名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

名古屋での資金調達に活用できるファクタリング業者を利用する流れ

急に現金調達をする必要が生じたと言う場合、どのようにファクタリングを利用したらいいのでしょうか?そこで、名古屋でファクタリングサービスを利用するという時の利用プロセスについてご紹介してみたいと思います。

 

ファクタリングはどんなサービス?

ファクタリングとは売掛金などの売掛債権などをファクタリング会社に買い取りしてもらうことによって、債権を譲渡して資金調達を行うという方法になります。この方法は銀行などの融資と異なり、借入ではないため会社の負債が増えると言ったデメリットはないなどの特徴が有ります。

融資などとは異なり、売掛債権を資金化することによって資金の利用方法も限定されないため、幅広い目的で利用できるといったメリットなども在るのです。この方法を採ることで最も大きな利点として挙げられているのが、即日で資金化が可能と言ったスピーディな対応といえます。

そのため、急に資金が必要になったと言った場合でも素早く資金調達を図ることが可能なのです。したがって、短期的なスパンで資金繰りの改善を図りたいという場合の手段として有効であると言われています。

こうしたメリットもあるファクタリングですが、名古屋でこのサービスを利用したいと言う場合には、具体的な流れはどのように行われているのでしょうか?そこで、このサービスの流れについてこれからご紹介してみたいと思います。

 

どのような流れでファクタリングが行われる?

名古屋で急に現金が必要になってその調達を図るという場合、ファクタリング業者を利用するとスピーディに問題を解決することができるのです。では具体的にどのような流れでこうした調達が行われるのでしょうか?

まず、ファクタリングではファクタリング会社にこのサービスを利用したいということを伝えるために申し込みを行います。このサービスには2社で行うサービスと3社で行うサービスがあり、それぞれ利用の流れも異なっているのです。

一般的に、こうした現金調達は売掛債権元には通知しないで行いたいと言った場合が多いと言われていますので、多くはこのサービスを提供する会社と申し込みをする側の2社間で行われる形態が多いと言われています。2社間でこのサービスを行う場合には審査までの時間が早いというメリットがありますが、40%くらいになる場合もあり、手数料は高めになっていると言われます。

しかし、申し込みから振り込みなどがあるまでがシンプルで、多くのケースで利用されている方法なのです。 そこで、2社間のサービスの流れについてご紹介してみたいと思います。

 

まずは申し込みを行って審査を受ける

基本的にこのサービスでは申し込みを行う側が手軽に申し込みができる調達方法だと言われています。その理由として挙げられるのが、申し込みを行った側の経営状況より、取引先の信用力や売掛債権の内容がより重視されるという点です。

こうした点に基づいて審査も行われますので、申し込む側は融資の審査を受けるよりもより気軽さがあるといえます。そして、債権については、上場企業や政府系の機関などのものならより有利な条件で契約を結ぶこともできるともいわれているのです。

このサービスでは申し込み後に、相手先の信用性についての審査が行われるようになっています。このような審査では相手の信用性が問われるということなのです。名古屋でも、こうしたサービスを提供する企業があり、審査の重点ポイントもこの点と同様に、売掛債権元の信用性が重視されるといえます。

さらに、スピーディな対応を期待したいという場合には、事前に書類を揃えておくことで即日対応なども可能だと言われており、事前準備をしっかり行うことで迅速なサービスを提供してもらうことができるとされているのです。

 

その後にファクタリング会社に支払えば完了

早ければ即日で買い取りをしてもらえると言ったメリットがあるこのサービスは、その後、売掛債権元から支払いを受けた後で、その金額分をサービスを受けた会社に支払うということが必要です。買取をしてもらった際には、手数料が引かれた現金を得られますので、その後は債権元から支払いを受けたらその分をサービスを受けた会社に支払ったら取引が完了するという流れになっています。

売掛債権を買取してもらうというファクタリングでは、急に現金が必要になったという場合などにスピーディな対応が期待できるサービスです。売掛債権の活用については経済産業省等にも推奨されていて、昨今新たな調達方法として注目を集めているのです。

このサービスは少額から利用することができ、融資などと異なり、より手軽に申し込むことが可能です。問題なく取引を行うことができていたとしても、取引先の不渡りなどのリスクはゼロというわけではなく、倒産や売上低迷によって急速な資金繰り悪化が生じることも有ると言えます。

そのため、万が一に備えて、あらかじめ何通りかの資金調達手段を持つことは大切と言われているのです。

 

取引先に通知して行う場合はどんな流れ?

このサービスには売掛債権を発行した取引先に通知せずに行う2社間という取引方法もありましたが、事前に了解を得て、取引先とともに申し込む3社間という形態もあります。3社間でこのような取引を行う時には、サービスを提供する会社にとって貸し倒れのリスクなども低くなりますので、手数料が低いと言ったことや審査スピードが速いと言ったメリットもあります。

では、このような取引を行う時にはどのような流れでサービスが提供されるのでしょうか?この点については、基本的に申し込みをするときに売掛債権元である取引先に記載してもらい署名捺印がなされた同意書を提出すると言うことが2社間と異なる点です。

また、現金を受け取った後に、その支払いについてはサービスを申し込んだ側ではなく、取引先から直接このサービスを提供した会社に支払いを行うという点が大きく異なっています。

こうした3社間でのプロセスを実施することによって、サービスを提供する会社側の貸し倒れリスクを低くすることが可能になります。その結果、手数料の設定も低くすることができるという事なのです。

 

業者を選ぶ時には手続きのプロセスなどを比較しよう

ファクタリングの大きなメリットは、申し込みをする側が赤字決算や債務超過であったとしても審査に通過できる可能性が大いにあるという点です。この点は銀行などからの融資とは大きく異なっている点だと言われており、重視されるのが売掛債権元の信用性と言われます。

また、審査にかかる時間も比較的短いと言われており、短期的に資金調達を図りたいと言う場合には銀行の融資よりも手軽に行えると言われているのです。具体的なサービスの流れについてはこの取引に参加するのが2社なのか3社なのかによっても異なっています。

2社の場合には3社で行う場合と比較して時間も短く、手続きもよりシンプルになると言えますが、手数料という点では高めになるとされ、多い場合には40%にもなると言われているのです。

それに対して3社であれば貸し倒れリスクも少ないと考えられていますので、時間は2社よりもかかると言えますが数%くらいの手数料で済むと言ったメリットがあると言われているのです。そのため、名古屋でこうしたサービスを利用する時はこうした点を参考にして業者を選ぶのがおすすめです。

 

名古屋でファクタリングサービスを利用すると言う場合も、2社で行うのか3社で行うのかによってプロセスは異なっています。実際に利用すると言う時には、対応スピードや手数料等も検討したうえで選ぶのがポイントです。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
記事一覧