名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

名古屋で資金ギャップのピンチを脱出するならファクタリングがオススメ

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/04/12

日本の企業間取引きでは、商品を売却した後お金が振り込まれるまで時間がかかることがあります。これを資金ギャップといますが、小さな企業ほど資金ギャップが生まれることによりピンチに陥りやすいです。

そのようなときファクタリングを利用するのがよいですが、いったいこれはどのような仕組でしょうか。

 

どのような場面で利用するべきなのか

名古屋でファクタリングを利用するときは、その仕組みを理解しておきたいものです。まず、大前提として売掛金が発生していることが基本になります。

通常の会社間取引きでは、商品やサービスを提供している会社は、相手の会社に対して商品やサービスを提供する代わりにお金を受け取ることになります。この将来受け取るお金のことを売掛金といます。

売掛金とは債権のことで、お金を請求できる権利のことです。 債権者と債務者と呼ばれる言葉がありますが、債権者とはお金を請求する権利つまり債権(売掛金)を持っている会社のことをいいます。

一方債務者とは商品を購入してこれからお金を払う業者のことです。 このとき問題になりやすいのは、債権者がお金つまり債権を手に入れるまで2カ月から3カ月ほどかかってしまうことでしょう。

通常企業間の取引きでは現金払いのことが少なく、たいていの場合は手形取引きになりますので、現金化されればそれなりに時間がかかります。60日手形90日手形と呼ばれるものがありますが、いずれも60日ないしは90日ほど待たなければ現金化されないのが問題です。それまでの間に赤字が出てしまう可能性もありますので、そのような場合にファクタリングを利用することになります。

 

3社間で行う場合の特徴を理解しよう

ファクタリングは、大きく分けて3社間によるものと2社間によるものが存在しています。このうち3社間の特徴は、業者が債権者に対して直接売掛金を貰う代わりにその分に匹敵するお金を債権者に与えることです。

業者は債権者から売掛金を譲り受けますが、これを民法では債権譲渡といいます。そのため、民法の債権譲渡に関する手続きに従う必要があります。

債権譲渡する場合には、債権(売掛金)を譲り受けた業者は債務者に必ず通知をすることが必要です。ようするに、債権者が持っていた債権(売掛金)を業業者に渡すことを知らせる必要があります。

それを知らせなければ、誰が債権者なのかわからないからです。しかもそれだけでなく、債務者の承諾を得ることが重要です。

債権譲渡の通知をしたうえで、債務者の承諾があって初めて債権譲渡が成立します。この承諾があれば3社間のファクタリングは成立するといってよいでしょう。

逆に、承諾しない場合もありますが、この場合は成立しないことになります。つまり、3社間においては債務者の意思が非常に重要な役割を果たしていることが理解できるでしょう。

 

どれぐらいの現金を手に入れることができるか。

債務者が債権譲渡の承諾をするとファクタリングが成立しますが、この時債権者はどれぐらいのお金を手にすることができるでしょうか。業者よって異なるものの95~98%程度のお金を手に入れることができるとされています。つまり、商品を売却して将来的に手に入る売掛金が1000万円だった場合、950万円から980万円は業者からもらうことができるわけです。

このように、比較的多くのお金を手に入れることができるのは、業者がほぼ確実に現金を手に入れることができるからです。 ちなみに、現金が入るまでは数日間かかります。

そもそも相手方が債権譲渡の承諾をしてくれなければ話しがはじまりませんので、債権譲渡の承諾を待たなければなりません。承諾後すぐ現金が債権者のもとに振り込まれるわけです。早くて3日程度と考えておけばよいでしょう。

ちなみに名古屋でファクタリングをするときの条件ですが、基本的に保証人や連帯保証人は必要ありません。また、担保も必要としない点が大きな魅力でしょう。そのため、名古屋の銀行でお金を借りようと思ったけども担保や連帯保証人がいなくて貸してくれなかった場合でもファクタリングを利用すれば比較的容易にお金を手にすることができるわけです。

 

3社間の問題点も理解しておこう

3社間のファクタリングを行う場合、一体どのような問題点があるでしょうか。そのうちの一つは、すぐに現金が入らないことです。

例えば、資金繰りが非常に厳しくその日か翌日ぐらいまでに現金を必要としている場合、3社間の形態はあまり有効ではありません。むしろ、のちに説明する2社間の形態の方が比較的早い段階でお金を手に入れることができます。

もう一つの問題点は、債権譲渡の通知により承諾を得ることができない場合があることです。そもそも、債権譲渡している時点で債権者自体はそこまでお金に余裕がないことが理解できます。お金に余裕があるならば、わざわざ債権譲渡をしてすぐに現金を手に入れようとはしないでしょう。

そこで債務者は、場合によっては取引きをしている債権者の資金繰りが厳しそうなので、敢えて債権譲渡を認めず取引きをしないといった考え方を持つ場合もあり得ます。 債務者が債権譲渡の承諾をしてもしなくても、3社間で行う場合は債務者に対して債権者が財政難なことがばれてしまい不都合な面があることをよく理解しておかなければなりません。

 

2社間で行う場合の特徴を知っておこう

2社間で行うファクタリングには、いったいどのような特徴があるでしょうか。2社間の場合には債権譲渡が行われないのが特徴です。

債権者としては、売掛金が発生した時点ですぐに業者からお金をもらうことができます。早い場合には、午前中に依頼すれば午後にはお金が入っていることも少なくありません。

そして、債権譲渡をしないため債務者に資金が不足していることがばれにくいのが特徴になります。 そのため2カ月後ないしは3カ月後に売掛金が回収できたときにその売掛金を債権者が業者に対して手渡して終了です。

このパターンを利用するメリットの一つは、とにかくまとまったお金がすぐに必要な場合です。会社によっては、翌日にでもすぐにお金が必要なこともあります。また、相手方に債権者の資金を知られたくない場合にも有効な方法といえるわけです。

ただ、残念ながら債権者が業者からもらえるお金は75%前後とされています。これは3社間の場合に比べると大幅に減少していることがわかるでしょう。そもそも、なぜその程度しかお金をもらうことができないのか理解しておくと便利です。

 

二重譲渡してしまう問題点がある

2社間でファクタリングをする場合に、75パーセント程度しかお金を回収することが出来ないのは、債権譲渡をしないからといえます。これを詳しく説明すると、もし債権譲渡した場合には誰が債権を所有しているかが明確です。当然業者側が債権を所有しているわけです。

ですが、2社間で行う場合には債権譲渡がないため債権者は2つ以上の業者と契約することが可能になるわけです。売掛金自体は、債権者の手元にありますので、それを二つの業者に見せれば債権者は2重にお金を手に入れることができるようになります。そうすると、業者のうちどちらかは回収できない恐れがありますので、手に入れることができる金額が少ないといえます。

これを防ぐためには、業者の方でだれが売掛金を持っているかの登記をする必要があります。登記さえすれば、そもそも二重譲渡問題は起こりません。なぜなら、登記を見ればだれが掛け金を所有しているか一目瞭然だからです。

ただ問題は、登記をするときに20万円から30万円位のお金がかかってしまうことも少なくありません。そのため、業者は債権者に対して渡すお金が少なくなるといえます。

 

名古屋では、すぐに現金が欲しいけども、銀行などが貸してくれずなかなか現金を手に入れることができない場合にはファクタリングを利用すると良いです。

これは、3社間によるものと2社間によるものがあります。3社間は債権譲渡の通知が必要です。2社間で行う場合は債権譲渡はいらないものの二重譲渡を防ぐ必要があるでしょう。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
株式会社JTCの画像
株式会社No.1の画像
記事一覧