名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

ファクタリングの相談は弁護士にする?

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/07/29

名古屋が日本の経済都市といわれる所以として、日本の産業を支える電化製品のメーカーなどが東海地区全域に点在しているからです。そんな日本の経済を支える企業だからこそ、名古屋の企業がこぞっておこなっているのがファクタリングという資金調達法です。

第3機関を通して資金調達すること

企業が資金調達でおこなうファクタリングは、第3機関を通して決まった期日になったら売掛金および小切手を回収して資金回収をしてもらうことです。企業同士の物品のやり取りをするには資金が必要ですが、大量の製品を作るには同時に材料も必要になるので仕入れる必要があります。

ただ、大量の材料を仕入れるにしても、当然ですが大量の資金が必要になるのですぐに用意できるものではないです。そこで企業と銀行が仲介をして話し合いをしたうえで、商品を作るための材料費の支払いを月額など決まった期日に支払うようにするのです。

その際に後日資金を支払う約束として、売掛金の明細書もしくは小切手といった約束手形を相手に渡して企業経営を円滑に進めます。それによって受け取る側も約束された金額を入手できるので、それをもとに経営方針を立てることで利益に良い循環を生み出すのです。

しかし、後日受け取るにしても、ここで問題になるのが回収方法です。確かに売掛金の明細書や小切手といった約束手形は便利ですが、やはり数が多ければ多いほど回収に時間がかかってしまいます。その回収に人員を割いてしまうと、資金調達の流れがうまくいかなくなってしまい企業への負担となってしまうのです。

そこで回収に人員を回さずに効率よく売掛金もしくは約束手形を回収するために利用するのが、このファクタリングというものになります。ファクタリングは専門企業のサービス事業の名称であり、その役割というのは後日資金を受け取る側の企業が契約をすることによって決まった期日になったら代わりに回収してくれるのです。

サービス企業にとっては契約する際に契約料金を支払うことで合意して利益を上げ、そして受け取る側の企業は回収の一部を契約している企業の契約料金に当てますが十分に見返りはあります。

サービスを利用するメリットは、まず大量の回収する企業があったときにすべての企業の現金回収をしてくれるだけでなく回収した企業の情報を明細書として送付してくれます。受け取る側の企業は経営方針を立てることで利益に良い循環を生み出すことがメリットと言いましたが、そのメリットを生かすためには当然ですがどれだけの金額が回収できたのか会計部門に送って収集し明確に知る必要があります。

本来であれば情報の収集とまとめには時間がかかるのですが、企業に依頼すると収集の部分は完全に完了した状態で書類が発行されて送られてきます。その情報をもとに貸し借り対照表などを作成することで、決まった期日に受け取った額がわかれば経営方針を立てることができるのです。

回収する企業の数と企業が設定している金額によっては契約料金が高額になりますが、やはり時間がかかってしまう回収に人員を割く必要がなくなるのでさまざまな企業が集まる名古屋では利用する企業が増えています。

資金調達に弁護士と連携することが大事

ファクタリングの企業と提携する際に、もう一つ重要になるのが弁護士と相談をしたうえで契約してことに当たらせることです。なぜ弁護士と契約する必要があるのかというと、それはファクタリングの弱点を未然に防ぐことです。

この事業のことを今一度おさらいすると、商品と資金の交換を円滑にするために売掛金もしくは約束手形という形で後日支払うという形で契約します。後日支払うという形をとるので、契約した企業に決まった期日を伝えておいて回収してもらうというサービス業です。

そのうえでこのサービスを受けるうえでの弱点というのは、この後日支払うというキーワードが重要になってきます。後日支払いすることによって現金を当日に用意できなくても品物を送ることで物流の循環をおこなうのですが、その期日に入るまで回収をしないように約束をすることが問題を起こすことを意味します。

企業経営というのは厄介なもので前日まで順調に経営していたはずが、例えば世界的に流行するウィルスショックや他国の貿易戦争などの影響によって順調だったはずが翌月には一気に下降するということはよくあるのです。そういった不確定要素による経営減速を受けると、余力のある大企業以外は倒産するリスクがあるのです。

さらに最悪のケースとして、後日支払う義務がわかっているので当事者である支払う側の企業が虚偽の報告をすることです。支払う側にとっては負担を軽減したいので、その誘惑に勝てずに本来払える額を虚偽申請して少なくするということをおこなう場合があります。

不確定要素による経営減速は仕方のないことにせよ、もし支払う側が虚偽報告をしてしまった場合には信頼関係を著しく損なうだけでなく双方の経営に大きな支障をきたしてしまうのです。

そこで不確定要素の経営減速そして虚偽報告による弱点をなくすために、何度も言うように弁護士と契約することが重要になります。弁護士と契約することによって、まず相手企業の情報を別口で収集します。

もし収集した情報の中で、これから経営が悪化して資金回収ができないと判断した場合には収集日に限らず即座に回収をおこなうように手配してくれるのです。もちろん予定日ではないので回収額自体は少なくなりますが、最大のデメリットである回収不可能という自体を防ぐのに役に立ちます。

依頼するときには実績がある事務所に任せよう

ファクタリング企業と提携すると同時に弁護士も提携する理由は、不確定要素による経営減速と相手の違法行為を未然に防いで回収するためです。

ただ、実際に弁護士に依頼するときには、必ず弁護士の実績を下調べしてから契約するのが望ましいといえます。ファクタリングと連携することによる弁護士活動は、ほぼすべての弁護士事務所がおこなっているサービス事業です。

現金回収は、通常の弁護士活動とは意味合いが少しだけ違うので別のノウハウが必要になります。そのためファクタリングに役に立つといって、弁護士事務所によって実績に差があるのです。

もし実績があまりない事務所を選んでしまうと、まれにですが相手との話し合いが破綻するもしくは隠ぺいに気付かないということも起きる場合があります。そのため弁護士と依頼するときには、必ず周辺企業との口コミとネットでの情報で下調べをしてから、単社だけで選別するのではなく必ず複数の企業と話し合いをしたうえで納得して契約することが重要です。

 

企業経営を円滑にするためには商品入手だけでなく資金調達も大事なので、その手段として後日まとめて支払う約束をするための売掛金や約束手形という形は合理的といえます。

ただ、企業の取引先が多ければ回収する額も多くなるので、そのために経理に人員と時間を割いてしまうと経営の負担になってしまいます。そのために存在するのがファクタリングであり、信用ある第3者機関と提携して回収してもらうことによって人員を割く必要がなくなり負担軽減につながります。

弱点としては、後日支払いなので企業に問題があると回収できない事案も発生するリスクがあります。それを避けるためにも、必ず弁護士とも連携してことに当たることが重要になるのです。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
株式会社JTCの画像
株式会社No.1の画像