名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

名古屋の悪徳ファクタリング業者を見分けるポイントとは?

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/08/28

名古屋には、さまざまな中小企業がありますが、もし資金繰りが厳しくなった場合にはファクタリングを利用するのも一つの方法になります。ただ、中には悪徳なファクタリング業者もあります。

では、悪徳な業者はいったいどのような特徴があるのでしょうか。そのポイントをよく理解して質の良い業者を選ぶようにしましょう。

見積もりに関して理解しておきたいこと

名古屋にある悪徳なファクタリング業者を磨けるためには、まず見積もりに注目する必要があります。当然業者としても、契約をする前の段階で見積もりを出してきますがいくつかの業者を比較した場合に極端に安いところもたまにあります。

相場に比べてはるかに安い場合には、何か問題があると考えてよいでしょう。通常どの業者も売り上げを考えると特別に安くすることはできないはずです。それにもかかわらず、ほかの業者の半額程度でできるとすればうれしい思いがある一方で怪しいと考えたほうが間違いありません。

見積もりに関しては、口頭で聞くことがあるかもしれません。しかしながら、本当に最終的に口頭でしかおこなわないとすればそこは避けたほうがよいでしょう。なぜかといえば全く準備されていないからです。

例えば、電話でどれぐらいのお金になるかを聞いて、その金額をあらかじめ用意し契約したとします。後日になり、追加料金を何とか請求されることもあるでしょう。根拠がある追加料金ならばよいですが、自分からお願いをしていないのに追加料金を請求される場合見積もりと話が違うということになるはずです。

ですが、そのときの会話を録音でもしていないかぎり自分の思いちがいの可能性もあるでしょう。もちろん、見積もりと実際に請求される金額が絶対に違うと自信を持っていえる場合もあります。このような場合でも第三者にそれを示すことができません。

そうすると言った言わないのトラブルになり結果的に会社にとっても大きな損失になります。このように、見積もりをしてもらうときには必ず書面でもらえるようなところを選ぶ必要があります。逆に書面でくれないようなところは、信用しないほうがよいです。

ただ、最近はインターネットで見積書を送ってくるようなところもあります。これが悪いかといえばそのようなことはなく、印刷すれば立派な正面になります。しかも、業者が「そんなものは知らない」と言い張っても、メールそのものを見せることができれば業者が発信したものと確定できるため結果的に証拠になりえるでしょう。

いずれにしても、証拠になりえるかどうかといわれる部分だけは必ず気にしておきましょう。これにより、ファクタリングを利用することができるかできないかが決定してくるといえます。

クレームなどに対応してくれるかどうか

悪徳業者を見分けるときのポイントの一つは、見積書以外にもクレームや事故対応に関しても調べることも有効でしょう。例えば、契約をしてからクレームに発展するようなことも少なくありません。特に大きな金銭が絡んでいる場合には、クレームになりうることや問題が起こることも少なくないわけです。

例えば、期限までにお金が入っていない場合などです。ファクタリングにも2種類あり例えば2社間でおこなう場合には、即日入金されることが多いです。この2社間でおこなう場合の大きな魅力は、売掛金の 7割から8割ほどのお金を手に入れることしかできない一方で、即日入金が可能な点です。

そのため、いかに早く入金できるかどうかがポイントになりますが、何らかのトラブルがあり入金できない場合、会社が大きな損失を受けることになりかねません。

このような場合だけでなく、登記や認可を受けているかどうかも重要になります。よくある例としては、途中で業者がいなくなってしまうパターンです。どのようなケースが考えられるかといえば、売掛金を所有している会社が債権譲渡して売掛金をファクタリング業者の方に移動させる場合です。

この場合には、債務者の承諾が必要になりますが、債務者の承諾を得て売掛金を移動させることができた場合、本来なら業者の方で売掛金の元所有者に対してお金を支払うのが基本になります。

しかしながら、売掛金の元所有者に対してお金を支払ずにどこかに逃げてしまうようなことも考えられるわけです。特に企業間取引きですので、かなり大きなお金が動く可能性もあり逃げてしまった場合会社にとって大きな損失になりかねません。

場合によっては、その会社そのものが倒産してしまうことも考えられます。このとき、登記や認可があればまずそのようなことをすることはありません。そのため、事前に登記や認可があることをよく確認しておくことが重要になるわけです。

会社の所在地や電話番号・代表者の名前を確認

悪徳な業者の被害に遭わないためには、会社の所在地なども明確にしておきましょう。契約するときに、会社の所在地が明確でないようなところもあります。

例えば、電話番号だけ書かれておりいまひとつ所在地がわからないけども安かったので契約してしまったような例もあるかもしれません。ところが後になってお金が入金されず連絡をしてみたところ電話がつながらないようなこともあります。所在地も書かれていないので、どこに行ったらよいのかもわからず、途方に暮れてしまうでしょう。

所在地以外にも、代表者の名前が書かれていない場合も注意が必要になります。そもそも代表者はだれなのか分からないような会社と取引きをしてはいけません。必ず代表取締役がだれになっているか明記されているところ選ぶ必要があるわけです。

電話番号が書かれていないようなところはめったにありませんが、仮に電話番号が書かれているにしても、携帯電話の番号が代表の番号の場合は要注意になります。なぜかといえば、携帯電話の場合本当にその業者が登録されているかどうか怪しいからです。

これに対して、市外局番が書かれている電話番号の場合には、その電話番号を調べれば業者として登録されているかがわかるものです。そのため、いくら電話番号がホームページなどに掲載されているとしても、その番号自体が本当に市外局番かどうかを確認してから契約をするようにしましょう。

もし余裕があれば、過去の取引き実績なども見ておくとよいです。取引き実績が明確化されていたり、手書きの「お客様の声」がある場合は安心できます。そうでない場合は全体的に信ぴょう性があるかどうかを確認してから取引きをするべきです。

 

ファクタリング業者を利用するならば、あらかじめ悪徳業者かどうか判断をしておきたいところです。

判断をするためのポイントの一つは見積書になります。そもそも見積書自体を出さないようなところがある場合には、契約をするのは避けなければいけません。書面は非常に重要で、後で何かトラブルがあったときの証拠になり得るからです。

次に、クレーム対応してくれるかどうかも重要になります。この対応の仕方が契約書に書かれていないならば避けるべきでしょう。なぜなら、何か問題が起きた場合やクレームが発生した場合、業者が対応してくれない可能性もあり、契約を申し込んだ側としても大きな問題を抱えることになるからです。

さらには、会社の所在地や代表者が表示されていない場合もやはり契約を避けたほうがよいです。これらのことを注意すれば、問題ないでしょう。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
株式会社JTCの画像
株式会社No.1の画像
記事一覧