名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

名古屋でファクタリングを利用|もし返済できない状況になったら

公開日:2019/05/15  最終更新日:2019/04/22

金融機関への支払いができない状況になったら、具体的に何をすればよいのでしょうか。

ここでは名古屋のファクタリング会社を活用し、キャッシュフローを改善させる方法について紹介しています。

早期のキャッシュフロー改善が運営基盤を立て直すために大切となります。

 

返済義務のない資金調達法といえば?

スタートアップや運転資金を調達するために重宝するのが名古屋のファクタリングサービスで、借入する以外の方法で現金調達ができます。ローンを利用するときのような審査はなく、審査は売掛先に対して行われます。売掛債権を譲渡して掛け目に応じた現金を調達する方法のため、借金には該当しないのが特徴です。

借金には必ず返済義務が発生しますが、ファクタリングに関しては借金ではないので返済義務はなく、調達した資金はすべて使用できるのです。それゆえ今すぐにキャッシュフローを改善したい状況で適しています。

もし売掛先がファクタリング会社に対して支払いできなくなっても、申込者が負担を背負うことはありません。借金をしてキャッシュフローを改善する方法は、銀行からの信用力を落としてしまう可能性があります。

借入総額が大きくなるほどローン審査における信用力は低下し、肝心なときに追加融資を受けられなくなることが多いです。銀行融資は際限なく借入できるわけではなく、返済能力に応じた金額になります。すでに高額の借入をしており、審査に通過できない状態を乗り切るためにファクタリングを活用してください。

 

ローンの支払いができない状況を回避しよう

ローンの支払いをするお金がなくなると、キャッシュフローは一気に悪化してしまいます。借金の延滞はたとえ1日でも遅れたことに変わりはなく、確実に金融機関からの信用力を落としてしまうのです。

延滞した翌日に振込すれば大した問題ではないと思うかもしれませんが、1日の遅れであっても何度も繰り返していると問題があります。あるとき急に追加融資を受けられなくなる、ローンの利用限度額を下げられる、などのデメリットが発生したりします。

金融機関はたびたび延滞する人に対して貸し出すことを危惧しているのです。長期の延滞をすると取立てが厳しくなりますし、最終的に一括請求や財産差し押さえなどの話が出てきます。

ローンの支払いが困難な状況に陥っているときも、名古屋のファクタリング会社のサービスが重宝します。売掛債権を譲渡してお金を調達するという性質から、返済能力がない場合でも調達可能です。

審査で重視されるのは売掛先の支払い能力であり、申込者は書類を不備なく用意することがポイントです。資金調達の難易度はローンよりも低く、融資の審査に落ちた人が通過しているケースが多く見られます。

 

個人信用情報機関に登録されていても資金調達できる

キャッシングやクレジットカードなどの金融商品を利用し、返済不能な状態が2~3ヶ月継続すると個人信用情報機関に登録されます。俗称をブラックリストと呼んでおり、ひとたび登録されると5年以上はキャッシングやクレジットカードの利用はできません。もちろん事業資金を借りることもできませんから、こうした状況で資金調達するには借りる以外の選択肢が必須となります。

名古屋のファクタリング会社なら、個人信用情報機関に登録されている状態でも資金を調達してくれる可能性が高いです。赤字経営や税金滞納などの状況にある人も相談してみてください。融資は担保を所有していると通過率が高くなりますが、ブラックになると有担保ローンの利用もできません。

資金調達ができずに取引先への支払いができなくなると、今後の取引に大きく影響してきます。支払いの遅延によって取引関係が解除されるケースもありますので、ファクタリングでの資金調達をおすすめします。今現在においてローンの支払いを延滞している人、債務整理をしてまだ5年未満の人なども資金調達が可能です。

 

名古屋でファクタリングを利用するメリットは?

取引先に知られることなく資金調達をできるのがメリットです。もともとは中小企業を主な顧客とするサービスでしたが、個人事業主に対応した商品も登場しています。

そもそも売掛金の売却は借入・負債には該当しませんので、返済能力に関係なく資金調達が可能です。調達までの日数が短いのもポイントで、最短即日で調達することができます。

名古屋に所在する会社を利用してもよいですし、全国対応している都道府県のサービスを利用するのもありです。基本的にファクタリングは対面与信が基本となり、面談により審査や契約手続きが行われます。

ただこの方法だとお住まいの地域によっては、資金調達に時間がかかってしまいます。そこで近年は全国対応した会社が増えてきており、即日で振込を受けることも可能になりました。

面談を不要とする会社は郵送書面での契約になりますが、面談して契約書類を交わしたい人には対面与信を導入している会社をおすすめします。取引先への支払いができない状態が予測されるなら、今すぐに名古屋のファクタリング会社を活用してください。キャッシュフローの改善は1日でも早いほうがよいのです。

 

売掛先がファクタリング会社に支払いできなくなった場合

売掛債権を譲渡すると、ファクタリング会社から見て売掛先が債務者になるわけです。もし売掛先が支払い不能に陥った場合、申込者に返済義務が行くと思うかもしれませんが、償還請求権のない商品も存在しています。

回収不能になるリスクを考慮して手数料を設定しているためで、いわばこれが保険料になっているわけです。つまり申込者は手数料以外のデメリットを背負うことなく、お金の調達ができるのです。

銀行からもノンバンクからも借入できない人にとっては切り札になるでしょう。手数料の相場は1~30%程度であり、回収率が高いと判断される取引に対しては低利率が設定されます。

二社間のサービスよりも三社間サービスは利率が低いですが、これは売掛先を含めて面談するので信頼性の担保ができるためです。そのため売掛先に知られても問題ないというケースでは、三社間のサービスを利用するメリットのほうが大きいです。

二社間のサービスは手数料が高くてもよいから、取引先には絶対に知られたくないという状況で重宝します。手数料とプライバシー性のどちらを重視するかによってサービスを選んでください。

 

キャッシュフローの健全化を急ぐべき理由

キャッシュフローが不安定になってしまうと、事業運営が自転車操業になって資金繰りが非常に厳しくなってきます。

例えばビジネスローンの延滞をすると信用力が低下しますし、延滞した分の遅延損害金が発生します。遅延損害金は通常金利より高く設定されていることが多いため、さらに支払いは厳しくなっていくでしょう。

特に注意したい状況は、ローンの支払いをするために新しいローン契約をすることです。こうした状況になるとローン完済は難しいばかりでなく、信用情報に登録されてしまう可能性が極めて高くなります。

2~3ヶ月の延滞をしている状況から、延滞分を取り戻すのは容易ではありません。当月分の支払いができない状態にありながら、数ヶ月分をさかのぼって支払うのは困難なことです。

こうした状況になったら、早めに名古屋のファクタリング会社から資金調達を受けましょう。キャッシュフローがさらに悪化すると、取引先に運営状況が発覚する可能性があります。そうなると今後の取引に影響する可能性があるため、キャッシュフローの悪化を放置するのは避ける必要があるのです。

 

ビジネスローンの返済ができない、取引先への支払いが困難、といった状況で役立つのが名古屋のファクタリング会社です。売掛金を譲渡する資金調達法であり、返済義務がないのが特徴です。すでにローン延滞をしたり、信用情報に登録されたりしている状況でも申込できます。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
株式会社JTCの画像
株式会社No.1の画像
記事一覧