う手数料や掛け目に注意

ファクタリングは、売掛債権を売却することで素早く資金化する方法です。 そのため、支払期日よりも早く現金を手にすることができるというメリットがあります。 ですが、売掛債権を購入する業者は、満額分の価格で買取を行ってくれる訳ではありません。 なぜなら、それでは自社に利益をもたらすことができないからです。

そして、その利益を自社にもたらすために、手数料や掛け目を設定しているのです。 掛け目の相場は70~90%、手数料の相場は15~20%ほどとされています。 ちなみに掛け目とは売掛債権の額に応じた割合のことで、掛け目によって買取価格が変化します。

例えば、掛け目が80%で手数料10%に設定されている場合に100万円の売掛債権であれば、買取額は80万円で10万円の手数料がかかるため、実質手にすることができるのは70万円となるということになります。 つまり、売掛金の額の範囲内でしか資金を調達できないということであり、本来であれば手にすることができる売上金が目減りしてしまうというデメリットがあるのです。

ですが、業者ごとに設定している掛け目や手数料は違いがあります。 ですから、ファクタリングを行う際には、利用する業者が設定している掛け目や手数料に着目して業者選びをすることが必要となるのです。

 

取引先に売掛債権の売却を知られて信頼を失わないため

ファクタリングは売掛債権を売却することで資金を調達する方法ですが、資金繰りが正常に行われていればこのように利用する必要がありません。 そのため、取引先の企業に売掛債権を売却したことを知られてしまうと、経営状態が悪い企業だと判断され信頼を失ってしまうことが考えられるため、活用することを躊躇っている経営者の方も多いと思います。

ですが、ファクタリングには自社と売掛債権買取業者との2社間で行うタイプの取引と、その2社に売掛先の企業を加えた3社間で行うタイプの取引があり、2社間で行うタイプの取引であれば売掛先の企業に知られることなく売掛債権を売却することができるのです。 しかし、どちらのタイプの取引の仕方を導入しているのかは業者によって違います。

3社間の取引ならば、取引先に売掛債権を売却することを知られてしまい信頼を失う恐れがありますが、手数料を安く済ませることができるというメリットがあります。 また、2社間の取引ならば、取引先に知られることなく売掛債権を売却することはできますが、手数料が高くなってしまうというがデメリットとなるのです。

つまり、信頼を失いたくない企業が相手の場合には2社間を選ぶことが最適な方法となるということです。 ですから、業者選びの際には、どちらのタイプの取引形態を用いている業者なのかを確認することが重要になります。

 

売掛先が倒産した場合の返済リスクを防ぐため

ファクタリングを利用して素早く資金を調達する場合には、売掛債権を売却することになります。

つまり、売却が完了した時点で買取業者の財産となることから、その後に売掛先の企業が経営難に陥るなどして支払いが遅れてしまったり、倒産して支払いが行われなかったとしても、返済義務は発生しません。 そして、こういった売掛先の企業が倒産した場合にも支払義務が生じないという点も、ファクタリングを利用する際の大きなメリットとなっています。

しかし、売掛債権買取業者との取引で償還求償権が設定された契約をしている場合には、売掛先の企業が倒産して支払いが行われなかったときはもちろんのこと、返済が期日通りに行われなかったときにも売掛先の企業に代わって返済義務が生じてしまうことになるのです。 ですから、万が一のときに返済義務を肩代わりするようなことにならないためにも、契約を交わす前に償還求償権が設定されているのかいないのかを確認する必要になってきます。

また、電話など口頭で償還求償権は設定していないと言われていても、契約時に設定されている場合もありえますから、手数料などのことも含め契約上大事なことはメールなど文面で知らせてもらうことが重要です。

 

二重譲渡や使い込みは犯罪となるので注意が必要

売掛債権買取業者と契約を交わした後に、そこよりも手数料が低かったり掛け目が高いなど条件の良い業者を見つけることもあると思います。 その場合に少しでも高値で売掛債権を買取ってもらいたいという思いから、他社とも契約を結んで売掛債権を二重譲渡してしまう経営者の方もいるかもしれません。

しかし、その二重譲渡という行為は契約上の禁止行為でもあり、詐欺罪として刑事告訴の対象となってしまうので注意が必要です。

また、3社間によって行われるファクタリングの場合、売掛先の企業からの支払いは売掛債権を売却した企業に一旦行われてから、売掛債権買取業者に支払われることになります。 そして、その際に使い込んでしまうことが考えられるのですが、すでに売掛債権の譲渡は完了しているため使い込みをしてしまうと業務上横領罪として刑事告訴の対象となるのです。

経営状態が行き詰まるとつい二重譲渡や使い込みなどの行為に走ってしまうことが考えられますが、これらは明らかな犯罪行為です。 企業としての信頼を著しく損なうことになるため、今後の経営にも大きな影響を及ぼします。 ですから、名古屋でファクタリングを行うことを予定している経営者の方は、二重譲渡や使い込みは絶対にしないことをしっかりと頭に入れておくことが大切です。

 

急な資金調達が必要になった経営者の方にとって、素早く売掛債権を現金化できるファクタリングは多くのメリットがある魅力的な手段だと思います。 しかし、当然のようにデメリットもありますから、注意するべき点に気をつけて安全に利用することが大切です。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
記事一覧