名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

名古屋で利用するファクタリング業者を選ぶ際のポイント

公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/04/19

「ファクタリング」は保有している売掛債権をファクタリング会社が買い取るシステムのことです。依頼するには自社の業種や状況に適した会社を選ぶ事が必要となり、そこに条件を加味し比較した上で最終的に選定を行なうことが望ましいです。

ここではその点を踏まえた名古屋のファクタリング業者の選び方を見ていきましょう。

 

「2社間契約」か「3社間契約」か

契約には「売掛金保有企業(利用企業)」と「ファクタリング企業(以下買取会社とします)」の2社間で行なう「2社間契約」と、そこに「売掛先企業(取引先)」を加えた3社で行なう「3社間契約」があります。 「2社間契約」の最大の特徴は「売掛先企業へ通知されない」点です。

取引先企業へ知られてしまうと、資金繰りが苦しいのではないか等の疑念を抱かれてしまう事もありえます。そこで出来るだけ早く資金は調達したいが、債権の売却を売掛先企業に知られて信用度を落としたくない、という場合にお勧めの方法です。

また優良債権と判断された場合は入金スピードも速くなる可能性があります。ただし、3社間契約に比べ審査基準は厳しくなる傾向があります。 一方の「3社間契約」は債権譲渡になることから、売掛先企業への通知と債権譲渡登記等が必要であり、取引先が承諾する形となります。

買取会社にとってはリスク負担が少ない方法ですので、2社間契約と比較して買取額も高い傾向があり、また審査基準もゆるいという特徴があります。但し、手続きに手間がかかるのと日数を要する場合があります。

 

買取会社が取引する売掛金の買取限度額

名古屋のファクタリング業者によって、いくらまでの売掛債権を買取ってくれるかという「買取限度額」には違いがあります。買取会社はそれぞれに、売掛金の最小利用額・買取限度額を設定しており、例えば、大手企業などの顧客が多い銀行系の会社であれば、最低でも100万円以上の売掛金を対象としていますが、母体が金融機関やノンバンク等ではない独立系の会社なら10万円~30万円の小口契約からでも対応可能となっているところが多いです。

どちらが買取会社の体質として健全かということは一概には言えませんので、自社のニーズや売掛債権の規模にあった会社を選定する事が求められます。例えば数百万を超える大口の契約になると現金化するのに時間を要するため、出来るだけ早く現金化したいという場合には不向きです。

加えて、全売掛債権のうち何割まで現金化できるかの「買取可能額」は売掛債権や利用企業の信用度によっても変動します。信頼性が高ければ8割程度までは可能になる傾向がありますが、支払いに不安がある場合や初回取引では5割程度になってしまうこともあります。

 

「償還請求権」があるかないかを確認

「償還請求権」とは、売掛先企業の倒産などにより売掛金が入金されなかった場合、買取会社が利用企業に対して支払いを請求できる権利のことです。その権利のあり・なしによってどう違ってくるか見ていきましょう。

「償還請求権あり」・・「ウィズリコース」ともいい、ファクタリングを行っても売却した債権が期日通りに支払われない場合、利用企業が売掛先企業に代わって買取会社へ債権の代金を支払わなければならなくなり、売掛先企業の支払リスクを常に抱えることになります。

「償還請求権なし」・・「ノンリコース」といい、売掛債権が期日通りに払われなかった場合でも、利用企業には一切責任がなく買取会社がその責任を負います。一度ファクタリングが行なわれれば、その後売掛債権の履行がされてもされなくても利用企業は全く影響を受けません。

当然、買取企業のリスクは大となり、その分買取手数料が高くなる傾向にあります。多くの「2社間契約」では「償還請求権なし」としている会社が多いですが、中には「償還請求権あり」のところもありますので、その点はしっかりと確認する事が必要です。

 

手数料額は相場と比較して高すぎないか

一般的な手数料相場は「3社間契約」の場合は1~9%、「2社間契約」ですと15~30%程度と言われています。契約の違いによりこの差が生じるのは買取会社が負うリスクが違うためです。3社間契約の手数料が低い理由は、売掛先企業から支払われるお金を買取会社が直接受け取りますから、売掛債権が回収不能となるリスクは低くなります。

一方の2社間契約の場合は、売掛先企業から回収したお金はまず利用企業に入ります。買取会社にとっては、売掛先企業からきちんと支払われるかというリスクと、利用企業がきちんと支払うか、というリスクを抱える事になります。

万が一、売掛先企業や利用企業が倒産や廃業してしまった場合、利用企業に支払い義務がないため、買取会社にとっては未回収リスクが高くなってしまいます。

また、手数料の変動要因となるのはこのような契約形式の違いの他にも、利用企業の信用度や利用回数、売掛先企業の信用度、償還請求権の有無や売掛債権の金額などが絡んできます。手数料に法的な定めというものは特にないため、買取会社が自由に決められます。

そこで、手数料について妥当な金額であるか、きちんと説明がされているかをしっかり確認することが大切です。

 

買取会社から入金されるスピードは早いか

ファクタリングの魅力は、本来ならば1ヶ月から3ヶ月後でないと支払われない売掛金を利用企業の希望するタイミングで現金に替えられるということです。 入金の早さは買取企業によって違います。

「3社間契約」の場合、売掛先企業への通知や承諾が必要となるため、現金化するまで数週間もかかってしまうことがあります。一方の「2社間契約」ですと審査が終了次第、早い会社で即日、おおよそ1週間以内には入金されます。

入金の早さは、主に中小企業や個人事業主などにとっては大きなメリットとなることがあります。中小企業や個人事業主の方の中には、資金に余裕がない状態で事業を行なっているケースも多く、大企業からすれば小さい額の資金でもそれが焦げ付けば、あっという間に経営が立ち行かなくなる可能性もあります。

そのためファクタリングによってスムーズな資金調達を必要としています。対応がスピーディーで入金も早い買取会社ならそんな中小企業の需要にも応えることが出来ます。一日でも早く現金化したい場合でしたら、この入金までのスピードをチェックして選定することをおすすめします。

 

実績の豊富さや信頼性も大切なポイント

ファクタリングは少なくても数十万円、多額になると数千万円から億単位という取引になることもあります。そのため、少しでも怪しい会社に依頼することは避けたいものです。名古屋のファクタリング業者から優良なところを選ぶには、様々な実績を積み重ねた会社を選ぶのが肝心です。

そして、自社の情報を開示する必要が出てくるわけですから、情報管理や秘密厳守等が徹底しているかも重視してください。それを確かめるには、過去の事例などを聞いてみるのが良い方法です。担当者との面談時に、どんな事例を扱ってきたか探ってみましょう。

ベストなのは自社と同業の企業を扱ったケースです。経緯から資金調達への流れなど出来るだけ質問してみると良いです。その際に具体的な企業名などはきちんと伏せているかどうかは、秘密厳守がしっかりしているかの判断にもなります。

加えて、なぜその業種にとって有効な資金調達であったのかを探ってみることも有効です。それによって、事例が事実に基づいたものなのか判断が付きやすくなります。

様々な業種の企業の相談に応じ、ファクタリング契約の実績を積み重ねている会社であれば、利用することの多い業種の事情なども把握しているはずですし、その業種にとってどうして有効であったのかも説明ができるはずです。

 

名古屋でファクタリング業者を選ぶ際には、自社の状況や希望に沿った会社を選ぶ事が必要です。取引形式は複数あり、それぞれメリット・デメリットがあります。

また同じ契約方法であっても、手数料やその他に違いが生じる場合もあります。それらを検討した上で実績と信頼性の高い業者を選定することが大切です。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
株式会社JTCの画像
株式会社No.1の画像
記事一覧