名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

名古屋での資金調達 | ファクタリングに期待できる節税効果

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/04/22

ファクタリングはいろいろなメリットがあり、例えば即日現金化できるのでスピーディに資金調達することができたり、融資ではないので財産などの担保が不要で資金調達可能です。

節税効果もあるので近年注目されている仕組みです。

 

スピーディに資金調達することができます

名古屋にはいろいろなファクタリング業者があり、資金調達を行うことができます。上場企業の場合株式市場から資金を調達することは比較的簡単ですが、中小企業の場合はそうではありません。

資金調達と言うと思いつくのが銀行ですが、政策金利は安いので信用が低い企業になると融資をしてくれないものです。手元資金を手厚くするのが中小企業の基本的方針になりますが、会社が黒字か赤字かということと手元になる資金が豊富かについてそれほど関係がありません。

会社が赤字でも銀行が融資する場合や投資してくれる人がいる場合、何かしらの方法で資金調達すると企業を存続することができるでしょう。収支が黒字の場合でも売掛金のまま滞留し現金化することができないと、手元資金がなくなるので会社は倒産してしまいます。

赤字の会社は納税が少ないので外に出るお金が少ないですが、黒字の会社は資金が少なくてもきちんと税金を払うことになるので会社から現金が出ていくことになるので大変です。基本的に中小企業の場合、銀行融資に支障がない程度において赤字や黒字を減らし資金流出を食い止めることが大事で、債権を早く現金化し支払いを待ってもらいキャッシュフローの流れを改善することが重要になるのです。

 

手元現金を厚くすることができます

ファクタリングを利用すると手元にある現金を厚くすることができ、いろいろな効果を期待することができます。例えば損金を作り納税額を減らすことができ、節税にも役立てることが可能です。

貸借対照表を改善することができるので融資を受けやすくし、債権のオフバランス効果を期待することができます。債権回収の手間やリスクを第三者に転化できるので便利です。

節税しながら手元にある資金を増やすことができますが、ポイントとして債権売却には手数料がかかることがあげられます。名古屋において通常銀行から融資を受ける場合、返済期間に応じ次第に利息を返済していくので融資を受けた利子に関して返済期間に合わすことになるでしょう。

今期や来期・再来期などの手数料を損金として算入することになりますが、このファクタリングを利用すると融資を受けた時一括で手数料を損金にすることができるので黒字から差し引きすることが可能です。同じ資金調達を行う場合、黒字が出ている期間において節税のため利益から差し引くため一括で手数料を算入したいならこの方法は効果的になります。

 

手数料が引かれた金額が残ります

ファクタリングのように債権を利用し損金を作る方法には貸倒引当金の計上があげられます。貸倒引当金を引き当て損金を作る方法になりますが、ファクタリングとは少し異なるポイントがあるでしょう。

例えば現金化されるかされないかの違いがあります。ファクタリングの場合売却から資金を得る方法になりますが、資金を調達すると一方では保有する債権を業者に移転することになります。

貸倒引当金の場合、債権自体は保有することができ、保有する金額に対して何%が「貸倒引当金」と言う損金を設定しながら債権自体を保有することが可能です。

実際資金の流れに関しても少し異なる点があり、ファクタリングの場合売却することによって手数料を引いた金額が手元に入ってきますが、貸倒引当金の場合は保有する債権の貸倒引当金である架空の損金を設定することになるので実際債権が現金にかわることがありません。

貸倒引当金金額に値する現金が外に流出することもないでしょう。ファクタリングの場合、債権を売却するので売却したものがもし回収できなかったとしても回収できなかった業者の責任です。金額から手数料を引いた分だけ会社の手元に資金として残ります。貸倒引当金の場合、債権は会社が保有するので回収できないと手元に現金は入りません。

 

債権の回収リスクが少なく現金が入りやすくなります

いろいろと比較するとファクタリングの場合、債権の回収リスクが少なく手元に現金が入りやすくなります。名古屋には中小企業が多いので、資金調整として人気のある手法です。

但し、手数料が一般的に銀行の融資より高く設定されているので注意が必要です。債権を手数料を払って現金化するので、長期的にこの方法を繰り返す場合資金繰りが悪化するかもしれません。

おすすめなのは手元資金が不足しているが、決算書上では黒字経営になっているケースで、手数料の金額によって節税効果を期待することが可能なので便利な手法です。手元現金に余裕があり貸倒引当金で損金を作り節税したい場合、資本金が一億円以上の企業なら貸倒引当金を設定するのに一定制限があるので注意しましょう。

節税対策として利用することができたり、貸借対象の見栄えを改善することができるので名古屋にある銀行から資金調達を良くすることが可能です。売掛金が大きな企業での貸借対照表の場合、銀行の視点で見ると不良債権が含まれるケースがあります。

現金が少ないと融資した後現金がなくなり倒産するといった回収不能の事態などになるかもしれません。リスクを考慮すると銀行は融資を行うことを躊躇しますが、このような場合に有効的なのがファクタリングになります。売掛金を現金化することで貸借対照表から売掛金が減り、現金が増加するので財務バランスを改善することが可能です。

 

リスクやコストなどを考慮しましょう

ファクタリングにはいろいろなメリットがありますが、最終的に利用するかはリスクやコストなどによって決定すると良いでしょう。節税や債権のオフバランス化を図ることができ、債権回収リスクを第三者に転化することができますが、利用する際いくつか注意すべきポイントがあります。

例えば債権をファクタリングしたことがもし周囲に分かると、取引先にはリスクがありませんが今後の取引に何かしら支障ができるのではないか懸念されるでしょう。基本的に手数料がやや高額に設定されていて、業者が債権を回収できないリスクがあるので手数料を高めに設定しているからです。

尚、名古屋で業者では初回手数料が高くても2回目以降になると信用が高まるので、手数料が下がるケースがあるので便利です。この手法は債権売買になり金銭などの貸付ではないので、利息制限法といった法律が適用されません。つまり高い手数料を自由に設定することができるのです。

いろいろな観点から検討してみて、業者の手数料が会社の利益を圧迫しないぐらいの範囲で運用することをおすすめします。資金繰りに苦労している名古屋の中小企業がその場を乗り切るための資金調達方法としてよく利用されています。

 

債権回収の手間や時間を回避できます

大きなメリットとして債権回収に関するリスクを第三者に転化することができます。お金を払う相手先の債権の場合は保有しておいても手間ではないですが、現金がなかったり金払いが悪い相手先なら回収するのは困難です。

払えないと支払い期間を延長されるかもしれないし、払ってもらえることになっても値引きなどを要求するかもしれません。一般的な会社は債権回収のプロではなく、債権回収するための労力は場合によってはかなりの時間や手間が必要になります。

このような点から債権回収リスクや手間をなくすことができるので、いろいろな効果を期待することが可能です。債権回収に労力がかかるケースがあると思った債権に関して、専門業者に移転するのも選択肢の一つでしょう。但し債権回収の手間や時間を回避するため、3社間ファクタリングを利用する場合があるので相手先の同意などが必要になることあるので注意が必要です。

名古屋では節税対策として利用している人も多く、手数料の低いところを見つけたり信頼できる業者を選択すると効率良く運用することが可能です。

 

ファクタリングは即日現金化することができたり、担保や財産などが不要で資金を調達することが可能です。節税効果もあり、手元現金を厚くすることができます。手数料がかかりますが、債権の回収リスクが少なく手間や時間を回避することが可能です。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
株式会社JTCの画像
株式会社No.1の画像
記事一覧