名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

ファクタリングが向いている業界とは

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/30

売掛金は会社にとっては非常に大切な資産です。しかしこの売掛金は、支払期日まで現金化する事ができないという弱点があります。そこでファクタリングを上手く利用すれば、支払期日前に資金調達をする事もできて便利です。ではこのファクタリングでの資金調達が向いている業界とはどのような所なのか、詳しく見ていきましょう。

病院や介護事業等の医療業界は向いています

病院や介護事業といった医療業界では、診療報酬の受け取りはかなり遅れます。なぜなら報酬のほとんどは社会保険や国民保険から支払われるからです。たとえば病院で患者が診察を受けた場合、健康保険証を使えば患者の診察料金は1~3割負担で済みます。残りの7~9割は病院が社会保険や国民保険に請求するという形です。介護事業者や調剤薬局も同じ形です。

そのため報酬の大半は、サービスを提供してからおよそ45日もかかってしまいます。とくに名古屋のような大都市で病院や介護事業を運営するためには、医者や看護師の人件費や医療機器の購入費用、さらには医薬品の購入等たくさんの資金が必要です。それにもかかわらず診療報酬を受け取るまで1か月以上かかるので、中には人件費や設備投資の支払い等の資金繰りができなくなってしまう病院や介護施設も出てきてしまいます。

そこで有効なのがファクタリングです。病院や介護事業では診療報酬ファクタリングが適用されるので、これを利用すれば早期に資金調達する事が可能です。しかも医療業界は一般企業と比べても資金を回収できなくなるというリスクも低いため、手数料も低く設定されています。その結果多くの病院や介護施設がこのシステムを活用しています。

ゼネコンや建設業界は向いています

一般的に名古屋等の大都市にあるゼネコンや建設業界は大口の案件が多いため、ファクタリング等必要ないと考えている人もいるかもしれませんがそんな事ありません。実際悪天候や作業場でのトラブル等が発生する事もあり、その結果作業を計画通り進める事ができず、資金繰りに困ってしまうというケースも多いです。

また建物を建築するにあたって、資材を自社で前もって仕入れて、工事がすべて完了した後にそれらの代金を受け取るという事も多いため、案件が大口であればあるほど先払いしなければならない資金が大きいというのが現状です。それならば銀行から融資を受ければよいという考えもありますが、その場合審査等に時間がかかりなかなか融資が受けられないという事もあるため、ファクタリングは非常に向いています。

ただファクタリングを利用している事が世間に知られてしまうと、あの会社は資金繰りが苦しいのではないかと疑われてしまう事を恐れている会社もあるので、その場合は2社間取引を利用すれば売掛先に知られる事もないので安心です。

ファッション等のアパレル業界は向いています

アパレル業界は、商品の仕入れから販売まで比較的長い時間がかかるため、たくさんの在庫を抱え込んでしまうケースが他の業種と比べても多いです。そのため、実際の経営状態は悪くないのに、一時的に資金繰りが悪化してしまう事があります。

またこの業界の特徴として挙げられるのが、季節毎によって必要となる資金も変わるという点です。たとえばシーズン毎に行われるセールに合わせて大量の商品を入荷したにもかかわらず、天候の悪化等の影響で客足が伸びず、予想以上の売れ残りが出てしまい在庫の山を抱える事になってしまったというケースが少なくありません。

とくに大変なのが冬のセールです。冬物は夏物と比較しても生地が多く分厚いため、原価が高くなります。それにもかかわらず暖冬等で売り上げがよくないと、一気に資金繰りが厳しくなってしまいます。

このようなリスキーな事を毎冬毎に行っていては、安心して会社運営をしていく事ができません。そこでファクタリングを利用すれば、安定的に運営も行っていけるので、ファクタリングの利用は非常に効果的で向いています。

トラックで荷物を運ぶ運送業界は向いています

トラックで日本全国に荷物を運ぶ運送業は、急に資金が必要になる事が多い業界です。たとえば人件費や燃料費、車両整備費と基本的な費用に加えて、車両トラブルや事故、さらには燃料の高騰により予定外の出費がかさむ事も珍しい事ではありません。事故や故障は、保険に入っていれば問題ないと考える人もいるかもしれませんが、それでも保険金が支払われるまでは一定の時間がかかってしまいます。

確かに近年のインターネット通販の普及により、仕事量が増えているのは事実です。とくに繁忙期には受注量が大幅に増えて、たくさんの売り上げを期待する事も可能です。

しかしその反面、仕事が増える事によって車両や人材確保、燃料費の負担もそれと比例して大きくなります。その結果仕事はたくさんあるにもかかわらず、料金の支払いのほとんどが月末締めで翌月の後半に支払われるという事が多いので、それを回していく運転資金が足らず黒字倒産になる事も充分あり得ます。

そこで有効なのがファクタリングの利用です。新たに車両購入をしたときや、事故や故障によるトラブル等で急に資金が必要になったときに利用できるので、運送業界にファクタリングは非常に向いています。

物を作って販売する製造業は向いています

製造業のスタイルとしては、一般的に元受けの会社から製品製造の依頼を受け、それを指定日までに作って納品して後日お金が支払われるという形です。そのため製品を作る材料費や人件費は最低でも数か月間前もって負担する必要があります。しかし実際の所、材料の仕入れ代や人件費さらには機械を使う時に必要な光熱費等は莫大で、黒字なのにもかかわらず資金が振り込まれるまで耐える事ができず倒産してしまう事もある業界です。

しかも製造業の会社は設備投資にもお金がかかるため、金融機関から融資を受けている所も多く、借金を抱えている所も名古屋のような大都市には多いです。そのため融資を新たに受ける事が難しい、これ以上借金を増やしたくないと考えている会社も少なくありません。

さらに製造業は機械の故障により製造ラインが停止してしまうというリスクを抱えています。そうなると製品を作る事ができず、納品する事もできなくなってしまいます。そうならないためにも、常に機械のメンテナンスも必要ですし、トラブルが起きたらすぐに修理できるようにある程度の資金を手元に確保しておく事も重要です。

こうした会社が多い製造業にとって、負債を増やす事なく資金調達ができるファクタリングは非常に向いています。一時的なつなぎ資金として上手に利用する事ができれば、会社を安定して運営していく事ができます。

派遣会社等の人材派遣業は向いています

人材派遣業は、自由に働き方を選べる事から近年利用する会社も増えて来て、経済的にも安定している業界です。しかしそれでも資金繰りが悪化してしまうケースがあります。

なぜなら人材派遣業は、基本的に従業員に対する支払いを期日内にする必要があるにもかかわらず、実際派遣先の会社から入金がされるのは数か月先になるからです。しかも名古屋のような大都市に限らず、全国でも派遣会社の数は増えてきており、価格競争が激化し単価を下げながら仕事を調達しているのが現状です。

その結果数か月待たされた挙句、派遣先の会社からの入金もそれほど大きくなく、それでいて従業員には給料を期日内に前もって払わないといけないため、経営が悪化してしまうというケースも少なくありません。

さらに自社に登録している従業員が派遣先で何らかのトラブルを起こしてしまうと、すぐに契約は打ち切られてしまい入金もされない恐れがあります。加えて違約金の請求すらされるかもしれません。そうなるとさらに資金は必要となり、最悪倒産という事も充分あり得ます。

そこで有効なのがファクタリングです。これを利用すれば従業員に支払いが集中する時期や、急な出費さらには派遣先の会社から入金されるまでのつなぎ資金としてかなり役立つので、非常に向いています。

 

ファクタリングが向いている業界はいろいろあります。しかしどれも共通しているのは、取引先からの入金が遅れてきたり、予期できぬトラブルによる出費のリスクを常に抱えていたりして、資金のショートを防ぐために一時的な資金調達が必要な所が多いという点です。こうしたリスクによって、黒字にもかかわらず倒産してしまうのはあまりに忍びないので、ファクタリングというシステムを上手に利用して会社を運営していきましょう。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
株式会社JTCの画像
株式会社No.1の画像