名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

ファクタリングは個人事業主でも可能?

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/08/28

緊急時の資金調達法として知られるファクタリングは、個人事業主でも申し込みできるのでしょうか。

ここでは利用できる人の条件、ローンによる借入との違い、利用における注意点などについて紹介していきます。上手に活用すれば短期間でキャッシュフローを改善できる便利なアイテムになりえます。

個人事業主が利用することはできるのか

緊急時の資金調達に役立つファクタリングは、もともと中小企業の資金繰り対策として誕生しましたが、最近は個人事業主に対応したサービスが増えてきています。お金の流れを示すキャッシュフローは、事業規模が小さいほど悪化しやすい性質があります。

つまり大企業より中小企業、さらに個人事業主のほうが資金難や自転車操業に陥るケースが多いわけです。個人事業主を対象としたファクタリングの場合は、個人事業主も利用可能と記載されています。記載がない場合は対象外であるケースが多いので、ここはよく確認しておきましょう。

全般的に見ると大手や老舗のサービスは、個人向けサービスを用意していることが多いです。最近ではサラリーマンに対応するサービスが登場するなど、サービスの多様化が促進しています。審査通過率が高い会社ですと、他社に断られた人でも資金調達できる可能性があります。

ファクタリングはローンと違って借金には該当しないため、他社の借入状況や過去の利用状況などは問われません。しかし誰でも無条件に利用できるわけではなく、ローンに匹敵するほどシビアな審査基準を設定している会社があります。人気ランキングサイトに掲載されている会社は、全般的に審査の通過率が高くなっています。

特に個人に対応している会社は柔軟に対応してくれる傾向が強いです。あとは資金調達までの日数を確かめるのもポイントで、最短即日で対応してくれる会社は柔軟性が高いと言えるでしょう。

こうした細かな部分にファクタリング会社の性格が出てくるので、公式ホームページで確認しておく必要があります。リピート率が高い会社も信頼性が高く、個人事業主が利用しているケースが多いです。ランキング上位に選ばれる会社には必ず理由があり、共通しているのは大勢の利用者がいることです。

新規利用者が多いことは重要ですが、それよりもリピート率の高さが信頼できる会社の指標となります。電話やメールでの対応などは会社の性格がそのまま出やすいので、よくチェックしておいてください。

柔軟に対応してくれるか、最適な提案をしてくれるか、などは大切なポイントになります。初期対応が悪い会社はサービスも悪いケースが目立つため、初期対応が丁寧・誠実か確認することが重要です。

赤字や借りすぎの状態にあっても大丈夫か

名古屋でファクタリングを利用して資金調達をしたいけど、赤字やローンからの借りすぎによって審査が不安という個人事業主は少なくありません。確かにローンの場合だとキャッシュフローが不安定になっていたり、他社借入件数・金額が多すぎたりすれば審査に通過するのは難しくなります。

お金を借りるためには信用力が必須であり、この場合の信用力とは返済能力を指しています。借りたお金を延滞なく全額返済できるかがポイントになるわけです。これに対してファクタリングはローンとは別物であり、売掛金の売買に該当しています。

借入ではないので負債とは異なり、個人信用情報機関の履歴が関係することもありません。他社のローンやクレジットカード、税金などの支払いを滞納していても審査に通過できる可能性があります。売掛債権売買契約では、あくまで売掛先からの売掛債権を売却する形式になります。

売掛債権の価値に見合った金額を受け取る方法になり、受け取った金額を返済する必要はないのです。審査は売掛先の支払い能力が重視されるので、申込者の支払い能力は関係ありません。売掛先にバレるのが怖いという個人事業主は多いですが、2社間取引を選択すれば大丈夫です。

売掛先を含めずに審査を受けられますので、周りにキャッシュフローが悪化している事態を知られる心配がないです。売掛先に知られてもよいので、少しでも多くの資金を調達したいという場合には3社間取引が役立ちます。名古屋を問わずに日本の企業の9割以上は大企業以外という現実があります。

小規模の事業所は大企業と比べて内部留保が少なく、キャッシュフローが不安定になりやすい傾向があるのです。ちょっとしたクレームによって商品回収などの状況に陥ると、一気に黒字から赤字に転落することは少なくありません。

キャッシュフローを健全化するためには税理士や会計士などの専門家に相談するのが得策ですが、ローンに依存しすぎないことも重要です。借金には必ず利息がつきますから、借入総額が大きくなるほど返済が逼迫して、再び借入を繰り返すという悪循環に陥りやすいです。

債務超過になるとキャッシュフローはさらに悪化し、ローンの審査に通過しにくくなります。こうした悪循環を断ち切るためにも、ファクタリングサービスを活用してください。

安全に資金調達をするための心構え

名古屋の個人事業主には資金調達に逼迫しているという人が少なくありません。資金確保に焦っているときは、怪しい金融機関に申し込みしてしまうリスクが高くなるので注意してください。例えば誰にでも融資する、信用情報に傷があっても融資するといった業者には注意しましょう。

同様にファクタリング会社にも悪徳業者が存在するので、利用しても大丈夫なのかよく見極めておく必要があります。怪しい会社は契約書面を交わさず、口約束だけで取引を求めてくるケースが少なくありません。

また不自然なほど好条件を提示してくる、会社概要を調べてもよくわからない、といった場合も要注意です。個人に柔軟に対応してくれる会社の特徴は、開業からの年数が短くても利用できることです。1年未満で対応してくれる会社もあるので、開業から間もない状態でも諦める必要はありません。

業種に関しては不問とする会社が多いですが、反社会的な業務に携わっている場合は不可となります。ローンや税金の延滞に関しては、審査では不利になることは少ないですが、延滞状態にもよるので事前に確認してください。キャッシュフローの改善は早めに対策を打つべきであり、自転車操業が継続している状況は好ましくありません。

例えばビジネスローンを利用している場合、延滞日数に応じて遅延損害金が発生します。これは通常の利息より利率が大きいので、ますます支払いは逼迫していくわけです。早め早めに対策をしておくことが、結果的に経営基盤の早期改善につながります。

契約で注意したい点は、売掛債権の回収が遅延している場合です。支払い期限が超過しているのに回収できていない場合は、原則として売掛金の買取をしてもらえません。つまり支払いが健全な売掛先の売掛債権のみが買取対象になっているわけです。

売掛金を売却してから売掛先が倒産をした場合は、ノンリコース契約においては返済義務は生じないので安心です。契約前に償還請求権があるかどうかよく確認しておくことが安全に資金調達するポイントになります。素早く資金調達を受けるためには、必要書類を不備なく用意しておき、記入内容に誤りがないかチェックすることが大切です。

 

ファクタリングは主に中小企業を対象にしたサービスですが、個人事業主でも利用可能な商品が増えてきています。ローンや税金の延滞がある人、信用情報に傷がある人などでも資金調達できる可能性があります。借入ができないときの切り札となる手段であり、キャッシュフローの改善のためにもおすすめです。

安全に契約をするためには、怪しい会社を避けることが重要になりますので、事前の情報収集は徹底してください。焦っているときほど怪しい会社に手を出してしまうリスクが高くなるので、慎重に会社選びをしていく必要があります。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
株式会社JTCの画像
株式会社No.1の画像
記事一覧