名古屋のファクタリング会社をおすすめランキングでご紹介【事業資金調達に評判!即日対応も可能な業者を比較】

保証ファクタリングと買取ファクタリングの違いとは?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/11

資金繰りが厳しくなったときには名古屋にあるファクタリング会社を利用してみましょう。売掛金を買取してくれるサービスなので急に現金が必要になったときに便利です。ここでは保証と買取の違いについて紹介をします。

保証型は売掛債権の安全性を確保するときに使う

ファクタリングは売掛金を売却して現金化することができるので、中小企業にとっては非常に便利なサービスです。基本的に未回収の売掛金でも売ることができるものなので急に現金が必要になったときにも重宝します。業者では保証型というものを用意しています。これは資金調達を目的としてものでないので注意しておきましょう。

具体的にどんなものなのかというと、信用力に問題がある会社との取引において売掛債権の貸し倒れのリスクを回避するときに利用するものです。基本的に売掛金は売掛先の会社が倒産をしてしまうと回収できなくなってしまうのがネックです。

保証ファクタリングは倒産のリスクを考慮して保証会社が保証金を支払ってくれます。保険のようなサービスとなっているので、万一の事態に備えて利用をしておくと安全です。

ちなみに保証が適用されるときにはどんな場合なのか知っておくと便利です。例えば取引先が破産手続きを始める、手形の不渡りが出ているといったものが条件です。他にも会社更生手続きを始めるといったときにも保証が受けられます。

また民事再生手続き開始の申し立てや取引先事務所の閉鎖などが起こっても保証が適用されます。どんなメリットがあるのかというと買取型と比較したときに売掛債権の未回収リスクを回避できるのが魅力です。あくまで資金調達を早期おこなうものでないので注意しておきましょう。

そして、与信管理を外注化できるといったメリットもあります。与信管理というのは取引先企業の支払い能力を審査して管理する行為です。与信管理は事業者同時でおこなうものですが、保証ファクタリングを利用することによって、売掛債権保証以外に与信管理も手伝ってくれるのが強みです。返済能力のある取引先を探すといった行為も簡単にすることができます。

ちなみに保証型のものは取引先に知られることなく契約を結べるといったメリットもあるので便利です。取引先に知られてしまうと信頼関係に傷が入ってしまう可能性もあるでしょう。基本的に与信管理などをおこなう際は知識と技術力がある事業者でないとできません。そのため大手金融機関の子会社などが保証型のサービスを提供しています。保証型は信頼性のあるサービスなのでトラブルなども気にする必要がないです。

買取型は早期資金調達に向いている

すぐに現金がほしいという事業者もいるでしょう。そういうときに活躍してくれるのが買取型のファクタリングです。ある事業者が保有している売掛債権を、ファクタリング会社が買い取ってくれるサービスです。メリットは早期現金化をすることができる部分で、すぐに資金繰りを正常化したいときに活用できます。

ちなみにサービスを利用するときには手数料を取られます。手数料を差し引いた金額を受け取ることができるため、利用をするときにはどれくらいのコストがかかるのか確認しておきましょう。

メリットは売掛先の信用力が重視されるという部分です。例えば新規事業をおこなっている経営者で、実績も少なく信用性に欠けるといった方でも気軽に利用できます。売掛先の信用情報が重視されるだけでとくに売る側の実績などは関係ありません。利用をするときには2社間取引と3社間取引が用意されているため、注意しておきましょう。

2社間取引というのはファクタリング会社と依頼人で相談をして売掛債権を買い取ってのものです。基本的に売掛先には連絡をしないシステムなので、信頼に傷が入ってしまうリスクを回避できるのがメリットです。

ただし手数料が非常に高く設定されている場合があります。どうして手数料が高いのかというと、売掛先の会社が倒産してしまうと売掛債権の回収ができないからです。そのため買取先にはかなりのリスクが付きまといます。

3社間取引は売掛先も含めて相談をして売掛債権を売却するものです。売掛先に債権を売ることがバレてしまうのですが、その分手数料は安く設定されています。日本の事業者を利用して売掛債権を売却するときは、ほとんどが3社間取引になります。

どうして3社間取引を中心におこなっているのかというと、買取先の会社にリスクが少ないからです。3社間取引は銀行融資を受けるよりも審査に通過しやすいといったメリットもあります。また3社間取引は銀行系の会社を利用することが可能です。銀行系は信頼性のあるサービスなので、安全性の高い資金調達ができるのが強みです。

基本的に資金調達をするまでに多少時間がかかってしまいます。取引先の企業から債権譲渡の承諾をおこなう必要があるからです。2社間取引ならすぐに売掛先が入らないのですぐに現金化ができます。早い場合は即日対応してくれるのですぐに現金化したいときに便利です。

双方の違いとサービスの選定について

基本的に保証型と買取は内容が違います。買取型はすぐに売掛債権の現金化をしたいときに利用できるものです。保証型の場合は取引差が倒産してしまう心配を考慮して、保険を付帯させるサービスです。

そのため資金調達をおこなうものではないので注意しておきましょう。名前が似ているだけに同じものと考えがちですが根本的に違います。どちらが良いのかというと状況により異なるので注意が必要です。

例えば保証型は現在会社にお金がたくさんあり困っていないときに使います。取引した企業が信用に欠ける、または実績がないなどの理由で債権の回収ができない可能性を考慮して保証型を使うのがおすすめです。

ちなみに現金の受け取り時期については資金が回収できなくなったときです。買取型はすぐに現金がほしいというときに活用します。主に資金繰りが難しい新規事業者や、中小企業などに適しています。どちらのサービスも慎重に会社選びをする必要があります。信用力のないファクタリング会社などに依頼をすると、問題がおこってしまう可能性が高いです。

そのためどのような実績があるのか確認してから依頼をしましょう。現金化するときには、どれくらいまで可能なのか利用する業者により違います。例えば500万円までの売掛債権を現金化できるといったところや、1億円以上のものを売却できるなどかなりの違いがあるので注意が必要です。

せっかく利用をしても現金化できないなら意味がありません。どれくらいまでの資金調達に対応するのか確認しておきましょう。また対応できる地域なども限定されているサービスがあります。例えば関西だけや関東の事業者のみ対応可能など、自分の住んでいる地域に対応しないといけません。中には全国対応をしてくれるところもあるので便利です。

 

ファクタリング会社を利用するときには保証型というものが用意されているので知っておきましょう。保証型は売掛先の債権回収を保証してくれるものです。基本的に早期現金化できるものではないので注意が必要です。

また買取型に関してはすぐに現金化をしたいときに活用できます。両サービスとも内容がかなり違うので、用途を考えて利用する必要があります。

ちなみに利用をするときにはファクタリング会社の選定をおこなう必要があるでしょう。サービスによって現金化できる金額に上限があるので気をつけないといけません。また対応できる地域に関してもそれぞれの業者で違います。

サイト内検索
名古屋のおすすめファクタリング会社
第2位 株式会社JTC
株式会社JTCの画像
株式会社No.1の画像